2018/10/31~11/4 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

佐賀県のイベント情報


2018/10/31~11/4 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ4.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年10月31日 ~ 2018年11月4日

佐賀県佐賀市 嘉瀬川河川敷

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

青い大空のキャンバスに、カラフルなバルーンが華麗に舞う壮観な景色——「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、毎年秋に開催され、100万人が訪れる熱気球のイベントです。
熱気球競技大会としては日本国内のみならずアジアで最大級の参加機数の大会であり、毎年十数ヵ国の選手が70 - 80機(うち日本国内が50機程度)参加しています。
なお、例年30 - 40機がイベントのみに参加するためイベント全体では110機前後の規模となっています。
世界各国からバルーンが参加し、河川敷から一斉に離陸する様は圧巻です。

バルーン競技・イベント開催期間 :2018年10月31日(水)〜11月4日(日) 5日間
開催時間:7:00~9:00頃/15:00~17:00頃(4日は午前中のみ)
会場:佐賀県佐賀市 嘉瀬川河川敷
アクセス:JR博多駅から長崎本線・バルーンさが駅下車すぐ
入場料:無料
期間中はなんと、「JRバルーンさが駅」を臨時開設し、普通列車だけでなく、ほとんどの特急列車も停車します。

イベント内容:
バルーンファンタジア:10/31(水)~11/4(日) 9:00~10:30
朝の競技が終わった後は、競技エリアに動物や人気のキャラクターが巨大バルーンになって勢揃いをしたシェイプトバルーンが登場します。間近に見る巨大なバルーンは迫力満点!子供たちに大人気です。

ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留):11/3(土)~11/4(日) 18:30~19:15
夕闇につつまれた会場に約50機の熱気球が出現!音楽にあわせバーナーの炎で美しく光る気球たちの姿はまさに幻想的。佐賀バルーンフェスタでの最大の魅力は生演奏に合わせての「バーナーオン」。バルーンと生演奏との競演は来場者を楽しませます。

憩いの広場:10/31(水)~11/4(日)
イベントステージ=日替わりでショーやコンサートを開催
うまかもん市場=山から海までの佐賀県のうまかもんが勢ぞろい。生産者自ら販売も行います。農家レストランコーナーもあります。
ふるさと物産展=県内の特産品や土産物が充実したエリア。
プレイランドゾーン=子供たちの遊び場。大人たちのくつろぎの場。


キッズデー:11/1(木) 9:00~10:30
技エリア内で、本物のバルーンをさわってみたり、普段は入れないバルーンの中に入ったり実際に体験することで楽しくバルーンについて学べる人気のイベントです。

http://www.sibf.jp/en/balloon/

目的お祭り大好き,グルメ,スリル満点,一生の記憶に残る,体験,夜景,大自然,家族向け,観光,超メジャー,食べ歩き
最寄り空港/駅バルーンさが駅 (約0.6km) Google Transit

口コミ

3.01 週間前

九州のインスタ映えスポット2か所目は、毎年秋に行われる「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」。
2018年の開催期間は10月31日~11月4日。数々の気球が1度に上がる光景は圧巻です!
日にちによって開催されるイベントが異なるので、見たいものが多い日に訪れるのがおすすめですよ◎

夜のライトアップされた気球はもちろん綺麗ですが、写真を撮るなら朝がベストタイムなんだとか。この時期は周辺にコスモスが咲き誇るので、場所によってはコスモスと気球が1度に撮れるスポットも♡
あなただけの素敵なインスタ映えの1枚を狙っちゃいましょう!

3.02 か月前

幻想的な夜間係留(ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン)
渋滞が物凄いです。行も帰りも動かないくらいの渋滞。
電車も混雑が凄いと聞きました。バイクで行くといいかもです。
良い場所を確保するなら明るい内が良いと思います。

5.02 か月前

昨年11月1日の佐賀インターナショナルバルーンフェスタの風景。直接見るといいものですねー!はじめて観ました!😆
平日なのに大勢の方でしたから週末はスゴイのでしょーね。
たまには長い時間空を見上げるのも良いものです(^^♪

5.01 か月前

キッズデーでしたが、日の出前の時点で駐車場はほぼ満車でした。早朝のバルーン競技は見る価値あります。

4.05 か月前

画像はH21.11.3のもの。
早朝の一斉離陸が見もの。
競技内容により嘉瀬川河川敷から離陸する時と、嘉瀬川河川敷へ飛来する時がある。
競技期間中は周辺の田圃は離着陸に協力する体制になっている。
風向きによっては武雄市まで飛来したことがある。