12/17~12/19 浅草寺歳の市(羽子板市)

東京都のイベント情報


12/17~12/19 浅草寺歳の市(羽子板市)3.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年12月17日 ~ 2019年12月19日

東京都台東区浅草2-3-1浅草寺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

羽子板市は明治中期、毎年歳末に行われる浅草寺「歳の市」での主要販売に始まり、昭和25年頃には「羽子板市」として華やかに盛り上げる歳末の風物詩に定着しました。
毎年12月17日から三日間、羽子板を売る店が数十軒ほど建ち並び、装飾用の大きなものから子供用まで、さまざまな羽子板が華やかに飾られる。
羽子板市は「邪気を跳ね返す板」として女の子の成長を願う風習からきているそうです。
大小5万本もの羽子板をはじめ、ダルマや竹細工から、おでんやモツ煮やお好み焼きやカラメル焼きといった食べ物まで、様々なものを売る色々な屋台が軒を連ね、多くの人で賑わいます。
江戸情緒ある歌舞伎の絵柄に加えて、話題の社会風刺、時事やアニメや相撲力士、人気タレントなどを題材にした変わり羽子板など多彩な作品が年の瀬を彩ります。
それらを眺めながら、一年を振り返ってみるのもまた楽しい年末の江戸風情を楽しむ浅草寺の羽子板市です。

【開催期間】2019年12月17日(火)~12月19日(木)
【会場】浅草寺境内
【縁日屋台】50店前後
【来場者数】30万人前後
【交通】浅草寺境内へは、
・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩5分
・東武伊勢崎線 浅草駅 徒歩5分
・都営地下鉄浅草線 浅草駅 徒歩7分
・つくばエクスプレス線 浅草駅 徒歩5分

写真提供:(公財)東京観光財団

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的体験,女性好み,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅浅草駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

2度目の来訪でした。

赤を基調としたとてもきれいなお寺です。
また、境内はたいへん広く、見所も多いのが特徴ではないでしょうか。

また、有名な参道の仲見世通も歩きました。
いろいろと食べ歩きができそうなお店もあり、どなたでも楽しめると思います。
芋ようかんと、すあまがとても美味しかったです。

あれだけの参拝客に比べ、各所がたいへんきれいに保たれているように思いました。
素晴らしい管理がされているのだと思いました。

また東京で時間が空いた際は、伺いたいと思いました。

4.04 週間前

最初に出迎えるのが、雷門。風神雷神像があり、中心に雷門の象徴の提灯がある。
 提灯の下の金具にはには、松下電気と刻まれてます。
 表の風神雷神像の裏に、天竜金龍像があります。
 門をくぐると、仲見世通り。土産物街です。
前方に仁王門(宝蔵門)があります。門は、右手にももう一つあります。
 仲見世の西側に、伝法院がありそちらそちら側に、幼稚園があります。
 宝蔵門を潜る前右手に銅の二尊仏像裏手に、その裏に、石の阿弥陀如来、地蔵菩薩像が鎮座。
 歴史も由来もしっかりしてます(刻まれてます)。
 門を潜ると本堂が見えます。どこか近くに、不動尊のお堂?があったような。
 
 本堂西側中心に、影向堂、薬師堂、淡島堂、銭塚地蔵堂、日限地蔵堂のお動の他、仏板碑、燈籠、宝篋印塔、胎内くぐり燈籠、千日参供養塔他末社類もあります。
 
 影向堂は、小さいながら仏像が近くで拝めます。お坊さん?が使っている道具類も間近に見られるます。 御朱印は、ここでもらえます。
 
色々、興味があればかなり楽しめるお寺です。まあ、日本随一の観光地ですしね。

 それほど興味がない人、時間がない人は、門類、本堂、五重塔などは、見栄えがするのでそれだけで良いかと。堂内撮影は、禁止ですが。
 
 じっくり見るなら、朝の参拝をお薦めします。

 ここからは、愚痴みたいなもの。
気持ちよく帰って、浅草寺で買った御朱印はを見たら、中に「本来、御朱印は経をめ…、いただきたいものです。」との紙。まさかの、小言、だまし討ち?

 御朱印帳売りつけて、中にこっそりこんなもの入れて、楽しいの?嫌がらせ?
 そもそも、駄目なら御朱印受け付けなければいいわけで。そもそも御朱印を出しているのは、そちら浅草寺側ですよね?
 自分で出しておいて、「平気で受け取るお前らおかしい」的なこといってしまってますよ、お金取っておいて。
 
 良いものがあるし、人は親切なのに残念です。

5.02 週間前

私が行った限りでは、いつも観光客でいーっぱいです😅💦それだけ、パワーがあるんです。
そんな所ですよ🎶表も裏も商店が沢山あって
楽しい💕観光客の着物姿(もちろん、日本人もいますが)とか、すごーく✨おちゃめに見えてかわいい💕
ですよ。
日本に来て楽しんでくれている所が見れます😊
特にマナーがない方も見受けられませんし、
東京行ったら、必ず行きたい場所です🎶

5.02 週間前

浅草寺は、東京都台東区にある都内最古の寺。国内有数の観光スポットで、内外から多数の観光客と参拝者が訪れ、雷門から仲見世通り、境内に至るまで、様々な国の言葉が飛び交い、連日にぎわっています。

浅草寺山門の雷門は右左に風神雷神像が立ち、門の中央には「雷門」と書かれた赤い大提灯が吊り下げられています。周辺には、雷門をバックにスマホ撮影をする観光客がごった返し、人力車の車夫たちがその観光客たちを呼び込む声が辺りに響いて本当ににぎやかです。

仲見世通りの賑わいは、週末などはまっすぐに歩くこともままならないほど。そんなときには、一旦仲見世の裏側の通りを楽しむこともおススメします。

参拝のあとはホッピー通りへどうぞ。煮込み通りとも呼ばれるこの通りには昼から飲める大衆酒場が軒を連ねています。ここでも日本人はもちろん世界中からの外国人旅行者が浅草大衆酒場の開放的な雰囲気を楽しんでます。その様子を眺めながら歩くだけでも楽しい場所です。

浅草演芸場、浅草ROXで浅草観光気分を味わったあと、国際通りを渡ればその先は合羽橋。最近は合羽橋商店街で皿や包丁、調理器具のショッピングを楽しんでいる旅行者が多くなってきました。

浅草寺の雷門は最寄りの東京メトロ 銀座線浅草駅1番出口から徒歩数十秒の場所です。
銀座線は渋谷から浅草までをつなぐ路線で、渋谷-浅草間には、青山・原宿に行ける表参道駅、銀座駅、日本橋駅、アキハバラの末広町駅などがその途中にあります。
表参道駅から明治神宮までは歩くことも可能な距離ですので、浅草寺を参拝したあとに銀座線に乗って表参道駅で下り、原宿散歩で明治神宮を訪れ、そのあとファッショナブルな表参道をブラリ。夜はポップな渋谷あるいはハイセンスな銀座を楽しむなんてことも簡単です。
こんな交通アクセスのよさが浅草寺参拝客(観光客)増大の一因になっているように思います。

5.01 週間前

年末ですから思い切ってTXつくばエクスプレスでお詣りですよ、久しぶりなんです
いつお詣りに来ても大勢の参拝者で途切れる事なくて、でもひと押し、ひと押し、あのグループが離れたらチャンスでも自然に次のグループとにかく押せ!押せ!このまま途切れないのか?イヤ必ず途切れると自分に言い聞かせての行動でした、懐かしさもありましたから、皆さん御存知でしょうか?大晦日の晩なんです一瞬に人が居なくなるんです、ところが除夜の鐘が鳴り出すと押すな!触るな!近寄るな!ってな具合がニ、三時間続きますね、この人々はいったいどこから来たのか?このようなようすを4、5年みていましたから、思いでとお詣りに来れた有り難さに一礼です
ありがとうございました