12/17~12/19 浅草寺歳の市(羽子板市)

東京都のイベント情報


12/17~12/19 浅草寺歳の市(羽子板市)3.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年12月17日 ~ 2018年12月19日

東京都台東区浅草2-3-1浅草寺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

羽子板市は明治中期、毎年歳末に行われる浅草寺「歳の市」での主要販売に始まり、昭和25年頃には「羽子板市」として華やかに盛り上げる歳末の風物詩に定着しました。
毎年12月17日から三日間、羽子板を売る店が数十軒ほど建ち並び、装飾用の大きなものから子供用まで、さまざまな羽子板が華やかに飾られる。
羽子板市は「邪気を跳ね返す板」として女の子の成長を願う風習からきているそうです。
大小5万本もの羽子板をはじめ、ダルマや竹細工から、おでんやモツ煮やお好み焼きやカラメル焼きといった食べ物まで、様々なものを売る色々な屋台が軒を連ね、多くの人で賑わいます。
江戸情緒ある歌舞伎の絵柄に加えて、話題の社会風刺、時事やアニメや相撲力士、人気タレントなどを題材にした変わり羽子板など多彩な作品が年の瀬を彩ります。
それらを眺めながら、一年を振り返ってみるのもまた楽しい年末の江戸風情を楽しむ浅草寺の羽子板市です。

【開催期間】2018年12月17日(月)~12月19日(水)
【会場】浅草寺境内
【縁日屋台】50店前後
【来場者数】30万人前後
【交通】浅草寺境内へは、
・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩5分
・東武伊勢崎線 浅草駅 徒歩5分
・都営地下鉄浅草線 浅草駅 徒歩7分
・つくばエクスプレス線 浅草駅 徒歩5分

写真提供:(公財)東京観光財団

目的体験,女性好み,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅浅草駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

何回もお参りしましたが、父方の祖母と御参りしたことが最も鮮明な思いでです。

東京都台東区浅草にある東京都内最古の寺です。

山号は金龍山です。

ご本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)です。

元は天台宗に属していましたが、第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となりました。

観音菩薩をご本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と呼ばれ、広く親しまれています。

東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)です。

江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもあります。

全国有数の観光地であるため、正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10内に位置しています。

寺院の基本情報は、以下の通りです。

◯山号
金龍山
◯宗派
聖観音宗(天台宗系単立)
◯寺格
総本山
◯ご本尊
聖観音菩薩(絶対秘仏)
◯創建年
推古天皇36年(628年)と伝えられています
◯開基
土師中知(眞中知)と伝えられています
◯正式名
金龍山淺草寺
◯別称
浅草観音、浅草の観音様
◯札所など
坂東三十三箇所13番
江戸三十三箇所1番
◯文化財
法華経(国宝)
二天門・伝法院・元版一切経(重要文化財)

5.02 週間前

浅草の、台東区の、東京の、そして日本のシンボルとしてあまりにも有名な場所。それに比例して仲見世通りも有名だが、仲見世は浅草寺への表参道。仲見世を越えた先にある門は宝蔵門(仁王門)仲見世の手前にあるのは雷門(正式には風雷神門と言う)また、境内に一番近いのは二天門。二天門のそばにあるじんじゃは浅草神社。
浅草の三社祭は浅草寺の祭りではなく、この浅草神社の祭りである。また、二天門の反対側にある参道は西参道と言い、浅草六区に抜けられる。この界隈を浅草公園と言う。また、浅草寺境内の裏手を観音裏と言い、観光地浅草とは違う、住宅地としての浅草。そして上級観光客向けの居酒屋・飲食店が立ち並ぶ奥浅草となる。よくも悪くも浅草はこの浅草寺を中心に発展し、浅草寺抜きには語れない重要な場所。観光地としてだけではなく、地元民にも浅草の観音様として親しまれているお寺である。だから境内の正面は自転車乗り入れ禁止なので、観音裏を通らなければならないのは地元民しか知らない事実である。

5.03 週間前

先日伺った時は奉納おおわらじが新しく綺麗になっていました。浅草寺迄の参道は相変わらずの賑わいで、観光地と言う感じですが、一歩横にそれると静かに見学出来ます。浅草寺内の本堂天井画は、行ったら必ず見た方が良いと思います❗
それと、夜の浅草寺もスゴく良い感じでした。

5.0過去 1 週間以内

東京は浅草のランドマークとして知らぬ人はいない有名なお寺。 千年以上前から人々の信仰を集めるその歴史が存在感そのもの。
雷門から仲見世を抜けて境内へ至る通りを歩くだけでも「浅草に来たんだなあ」と思わせる雰囲気に包まれます。
週末や祝祭日の日中は、国籍も多様な人々がつくだ煮のように溢れかえっております。「せっかく浅草まで来たのだからとにかく立ち寄ってみよう」という訳で、それはとてもありがたいお話。
夜は仲見世も閉まって人通りもまばらになりますが、その時の日中とは違う妙に静かな様子が私は好きです。

5.01 週間前

超~久しぶりに日曜に行ってみたら、凄い人、人、人!(笑) 本当に海外の方が増えましたね~。罰当たりな願いかもしれませんが、もう少し落ち着いてお参りできた頃が恋しいです。でも浅草は子供の頃から大好きな場所なので☆5です!w