2018/11/3~12/9 花のデジタルアート展 FLOWERS BY NAKED 2018 ー京都・二条城ー

京都府のイベント情報


2018/11/3~12/9 花のデジタルアート展 FLOWERS BY NAKED 2018 ー京都・二条城ー3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年11月3日 ~ 2018年12月9日

京都府京都市中京区二条城町541 元離宮二条城

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

「フラワーズバイネイキッド(FLOWERS BY NAKED)」が、花のイマーシブ(没入型)イベント「FLOWERS BY NAKED 2018 —京都・二条城—」を、関西初となる世界遺産・二条城で開催いたします。

「フラワーズバイネイキッド」は、クリエイティブカンパニーのネイキッド(NAKED Inc.)が手掛ける、光とデジタル技術もよる、花をモチーフにした没入型アートイベントだ。
通算 30 万人を動員し、Instagram では”フォトジェニック” な写真が撮れるアート空間として、ハッシュタグ「#flowersbynaked」の投稿数が 5 万件を記録しました。

秋に紅葉する木々が少ない二条城で、”花と伝統” をテーマに歴史的建築と先進アートを融合させる事で、全く新しい秋の二条城が満喫できます。
重要文化財・台所では初の紅葉ライトアップを、重要文化財・二の丸御殿御清所の部屋一面に光って揺れるススキ畑や、近づくと香りがするコスモスの空間演出、重要文化財・唐門へのプロジェクションマッピングなど、城内各所でイマーシブ(没入型)な体験を生み出します。
さらに、室町時代から続く『華道家元池坊』といけばな×先進アートで京の秋を表現した作品を展示します。

イベント名:秋季特別ライトアップ FLOWERS BY NAKED 2018 ー京都・二条城ー
開催期間:2018年11月3日(土)〜12月9日(日)
開催時間:17:30〜22:00(最終入場 21:00)
場所:元離宮二条城
住所:京都府京都市中京区二条城町541
入場料金:前売券:大人1,000円、小学生600円 (2018年10月13日(土)〜11月2日(金))
     当日券:大人1,200円、小学生800円(2018年11月3日(土)〜12月9日(日))
プレイガイド:セブンチケット、楽天チケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、阪神プレイガイド、CNプレイガイド

https://flowers.naked.works/2018nijojo/

目的ここは行っとけ,シュール&クール,世界遺産,体験,夜景,日本のリゾート,日本の冬を感じる場所,神社・寺,私は芸術が好きだ,紅葉,観光,遊ぶ
最寄り空港/駅京都駅 (約3.3km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

地下鉄の駅前なのでスケジュールが組みやすい場所です。世界遺産にもなっている。
お城としての面白さ、江戸の初め~現代まで感じることのできる空間だと。建物は本丸が改装中で見学不可。現在二の丸が拝観出来る期間ですが一部修復中。かなり広いので時間に余裕をもって行くと良いと思います。HPを要チェック。

5.01 か月前

徳川家康によって慶長 8年(1603年)、
京都御所の守護と将軍上洛の際の宿所として造営された。
その後、徳川家光によって寛永 3年(1626年)、
伏見城の遺構を移築するなどして、今日の規模になった。
慶応 3年(1867年)、15代将軍慶喜の大政奉還により、
朝廷のものとなった。

城郭構造は輪郭式平城。
城跡は国の史跡に、二の丸庭園は国の特別名勝に指定されている。
平成 6年(1994年)、「古都京都の文化財」を構成する資産の一つとして世界遺産に登録された。

創建時の天守は、複合式望楼型五重五階、二の丸北西隅に建てられた。
二代目天守は、複合式層塔型五重五階(伏見城の天守を移築したもの)、
本丸の南西隅に建てられたが寛延 3年(1750年)の落雷により焼失、
以降再建されず、現在は天守台のみが残る。

現存する二の丸御殿など6棟は国宝に、
建造物22棟と二の丸御殿障壁画1016面は重要文化財に、
二の丸庭園は特別名勝に指定されている。

別名は旧二条離宮、元離宮二条城。

明治 6年(1873年)に陸軍省の所管となったが、
明治17年(1884年)に宮内省の所管になり「二条離宮」と改称された。
昭和14年(1939年)には宮内省より京都市に下賜され、
「元離宮二条城」と改称された。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

4.0過去 1 週間以内

三時半過ぎに到着、二の丸御殿を見学、きらびやかな装飾、昔の身分制度を勉強し直しました。個人的な事ですか現代に生まれて来て良かったと思いました、とにかく全ての部屋が薄暗いのです、(電気がないから当たり前)大政奉還だったと思いますがその場面を人形を置いて再現してるの部屋があり少し不気味でした。(人形部屋は何ヵ所かありましたがちょっと怖い、あの人形がこっちを向いたらと、あり得ない想像をしてしまい、ドキドキ
笑笑)、日本の歴史を勉強出来る素敵なところです。見学した後は、抹茶ビールで乾杯‼️

5.0過去 1 週間以内

天守閣は有りませんが、コンパクトなので、疲れずゆっくり見る事が出来るのが利点です。通常は5時まで、入場は4時半までですが、ライトアップやイベントの時は別料金で五時半からとかあります。調べて行けば、楽しみが増えます。
二条城と道路向かいの堀川が毎日のお散歩道です。堀川に是非降りて散歩して見て下さい。四季折々の風景を、二条城と共に楽しめます。

4.01 週間前

最後の征夷大将軍 徳川慶喜公が 朝廷への
大政奉還を 行った所としても有名ですよね。
現在では、外堀周辺も 良く整備された 京都を代表する 観光地になっていて、アジア系以外の観光客にも 人気が高いようです。
内堀の奥の本丸には、天守閣は焼失してしまってから 再建されていないので 有りませんが、立派な天守台からの 眺めは良いですよ!2018年の台風21号の被害で破損した建物から、徳川時代の葵の紋跡が露出していますので、今の内に観て置くべし!