2019/10/26~12/8 花のデジタルアート展(FLOWERS BY NAKED) 2019 ―京都・二条城―

京都府のイベント情報


2019/10/26~12/8 花のデジタルアート展(FLOWERS BY NAKED) 2019 ―京都・二条城―3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年11月2日 ~ 2019年12月8日

京都府京都市中京区二条城町541 元離宮二条城

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

「フラワーズバイネイキッド(FLOWERS BY NAKED)」が、花のイマーシブ(没入型)イベント「FLOWERS BY NAKED 2019 —京都・二条城—」を、関西初となる世界遺産・二条城で開催いたします。

「フラワーズバイネイキッド」は、クリエイティブカンパニーのネイキッド(NAKED Inc.)が手掛ける、光とデジタル技術もよる、花をモチーフにした没入型アートイベントです。
通算 30 万人を動員し、Instagram では”フォトジェニック” な写真が撮れるアート空間として、ハッシュタグ「#flowersbynaked」の投稿数が 5 万件を記録しました。

秋に紅葉する木々が少ない二条城で、”花と伝統” をテーマに歴史的建築と先進アートを融合させる事で、全く新しい秋の二条城が満喫できます。
重要文化財・台所では初の紅葉ライトアップを、重要文化財・二の丸御殿御清所の部屋一面に光って揺れるススキ畑や、近づくと香りがするコスモスの空間演出、重要文化財・唐門へのプロジェクションマッピングなど、城内各所でイマーシブ(没入型)な体験を生み出します。
さらに、室町時代から続く『華道家元池坊』といけばな×先進アートで京の秋を表現した作品を展示します。

イベント名:世界遺産登録25周年記念 フラワーズ バイ ネイキッド(FLOWERS BY NAKED) 2019 ―京都・二条城―
開催期間:2019年10月26日(土)〜12月8日(日)
開催時間:17:30〜22:00(最終入場 21:00)
場所:元離宮二条城
住所:京都府京都市中京区二条城町541
入場料金:大人(中学生以上)1,400円、小学生800円
プレイガイド:セブンチケット、楽天チケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、阪神プレイガイド、CNプレイガイド

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

https://flowers.naked.works/2019nijo-jo/

目的ここは行っとけ,シュール&クール,世界遺産,体験,夜景,日本のリゾート,日本の冬を感じる場所,神社・寺,私は芸術が好きだ,紅葉,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅二条城前駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.09 か月前

[[書き足しから書きます❗
4月11日まで桜まつり、ライトアップ有ります(*゚∀゚)
今日の雨で散らなければいいですが····
マッピングもとても綺麗ですよ(^o^)丿
ライトアップの時間帯は 見る所が限定されます(^。^)
拝観料がいるので、調べてみてくださいね(^_^)]]

下記は以前書いた文です

追記有ります(^^)d
京都に産まれ、京都で育った私は、ここは数え切れないくらい行ってます❗
特別公開の時は父と一緒に絶対来ていました(⌒‐⌒)

世界文化遺産の二条城は、美しさと気品さと、計算され尽くした綺麗な庭園❗
どれをとっても世界に堂々と誇れるお城だと思いますp(^-^)q

日本の行く末を変えた(大政奉還)!私は、他に類をみない,とても重味をもった二条城が大好きです❗
色んな国の方が沢山来られてるのをみて、ありがとうって気持ちになります🎵

でも思うのですが日本って本当に素敵な国ですよね❗四季があるので色んな名所の,その時々の違う顔を見せてくれるし,,,,,,,,,
とても豪奢で絢爛な美しい二条城に是非来てほしいです。最高\(^-^)/

この間も二条城に行きました❗
とても沢山の外国の方が居ました❗
夫婦やカップルやお友達同士で来て、とても楽しそうに見学されていました\(^-^)/

その風景は何だかとても嬉しくなりました✨
沢山の人に来ていただき、日本の名所を沢山巡っていただき もっともっと日本を好きになって欲しいです(* ´ ▽ ` *)ノ

3.0過去 1 週間以内

とても広く、2時間くらいかけてゆっくり見ました。

すごく素敵な場所でした。
虎の間の壁がどれもきれいで、どうしたらその時代にここまで建造ができたのか不思議な気持ちになりました。
徳川家の力って本当に偉大ですね。
もう一度行きたい場所です。

---------------------------------------------
以下、二条城の警備員に対して感じたことです。

結論から言うと、とても嫌な思いをしました。
私が撮影禁止と知らず撮影をしてしまい注意されました。
それは当然のことだと認知しています。
(事前に言われていたのでしょうが、私が聞いていなかったので大変申し訳ないです)

警備員の男性に注意されたのですが、
「撮影禁止って聞いてないの!?」「早く消して!」「携帯の中見せて!」「ダメと言ってるでしょう!」「早く消しなさい!」
携帯を食い気味で覗かれ、大勢の前で罵声を浴びせられました。
もちろんその場で消しましたが、その形相がとても恐ろしく怖かったです・・・
私の不注意なので非があるのは私ですし、監視するのが彼らの役目なのは分かりますが、抑圧がすごくてとても怖かったです。
年上の男性に大勢の前で大声で怒鳴られたことに恐怖を覚えました。
その後パニック障害のようになり冷静に見れませんでした。
ってこれは個人的なことなので関係ないのでしょうが・・・。

1/22の昼間です。
二条城に入ってすぐの虎の障壁画で、すぐ角にいた中年男性です。
世界遺産ですし、しっかり監視され、どんな人物に対しても強い態度を取るべきなのでしょう。
しかしこの方に関しては、モラハラのように思われる対応に感じとても残念でした。
もう少し、誠意のある注意をしてほしかったです。

二条城はとても美しく、次回はもっとゆっくり見に行きたいと思います。

5.01 か月前

京都市街の中にある平城で、後述する足利氏・織田氏・豊臣氏・徳川氏によるものがあるが、現存する城は徳川氏によるものである。

また、後の近代において、二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された後、1939年(昭和14年)京都市に恩賜され現在に至る。

城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。

徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。

二条城は1603年(慶長8年)、江戸幕府初代将軍徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするため築城したものです。将軍不在時の二条城は、江戸から派遣された武士、二条在番によって守られていました。
3代将軍家光の時代、後水尾天皇行幸のために城内は大規模な改修が行われ、二の丸御殿にも狩野探幽の障壁画などが数多く加えられました。壮麗な城に、天皇を迎えることで、江戸幕府の支配が安定したものであることを世に知らしめたものです。
1867年(慶応3年)には15代将軍慶喜が二の丸御殿の大広間で「大政奉還」の意思を表明したことは日本史上あまりにも有名です。
二の丸御殿、二の丸庭園、唐門など、約400年の時を経た今も絢爛たる桃山文化の遺構を見ることができます。1994年(平成6年)、ユネスコ世界遺産に登録された二条城は、徳川家の栄枯盛衰と日本の長い歴史を見つめてきた貴重な歴史遺産と言えます。

5.07 か月前

千年の都 京都の代表格パワースポット
日本の歴史が変わった大政奉還 徳川家康から歴代最高権力者にふさわしい最高芸術の数々 国をまとめ統一安定のためにの実力見せの豪華建築作品 鶯張り廊下 各部屋ごとの特徴ある計算しつくされた接見間 見るもの全てに言葉にならないくらい圧倒されます。帰宅後もカルチャーショック 寝付かれない凄いインパクト 国宝にふさわしい パワーショック リピーターになっちゃうよ…

3.04 か月前

・信長が最初に建てた「旧二条城(または二条御所)」は別の場所。
・二条城は徳川幕府の始まりと終わりの場所。家康が関ヶ原の合戦直後に手がけ、徳川慶喜の大政奉還(1867年)が行われたから。
・二条城は京の町の碁盤の目から3度ずれている。平安京時代は北極星が基準とされたが、徳川の頃には西洋からコンパスが持ち込まれ、それを基準にしたから。
・GHQがテニスコートを作った。
・大正天皇の即位の儀式後に晩餐会が開かれた。
・ダイアナ妃が来日したときにガーデンパーティーが開かれた。

【史跡区分】
国宝(二の丸御殿6棟)。旧国宝=国の重要文化財(建造物22棟、御殿障壁画954面)。国史跡。特別名勝(二の丸御殿庭園)。世界遺産(古都京都の文化財)。