2019/10/25~10/27  伊万里トンテントン祭り

佐賀県のイベント情報


2019/10/25~10/27  伊万里トンテントン祭り4.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月25日 ~ 2019年10月27日

佐賀県伊万里市立花町83 伊萬里神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

伊万里トンテントン祭り(いまりトンテントンまつり)は、伊万里宮日(くんち)とも言い、佐賀県伊万里市の伊萬里神社で毎年10月19日の神殿祭後の週末の3日間行われる祭で、ねじり鉢巻姿の担ぎ手によって神輿(みこし)と団車(だんじり)が市内各所で激しくぶつかり合う勇壮さが特徴の祭です。
日本三大喧嘩祭り(ほかは愛媛県の新居浜太鼓祭りと福島県の飯坂けんかまつり)の一つでもあります。
例年15万人もの観客が訪れる大規模なお祭りです。

伊萬里神社は元々戸渡嶋神社と香橘神社、岩栗神社の合祀によってなりました
香橘神社は五穀豊穣を祈願し、楠木正成の祖とされる橘諸兄を主神とします。祭りの当日は和魂を祀る「白神輿」と荒魂を祭る「荒神輿」「チョーサンヤ」という掛け声でを出します。
戸渡嶋神社は豊漁を祈願すし、玄界灘で遭難した足利尊氏の船を暴風から救った神とされます。祭りの当日は和魂を祀る「赤神輿」と荒魂を祭る「団車」を「アラヨーイトナ」の掛け声で出します。
祭り期間中「トン・テン・トン」の太鼓の音を合図に、祭り一色に染まり、市内数ヶ所で勇壮で統制がとれた、合戦絵巻を繰り広げます。
祭り最後に行われる「川落し合戦」では、双方組合ったまま、お互いが伊万里川に豪快になだれ落とします。
早く引上げられた方が勝ちといわれています。
先に荒神輿が上がれば翌年は豊穣に、団車が先に上がれば翌年は豊漁になります。
また、伊万里トンテントン祭りに併せて「いまり秋祭り」や「子供みこし等のパレード」、「いまり総踊り」なども2日間行われます。

日程
10月19日(土) 伊萬里神社 神殿祭
10月24日(木) 魂入れ神事
25日(金) 町廻り、安幕
26日(土) 本祭初日
27日(日) 本祭最終日

開催地:伊万里市街地一円
    伊萬里神社 佐賀県伊万里市立花町83
交通:JR伊万里駅から徒歩で10分
クルマ:長崎自動車道武雄ICから約30分
料金:観覧無料
写真提供:佐賀県観光連盟

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

https://tontenton.jp/

目的お祭り大好き,アクセス良好,スリル満点,パレード,体験,男性好み,神社・寺,観光名所,買い物,遊ぶ
最寄り空港/駅伊万里駅 (約0.8km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

2019年 9月参拝。

すぐ隣に 伊万里川が 流れる 海の河口に
近い お社です❗ 
赤と白の楼門。伊万里焼❓の 案内図… 
とても、歴史のある 所でした❗ 

楼門からの 階段は 急勾配…💧 緑も多く
とても、癒されます🎵

社務所は、拝殿の隣にありましたが…
どうやら 下に新しく出来ていた様で… 
ご用の方は、こちらへ…と、電話が 書いており…
暫くすると、来て下さり 書いて戴けました🎵
1体 500円でした❗ 
親切に対応して 下さいました🎵
駐車場も、鳥居横に 10台ほど 止められましたよ❗

5.02 か月前

伊萬里神社は、伊万里城跡の東側の伊万里川のほとりある神社です。
創建は古代、不老長寿の実とされていた《ときじくの
かぐのこのみ》今で云う処の橘が日本で最初にここに植えられた事に由来します。
そして橘はお菓子に良く使用された事から、中島神社というお菓子の神様を御祭神とする摂社を併せ持っています。
旧県社の香橘神社と戸渡嶋神社、岩栗神社が合祀され1962年(昭和37年)に現在の伊萬里神社が成立しました。
また、伊万里出身の森永製菓創業者である製菓王・森永太一郎の胸像が境内に建立されています。

5.05 か月前

ユダヤを出発した神々は西日本全土に漂着しております、目的なくして来たのではなくて日本にユダ国を作るのが目的です、当時の14代王朝マナセ王は自分の代で終わりだと分かっていたのです、3.4.5月ころの黒潮の高いときに出てきましたら西日本に漂着します、黒潮は西日本を過ぎましたら右に曲がりまして太平洋に向かいますから神々は西日本に漂着したのです、何年かかけて出てきていますが、やはり日本に来たあとはユダ国は滅亡しています、中でもこの伊万里湾に漂着した集団は伊万里の神や愛宕の神であり、近くに愛宕山があるのを見れば、何らかの形でお祀りされているはずです、さて紀元前670年頃には伊万里神は伊魔離神の名称だったのが、転々と名前がかわったのでしょう、この伊万里市の端に伊勢町といいます地名がありますのは、まさしく、この伊魔離神が伊勢の内宮に皇太神宮としていったものです、古事記や日本書紀は朝廷が記載さしていますから、このように神社名は転々とかわりますし、ご祭神も次々と変わりますから、混迷するばかりでしょう、イザナミ、イサナギ神と記載しているなら、みんな納得すると思うていたのでしょう、本来はここから阿波の国の神山に行きまして卑弥呼(天照神)と再会しましてキノベ山に降りて来まして最後まで卑弥呼を看とりました、のちに、スサノウ神や大山杭神らに伊勢に来るように勧められて、最終的には伊勢の天照神になったのです、伊勢志摩の文字をよく見てください、魔の文字を変えたのです、この神がいたからこそ、下関を抜けて古代の貿易ができたのです、おそらく知恵の神の愛宕神とは同じころにきていますので、スサノウ神は宗像三女神をいただいたのです、詳しくは私の記載しました、阿波の国の伊魔離神社をみていただけるなら、理解できるとおもいます、正しくこの神こそが、伊勢の天照神なのです。追記、高文化をもちこみましたから土着民は神と仰ぎました、そして、大予言をしますから彼らは神となりました、もしも、現在 高文化を持ち込み携帯電話なしでINSPIRATIONでアメリカと話ができたり、乗り物に乗らずにワープできます、瞬間移動ができるような人物がきましたなら、私たちは神と呼ぶか、あるいは宇宙人と呼ぶでしょう、当時はそれくらいの改革があったものと思われます。

5.01 か月前

令和元年8月12日参拝しました。御朱印頂きました。
今社務所を改修工事中で後1から2ヶ月くらいで終わるそうです。駐車場は高校の入り口横に10台程度のスペースが有ります。

5.03 週間前

こちらの宮司さまも優しい方で御朱印を頂いた時に、読み方や意味を優しく教えて頂きましたよ。