2018/11/1~11/25 浅草酉の市

東京都のイベント情報


2018/11/1~11/25 浅草酉の市4.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年11月1日 ~ 2018年11月25日

台東区千束3-19-6(長國寺)   台東区千束3-18-7(鷲神社)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

酉の市は全国的に開催される年末の風物詩ですが、とりわけ浅草酉の市は盛大で、規模的にも賑わい的にも日本一の酉の市です。
毎年11月の酉の市になると東京都台東区浅草鷲神社(おおとりじんじゃ)は酉の市の発祥で区内外の人たちで賑わいます。
江戸時代から続くこの酉の市では、金銀に輝く豪華な熊手が並び、威勢のよい掛け声が飛び交って、縁日は夜遅くまで賑わいます。
商売繁盛、家内安全、厄除開運の熊手を求める人たちの熱気で溢れかえります。
沿道には様々な屋台で賑わい、参道は熊手で埋め尽くされ、下町の江戸情緒を伝える初冬の風物詩が実感できます。

2018年は酉の日が3回ありまして、2018年は酉の市が3回開催されます
2018年11月1日(木)一の酉
2018年11月13日(火)二の酉
2018年11月25日(日)三の酉

時間:00:00~24:00
浅草酉の市の屋台は約500店舗もあって、各日とも24時間営業

場所:鷲神社、長国寺およびその周辺
住所:台東区千束3-19-6(長國寺)
   台東区千束3-18-7(鷲神社)
浅草酉の市は、東京都台東区浅草に隣り合わせにある、「鷲神社」と酉の寺「長国寺」の2つの寺社のご利益が得られることから、盛大に開催され、縁起物の熊手を買い求める、多くの観光客で賑わいます。

写真提供:© (公財)東京観光財団

http://torinoichi.jp/

目的お祭り大好き,アクセス良好,グルメ,シニア向け,体験,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光名所,買い物,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅浅草駅 (約1.4km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

浅草のROXから、歩いて十分前後でしょうか。笑う門には福来ると書いてある、のぼりが迎えてくれます。そうここは、酉の市の舞台、鷲神社。
まず門の上には、大きな熊手が!
さらに境内に進むと、かつて近くにお住まいだった樋口一葉の碑があります。
本殿のところまで進むと、なでおかめ の優しい笑顔が迎えてくれます。
お金、人材、情報。。。いろんなことをひきよせてくれる、頼もしい神様、それが浅草の お鷲さま です。
神様への礼拝を済ませ、晴れ晴れとした気分。
窓口では、様々なお守りがいただけます。

3.01 か月前

日比谷線 ・入谷駅3番・徒歩10分
日比谷線・三ノ輪駅 ・ 徒歩15分
JR山手線・京浜東北線・鴬谷駅・徒歩20分
銀座 線 ・田原町駅 ・ 徒歩20分
都バス🚌
 浅草~千住車庫
 池袋~浅草寿町  千束・竜泉 下車5分
 日暮里~錦糸町

天日鷲命(あめのひわしのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)

 天日鷲命は、開運・開拓・商売繁昌の神様としてこの地に祀られ、後に日本武尊が、戦勝を祈願し、社前の松に熊手をかけて戦勝を祝い奉賽されました。
その日がたまたま十一月の酉の日であったので、その日を神祭の日と定めたのが例祭酉の市です。

神社には、日本武尊命と天日鷲命の2人の神様が祀られており「鷲神社」の「鷲」の文字は、神様の一人、天日鷲命の名前から付けられました。

 浅草の鷲神社は、酉の市発祥で
商売繁昌はもちろんのこと、賽銭箱の上にある「なでおかめ」は、なでる場所でご利益が異なるため、金運・恋愛運・健康運…色んなお願い事を一度で出来ます。でかなりテカテカ/黒光りに…❕
おでこをなでれば賢くなる
 *目をなでれば先見の明が効く
 *鼻をなでれば金運がつく
 *向かって右の頬をなでれば恋愛成就、
  左だと健康になる
 *口をなでれば災いを防ぐ
 *顎から時計回りになでると物事が丸く収まる

4.02 か月前

吉原神社を後にして歩く事5分、近隣の病院の裏手にある鷲神社を参拝した。11月に酉の市が開かれる神社の中では知名度は断トツで発祥の地とされている。大鳥居には大きな熊手が掛けられていてこれは中々豪華だと感じたが、社務所内のロビーに飾られていた巨大熊手を見た後では霞んでしまった。日本一(すなわち世界一)の熊手は見応えあってこれだけでもご利益がありそうだ。

5.02 か月前

浅草七福神巡りでたどり着いた「鷲神社」に参拝しました。
酉の市では熊手が販売され、有名人も直接買いに来るほど有名です!
また、ここの御朱印帳はカッコイイ御朱印帳ランキングに選ばれるぐらい素敵な御朱帳ですよ~。1200円は安いw

5.03 か月前

浅草酉の市発祥の神社の「鷲神社(おおとり)」11月の酉の日に「日本武尊(やまとたける)」が戦勝のお礼参りをしたことが始まりと言われているそうです。その際に神社の松に武具の熊手を立て掛けたことから縁起物として奉納されるようになったようです。また、社務所には日本一大きい熊手があり12年に一度、酉年の時に新たな熊手と入れ代わるようです。ちなみに現在、置かれている熊手は高さ5.8m 幅4.45m 重量782kgあるようです。およそ30人で1ヶ月かけて作られたそうで部材等だけでも300~400万ほどかかっているようです。