2018/11/1~11/25 浅草酉の市

東京都のイベント情報


2018/11/1~11/25 浅草酉の市4.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年11月1日 ~ 2018年11月25日

台東区千束3-19-6(長國寺)   台東区千束3-18-7(鷲神社)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

酉の市は全国的に開催される年末の風物詩ですが、とりわけ浅草酉の市は盛大で、規模的にも賑わい的にも日本一の酉の市です。
毎年11月の酉の市になると東京都台東区浅草鷲神社(おおとりじんじゃ)は酉の市の発祥で区内外の人たちで賑わいます。
江戸時代から続くこの酉の市では、金銀に輝く豪華な熊手が並び、威勢のよい掛け声が飛び交って、縁日は夜遅くまで賑わいます。
商売繁盛、家内安全、厄除開運の熊手を求める人たちの熱気で溢れかえります。
沿道には様々な屋台で賑わい、参道は熊手で埋め尽くされ、下町の江戸情緒を伝える初冬の風物詩が実感できます。

2018年は酉の日が3回ありまして、2018年は酉の市が3回開催されます
2018年11月1日(木)一の酉
2018年11月13日(火)二の酉
2018年11月25日(日)三の酉

時間:00:00~24:00
浅草酉の市の屋台は約500店舗もあって、各日とも24時間営業

場所:鷲神社、長国寺およびその周辺
住所:台東区千束3-19-6(長國寺)
   台東区千束3-18-7(鷲神社)
浅草酉の市は、東京都台東区浅草に隣り合わせにある、「鷲神社」と酉の寺「長国寺」の2つの寺社のご利益が得られることから、盛大に開催され、縁起物の熊手を買い求める、多くの観光客で賑わいます。

写真提供:© (公財)東京観光財団

http://torinoichi.jp/

目的お祭り大好き,アクセス良好,グルメ,シニア向け,体験,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光,買い物,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅浅草駅 (約1.4km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

御酉様(おとりさま)に、行って来ました。お昼頃だったので、縁日の屋台もこれから出しますって言う所もあり、平日の二の酉という事で、盛り上がりは夜からだね。三の酉は、祝日なの㊗️で、賑わい過ぎて恐ろしい事態になりそうなので、一番空いている此の日の此の時間帯にしました。空いてて良かった。商売人は毎回毎年前年より大きな熊手を買っていく。だから大きな熊手は商売繁盛の証、分かり易いでしょう?熊手はお金💴を搔き集める様子を形にしたもの。神社⛩の象徴、シンボルになっている。だから皆んな御守りの熊手を買って帰る。昔からやたら賑わっていて楽しいお祭りだ。神社の中で熊手を買うと、三三七拍子の景気のいい御囃子をお店の人総出でやってくれる。で〜ゎぁ皆様ぁあ、お手を拝借〜、いよ〜おぅ、はっ、シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャン、シャン、商売繁盛、シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャン、シャン、もう一丁、シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャンシャン、ど〜も有難うございましたぁー。カメラ📸撮影禁止だったので、体感したい人は、三の酉に行ってみてね〜。
平成31年1月 8日に初詣に行ってきました。僕は初詣3件行きます。毎年3件必ず行く。恒例行事です。さて、今回も、なでおかめ、撫でで来ます。しかし立派な御神殿でした。こんなに立派だったかなぁって、思っちゃう程、神々しい感じでした。お詣りさせて頂き、有難うございました。

4.02 週間前

浅草のお酉様との事なのでお正月にうかがって参拝できるのか?と思ってましたが、すんなりとお参りできました。

大きい神社さんなのかと思っていましたが、意外に小さい神社さんでした。

大きなおかめ様の顔が正面に有り触ると御利益があるというのですが、こういう形に有る神社さんは初めてで面白いと思いました。

振る舞いの甘酒も有難くいただきました。

御朱印2種類いただきました。

5.01 か月前

神社へ続く道はたくさんの美味しそうな露店で溢れています。人がかなり多いのでたどり着くまでに時間がかかります。またお参りするまでにもかなり並びます。熊手は店ごとに大きさや値段、デザインが異なりますが相場は大体同じです。車で行く場合、近くのコインバーキングはどこも絶対に満車で停められるまでにはかなりの時間を要します。遠くのバーキングに停めるにも30~40分かかりました。時間に余裕をもっておでかけください。

4.01 か月前

酉の市。三の酉の昼過ぎに、酉の市の活気を浴びるのが目的で行きました。

もし外国人観光客が多くて混みすぎだったら、近くの雰囲気まででも良いと思って向かいましたが、鷲神社へ近づくに伴い、熊手を手に帰って行く人々とすれ違い、出店が沢山道に現れて、道路も一部歩行者専用になっていて、あっという間に神社の境内に着き、早速威勢の良い掛け声を浴びました☺

人混みは、正面側はちょっと思う様には進めない、スリが怖い位の感じでしたが、全体的には程よい人波で、ほぼ日本人ばかりで、久しぶりに日本人にとっての昔の浅草を少し感じられました。

参拝が済んで、雷門方面へ歩くと、こんどは今年の古い熊手を納めに大事に身内等のグループが整然と神社へ向かう光景がまたお礼の心や習わしが見えて良かったです。

5.02 週間前

鷲神社といえば酉の市の熊手ですが、私の場合は「なでおかめ」様です。大きな能面のようなおかめ様のふくよかな笑顔にはいつも癒されます。お顔を撫でると撫でた部分によってご利益が異なります。国際通りからも遠く臨むことができるので忙しいときは通りから 一礼してすぎます。酉の市期間中はお披露目しません。