2019/10/1~12/10 京都瑠璃光院 秋の特別拝観

京都府のイベント情報


2019/10/1~12/10 京都瑠璃光院 秋の特別拝観4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月1日 ~ 2019年12月10日

京都府京都市左京区上高野東山55

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

『八瀬 瑠璃光院』は本願寺歴代門跡も訪れた由緒ある寺院。
1万2000坪の敷地に、240坪の数寄屋造りの建物があり、『瑠璃の庭』や『臥龍の庭』といった日本庭園を有し、特に書院2階から見る『瑠璃の庭』の紅葉は大変美しいことで知られています。
文化財保護の観点から非公開であったが、近年は春と秋の年2回のみ特別拝観できるようになりました。

瑠璃の庭など山内に数百本カエデが植えられています。
瑠璃光院の書院の二階にあがるとそこには目を奪われるような美しき景色が広がっています。
書院の窓全体に広がる瑠璃の庭の紅葉と室内の漆塗りの机の天板、床板に鮮やかに移り出された逆さ紅葉(鏡の紅葉)が素晴らしいです。
黄色や赤、オレンジに緑と様々なグラデーションの紅葉美を楽しむことが出来ます。

瑠璃光院の標高が高いので、例年11月中旬は紅葉の見ごろを迎えます。
秋の紅葉の時期の混雑は物凄いものがあります。
瑠璃光院の建物自体はそれほど大きくない為、入場制限を行っています。
一回の入場者数は約30名で、入替式ではないので入場後は心ゆくまで景色を楽しめます。
滞在の時間制限はありません。

会場:京都府京都市左京区上高野東山55
期間:2019年10月1日(火)~12月10日(火)期間中のお休みはございません
拝観時間:10:00~17:00
拝観料:一般2,000円
アクセス:「出町柳駅」から叡山電車(八瀬比叡山口行)にて「八瀬比叡山口駅」(終点)下車、徒歩5分
     地下鉄「国際会館駅」から京都バス(大原・小出石行)にて「八瀬駅前」下車、徒歩7分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】
写真提供:チャコさん、Hiro1960さんによる写真ACからの写真

http://rurikoin.komyoji.com/lp/en/

目的インスタ映え,一生の記憶に残る,友達に自慢できる,神社・寺,紅葉,観光名所
最寄り空港/駅八瀬比叡山口駅 (約0.2km) Google Transit

口コミ

5.03 週間前

【瑠璃光院】
SNSでバズり今や京都の有名観光地となったお寺。夜行バスで到着してすぐ向かったのですがその時点で既に行列ができておりました。1時間半ほど並んだと記憶しています。観光が終わり出てきた頃には行列はよりものすごいことになっており驚きました。

5.05 か月前

JR京都駅より地下鉄烏丸線「国際会館駅」より京都バス19系統に乗り「八瀬駅前」にて下車徒歩8分。

高野川の清流に沿って歩くと山門が見えてきます。

浄土真宗の寺院でご本尊は阿弥陀如来さま。もともとは別荘として造営されたものらしいです。

ここは春と秋のみで拝観できる時季は決まっていますので要確認。
混み具合で整理券配付もあります。
私たちは12月初旬に行きましたが、30分並んで入場できました。

拝観料2000円。
納めると写経セットをいただけます。
(院内には写経をするスペースもあり納めることができます。)

山門から玄関までの❬山露路の庭❭は
石段をのぼりながら
空をおおう鮮やかなもみじと足もとの苔の緑の美しさにうっとり。

書院2階には極上の紅葉風景が眼前に広がります。
黒塗りの写経机の上に紅葉の鮮やかな風景が映りこんでいるのは圧巻。
しばし言葉を失い魅入る。
撮影者の数もハンパない(笑)。

苔と紅葉の美しい❬瑠璃の庭❭は
お茶席が一番良い場所に設置されていて
この特等席でお抹茶とお菓子をいただきながら素晴らしい庭を堪能できます。

❬臥龍の庭❭は苔と石組みと池が配されていて、しっとり落ち着きます。
こちらの庭の景色も黒光りする縁側に映りこんでいて美しいですよ。

本堂の阿弥陀如来像に参拝し
自分で記入するご朱印をいただきました。

緩やかに時間の流れる素晴らしい空間を楽しむことができました。

4.05 か月前

今年の青もみじの時に行きました😃
叡電を降りると空気感が変わり川のせせらぎに癒されます。写経机に映る青もみじの素晴らしさ⤴️⤴️ 見入ってしまいました。
係りの方が写経机を目の前でキレイに磨かれていてそれも絵になり素敵でした。周り全てが青もみじでこれが秋になると真っ赤になるんだなあと思うと興奮しました。是非お出かけ下さいね😆

4.05 か月前

圧巻の紅葉を楽しめる瑠璃光院です。

沢山の欲張り観光すると、京都はアクセスが厳しいので試行錯誤してやっと来ることが出来ました。

土曜日のお昼前の午前中車できました!

勿論、こちらは京都の山なので駐車場もありません。

途中下車で二人降りて、駅まで降ります。

チケット売り場で人数分分のチケット購入しました。
(今回は友人の外国人を含め6人です。)

お昼前で16時40分の入場券です。

車に戻り(携帯電話で戻った事を伝えて)嵐山観光に向かいます。

そこから、阪急嵐山駅に車を駐車場にいれます。
(夜の0時迄OK 1000円乗用車今回は0人乗り)

プチ嵐山観光をして阪急嵐山駅から電車で阪急 桂駅まで行き乗り換えて阪急 烏丸駅210円に到着します。

地上に出て鴨川を渡ってすぐの京阪電車 祇園四条駅から出町柳駅まで220円乗ります。

叡山電鉄の八瀬比叡山口行に乗ります。

そこから徒歩900m位です。

寒いので、暖かい格好が必須です。

出来れば14時位が見頃だと思います。

私達は16時40分入場だったので、持っているスマートフォンで写経机に映る美しい紅葉は写すことは不可能でした。

ソニーのサイバーショット付きのスマホで撮影すると綺麗に撮れました。
(流石SONYのナイトショットです。)

帰りは祇園烏丸で降りて観光させている間に、私1人で嵐山駅に向かい車を取りに行きました。
(電車代と時間の有効利用です。)

お役に立ちましたら、いいね👍のポチッ❗とお願いしますね😃

4.06 か月前

黒テーブルの置いてある部屋では鮮やかな紅葉が表面に反射し、2倍の感動を味わえます!景観については文句無しですがあまりにも有名になりすぎたせいか見頃の時期は午前中に行っても夕方の整理券しかとれない場合があります。また、とんでもなく込み合いますので落ち着いて眺めることはできませんのでお覚悟を。