2020/10/1~12/20 京都瑠璃光院 秋の特別拝観

京都府のイベント情報


2020/10/1~12/20 京都瑠璃光院 秋の特別拝観4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月1日 ~ 2020年12月20日

京都府京都市左京区上高野東山55

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

令和2年10月1日(木)より12月20日(日)まで、事前予約制による特別拝観を行います。予約サイトは下記です。
https://airrsv.net/yoyaku-rurikoin/calendar
予約枠は15分単位となっておりますが滞在時間ではございません。
----------------------------------------------------------------------------------
『八瀬 瑠璃光院』は本願寺歴代門跡も訪れた由緒ある寺院。
1万2000坪の敷地に、240坪の数寄屋造りの建物があり、『瑠璃の庭』や『臥龍の庭』といった日本庭園を有し、特に書院2階から見る『瑠璃の庭』の紅葉は大変美しいことで知られています。
文化財保護の観点から非公開であったが、近年は春と秋の年2回のみ特別拝観できるようになりました。

瑠璃の庭など山内に数百本カエデが植えられています。
瑠璃光院の書院の二階にあがるとそこには目を奪われるような美しき景色が広がっています。
書院の窓全体に広がる瑠璃の庭の紅葉と室内の漆塗りの机の天板、床板に鮮やかに移り出された逆さ紅葉(鏡の紅葉)が素晴らしいです。
黄色や赤、オレンジに緑と様々なグラデーションの紅葉美を楽しむことが出来ます。

瑠璃光院の標高が高いので、例年11月中旬は紅葉の見ごろを迎えます。
秋の紅葉の時期の混雑は物凄いものがあります。
瑠璃光院の建物自体はそれほど大きくない為、入場制限を行っています。
一回の入場者数は約30名で、入替式ではないので入場後は心ゆくまで景色を楽しめます。
滞在の時間制限はありません。

会場:京都府京都市左京区上高野東山55
期間:2020年10月1日(木)~12月20日(日)期間中のお休みはございません
拝観時間:10:00~17:00
拝観料:一般2,000円(小学生以下無料、中学生以上の方は学生証提示で1,000円)
アクセス:「出町柳駅」から叡山電車(八瀬比叡山口行)にて「八瀬比叡山口駅」(終点)下車、徒歩5分
     地下鉄「国際会館駅」から京都バス(大原・小出石行)にて「八瀬駅前」下車、徒歩7分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】
写真提供:チャコさん、Hiro1960さんによる写真ACからの写真

http://rurikoin.komyoji.com/lp/en/

目的インスタ映え,一生の記憶に残る,友達に自慢できる,神社・寺,紅葉,観光名所
最寄り空港/駅八瀬比叡山口駅 (約0.2km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

美しいとしか言いようがないくらいフォトジェニックです。
有名なのは2階の写経用の机に映り込む紅葉の木なんですが、机無しでもほぼ視界全てが緑で埋め尽くされるという体験はうまく説明できないんですが、なんとも言えない安心感と一体感があります。
英世さん二人連れて行かないと入れない、結構攻めた価格設定をしてるんですが、どの季節に行っても損はないかと。

5.03 週間前

2021.05.02
書院2階の写経机に映る新緑も美しいですが私、個人的には「臥龍の庭」が
お気に入りで緑の空間を悠々と泳ぐ
朱色の鯉を見ていると時間を忘れます

瑠璃光院は院号で
正式には光明寺京都本院瑠璃光院
山号は無量寿山
岐阜にある光明寺が本坊となります
起こりは明治から大正期の
実業家・田中源太郎が所有していた
建物で、維新の元老・三条実美が喜鶴亭と命名し使用していた別荘です
その後、大正末期に名人と称された
中村外二により数寄屋造りに建て替えられ、庭園も先代・佐野藤右衛門により日本庭園に生まれ変わりました
一時、高級料理旅館「喜鶴亭」として
使われていた時期を経て
2005年に岐阜・光明寺により寺宝を
移して寺院「瑠璃光院」が
誕生しています
まだ歴史の浅い寺院ですが12,000坪の
敷地に趣の異なる三つの庭園と
書院二階にある大きな写経机に映り込むもみじの光景で広く知られる寺院

「瑠璃の庭」は瑠璃色に輝く浄土を現した庭園で当寺の主庭

「山露路の庭」
落ち着いた佇まいですが比叡山麓からの清流が流れ、上からの光の差し込みで
美しい新緑が感じる事ができます

「臥龍の庭」
天にかけのぼる龍を水と石で表した
池泉庭園。眺める人の心を解放し昇運の兆しをもたらすといわれています

3.0過去 1 週間以内

ここはお寺というより完全な観光施設という雰囲気、
幻想的な緑を堪能できるが、
私のようなお寺好きは今ひとつに感じるかもしれない。
係員がそこらじゅうに居り、観光客も当然多く、
静かな一時を堪能することはできなかった。
拝観料も2,000円(2021年5月)と、かなり割り高である。

5.0過去 1 週間以内

梅雨の雨上がりに伺いました。
予約無しで、すっと入れて、しかも中の人もまばら。ゆっくりと時が流れ、新緑が息を吹き返す音が聞こえそうな…素敵な時間を過ごせました。

お決まりの、塗りの机に映る青紅葉、スマホで意外と綺麗に撮れて感激しました。

拝観料は2000円は高いように思いましたが、この庭、参道の苔、建物すべてを管理されているかと思うと、どうぞお願いします!と、いう思いになります。

写経の用紙一枚とボールペンをいただき、見本を見ながら、まじめに漢字を沢山書き、気も心も頭の中も洗われたような気分。できるなら筆ペンで書きたかったです…が。
若い和尚さん(?)も素敵でした。

5.02 週間前

紅葉の頃も美しいと思いますが青紅葉の季節も大変美しかったです
拝観料は2000円ですが写経とそのためのボールペンもセットになってました。
時間も現実も忘れて過ごせる素敵なところです