2019/10/7~10/9 長崎くんち

長崎県のイベント情報


2019/10/7~10/9 長崎くんち3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月7日 ~ 2019年10月9日

長崎県長崎市上西山町18−15 諏訪神社ほか

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年10月7日~9日に、長崎では異国情緒あふれる御輿や踊りのあるダイナミックがお祭りが開催されます。
この秋祭りは国際色豊かで知的でエネルギッシュで、380年の伝統を持ちます。
17世紀に遡り、秋の収穫に感謝して長崎市民の氏神・鎮西諏訪神社に奉納される祭礼行事です。
長崎くんちは朝から奉納踊という演舞が始まります。
奉納踊は国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
【踊場】
諏訪神社(上西山町)、中央公園(賑町)
お旅所(元船町)、八坂神社(鍛冶屋町)

【踊町】
小川町  傘鉾・唐子獅子踊
大黒町  傘鉾・唐人船
椛島町  傘鉾・太皷山 (コッコデショ)
出島町  傘鉾・阿蘭陀船
本古川町 傘鉾・御座船
東古川町 傘鉾・川船
紺屋町  傘鉾・本踊
踊りを奉納する町を「踊町(おどりちょう)」と言い、一回は5~7町が登場し、7年に1度出番がまわってきます。
勇壮華麗な演し物にアンコールを意味する「モッテコーイ」のかけ声が響き、観客の熱気も最高潮に!

御輿は、龍、くじら、太鼓、貿易船など多種多様で、そのデザインとスタイルはポルトガル、オランダ、中国の影響を強く受けています。
西洋のピエロのようなダンスに日本舞踊を組み合わせ踊りはとてもコミカルで、最終日に龍の御輿をかついで、神社の階段を一気に駆け上る姿は迫力があります。

各町ごとに趣向をこらした「傘鉾(かさぼこ)」が登場します。
踊町の列の先頭に、町じるしのプラカードのような役割を果たすのが傘鉾(かさぼこ)です。
10月7日(前日)13時~のお下り後には、市役所前~旧県庁手前まで「傘鉾パレード」も開催されますので、そちらも必見です。
町を挙げて催され、県内外から例年30万人前後の観光客が見物に訪れ、長崎を代表する秋の大祭となっています。

お祭りの「くんち」という名称は「9日(くにち)」に由来するといわれ、太陰暦の9月9日を指していました。
漢字では「供日」や「宮日」、「九日」とも書きます。
「くんち」と呼ばれるお祭りは、九州北部の各地でさまざまな時期に行われます。
特に有名なくんちが「長崎くんち」「博多おくんち」「唐津くんち」で、俗に三大くんちとも称されるほどのお祭りです。

開催場所:長崎県長崎市(諏訪神社、中央公園、お旅所、八坂神社)
開催期間:2019年10月7日(月)~9日(水)※毎年同日開催
交通アクセス 路面電車
【諏訪神社】長崎市上西山町18−15
      長崎駅前電停から蛍茶屋行きに乗車し、諏訪神社電停で下車。徒歩約2分
【中央公園】長崎市賑町5−100 
      長崎駅前電停から崇福寺行きに乗車し、新地中華街電停でのりつぎ券をもらい下車。
      石橋行きにのりつぎ、めがね橋電停で下車。徒歩約2分
【お旅所】 長崎市元船町10-4夢彩都横
      長崎駅前電停から崇福寺行きに乗車し、大波止電停で下車。徒歩約3分
【八坂神社】長崎市鍛冶屋町8−53 
      長崎駅前電停から崇福寺行きに乗車し、崇福寺電停で下車。徒歩約2分

写真提供:長崎写真館

目的ゲラゲラ爆笑,体験,観光,超メジャー
最寄り空港/駅諏訪神社電停 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

長崎で「お諏訪さん」の愛称で親しまれています。
長崎の総氏神様で、厄除け、縁結び、海上守護の
神様としてあがめられています。
諏訪神社の秋季大祭として
長崎くんち(10月7日、8日、9日)があります。
江戸から続くこの祭りは日本三大祭とされ
国の重要無形民俗文化財とされています。
(写真にくんちの様子をアップしています)
毎年、境内にて奉納踊りが納められ、豪華絢爛な祭礼として評判です。
また、縁結びの神様として、神前式も行われています。
実際、友人の結婚式に参列したことがありますが
専属のスタッフの方が付いていてくださるそうで
スムーズに準備してくれたと聞いています。
参列側としては、控室、式場(社殿)ともに歴史ある建造物で
過ごす貴重な機会となりました。古く、段差は多いですが
特に不自由なく過ごせました。(冬は寒そうですが・・)
少人数だったからか、
式が終わって、その式場で自由に撮影ができました。
式の流れは、一般的な神前式と同様でした。
長崎のシンボルである、お諏訪さんでの結婚式、
参列側にも喜ばれますね。

4.02 週間前

初詣でお参りしました。階段を昇るのはキツイですが、昇りきったあとのお参りはご利益があるかも。伝統感じる。お札おみくじ売場のスタッフさんも感じ良い対応。毎年来たい。

4.0過去 1 週間以内

雨の日だったので、階段を上り下りするのが大変でした。
縁結びの石の場所と踏み方が良く分からず、スルーしました。
ネットを見ると、男は女石、女は男石を踏んでから両性合体石を踏むらしいです。
全部踏むのかと思ってしまっていた…

3.01 か月前

長崎で1番有名な神社。
2019 年の1月2日の夕方に初詣しました。
やはり人が多いな〜
甘酒は「ふるまい」ではなくて、1杯300 円でした。
休憩所の自販機のドリンクは100 円〜
車で行くと大変です。なるべく公共交通機関で行きましょう。

5.0過去 1 週間以内

学生時代だった1980年と2011年に訪れました。最初の時は英語のおみくじが珍しかったのを記憶していますが、再訪の時はそのことを忘れてしまっていました。今はどうなっているのでしょうか。
再訪の時は大門の脇に唐船の模型が展示されていたのが印象的でした。長崎といえばついオランダを連想しますが、中国(当時は清)に向けてずいぶん開かれていたことがよく分かりました。
2回とも閑散としていて、それはそれで決して悪くはなかったのですが、機会があれば長崎くんちの時にまた訪れたいと思います。