2019/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)

福岡県のイベント情報


2019/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年1月3日 ~ 2019年1月3日

福岡市東区箱崎1-22-1筥崎宮

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都の石清水八幡宮・大分の宇佐神宮とともに日本三大八幡宮の一つに数えられ、国の重要文化財である筑前一ノ宮の筥崎宮は、開運勝利の神を祀っています。
ここでは毎年豊作と大漁を願い、木の玉(直径28cm、重さ8キロ)を2つの組が奪い合いながら、約250メートル離れた末社から筥崎宮まで運ぶ伝統行事、玉取祭別名「玉せせり」が盛大に行われます。
全国に知られる祭(九州三大祭)であり、五穀豊穣(ほうじょう)と大漁を願う新春の伝統行事で、観客は5万人がいます。
起源は約500年前の室町時代にもさかのぼり、昔から盛大かつ厳重に行われている神事です。

午後1時の玉洗い式にて祓い清められた陰陽2つの木玉は、東側に約250m離れた場所にある末社玉取恵比須神社に運ばれます。
ここで陽の玉は裸に締め込み姿の競り子達に手渡され、祭典開始となります。
「競り子」と呼ばれる締め込み姿(ふんどし姿)の男たちが玉を奪い合う姿は迫力があり、見ているだけで面白い。
約300人が「オイサ、オイサ」の掛け声とともにぶつかり合い、一年間の吉凶を占います。
この陽玉にふれて頭上にかざすと悪事災難を逃れ幸運を授かるとされており、 男衆は乗る人と担ぐ人が入れ替わり玉を奪い合います。
競り子達は勢い水を浴びながら陽の玉をめぐり激しい争奪戦を繰り広げながら、本宮に向かって競り進みます。
やがて楼門に待つ神職の手に渡され、陰陽2つの玉が再び揃って神前に納まり、めでたく神事は執り納めとなります。
最後に球を奪った競子が浜組(浜側)なら大漁、陸組(陸側)なら豊作に恵まれるといわれている。

日 時:2019年1月3日 13:00~14:30くらい 絵馬殿前にて玉洗式開始。 
         終了後東側に約250m離れた末社玉取恵比寿神社へ移動、祭典終了後に玉せせりが開始。
         
場 所:玉取恵比寿神社~筥崎宮境内
住 所:福岡市東区箱崎1-22-1
露 天:約120軒
交 通:【福岡市営地下鉄】 箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
    【JR鹿児島本線】 箱崎駅下車→徒歩8分
    【西鉄バス】 箱崎下車→徒歩3分
    【JR九州バス】 箱崎1丁目下車→徒歩2分
筥崎宮名物の社日餅(やきもち)
昔ながらの素朴な味で白餅とよもぎ餅の二種類があります。外はモチモチ!中は甘さ控えめの粒あん!玉取祭のおみやげにもぴったりです。

https://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/tamatorisai/

目的お祭り大好き,アクセス良好,スリル満点,パワースポット,神社・寺,観光名所,食べ歩き
最寄り空港/駅箱崎宮前駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

海に向かって続く一直線の長い参道、広い境内に素晴らしい楼門。博多に行ったら交通の便もよく、訪れたくなる場所ですね。官幣大社で筑前國の一ノ宮で、三大八幡の一つとされる格式の高い神社です。

前回から2年半振りに訪れました。前回は電車で、今回は、空港からレンタカーで訪れました。日曜で神社の駐車場も、ほぼ埋まっていました。今回は、全国一の宮の御朱印帳に御朱印をいただいて、オリジナルの御朱印帳もいただきました。御朱印代は500円です。

4.04 週間前

箱崎宮 は 別称 箱崎八幡宮 と 呼ばれ

京都八幡市 の 岩清水八幡宮
大分県宇佐市 の 宇佐八幡宮 と 共に

三大八幡宮 の ひとつ です

創建は
延喜21年(921年)6月21日

八幡神 の 神託 が 下り
応神天皇・神功皇后・玉依姫命 を
祭神 と する

筑前国 穂波郡(現在 飯塚市穂波)の
大分八幡宮 を

玄海灘 に 面した この地 に
移した のに はじまり

元寇の 祭には
亀山上皇 が 敵国降伏 を 祈願し

神門 に 「敵国降伏」の 篇額 が
揚げられました

以来
海上交通・海外防護 の 神 と
しても 信仰 されています

神殿 裏手には 西末社・東末社 が 有り
稲荷社 は 東末社 に 鎮座 してます

色々な 祭事 の 中で
7月の 博多祇園山笠 の お汐井とり
9月の 放生会 が 賑わいます。

4.01 週間前

あまり目にしない組み方の鳥居を抜けると狛犬と楠木の老木が結界作る境内に入ります。敵国降伏と掲げると、こんな回り方なんだという気の巡り。神木筥松、湧出石などのパワースポットも点在。天と地を繋ぐ神社を実感できます‥

5.03 か月前

巡礼地です!

筥崎宮の由緒
筥崎宮は筥崎八幡宮とも称し、宇佐、石清水両宮とともに日本三大八幡宮に数えられます。
御祭神は筑紫国蚊田(かだ)の里、現在の福岡県宇美町にお生まれになられた応神天皇(第十五代天皇)を主祭神として、神功皇后、玉依姫命がお祀りされています。創建の時期については諸説あり断定することは困難ですが、古録によれば、平安時代の中頃である延喜21年(西暦921)、醍醐(だいご)天皇が神勅により「敵国降伏」(てきこくこうふく)の宸筆(しんぴつ)を下賜され、この地に壮麗な御社殿を建立し、延長元年(923)筑前大分(だいぶ)宮(穂波宮)より遷座したことになっております。創建後は祈りの場として朝野を問わず篤い崇敬を集めるとともに、海外との交流の門戸として重要な役割を果たしました。
おはじき 鎌倉中期、蒙古(もうこ)襲来(元寇)のおり、俗に云う神風が吹き未曾有の困難に打ち勝ったことから、厄除・勝運の神としても有名です。後世は足利尊氏、大内義隆、小早川隆景、豊臣秀吉など歴史に名だたる武将が参詣、武功・文教にすぐれた八幡大神の御神徳を仰ぎ筥崎宮は隆盛を辿りました。江戸時代には福岡藩初代藩主黒田長政、以下歴代藩主も崇敬を怠ることはありませんでした。明治以降は近代国家を目指す日本とともに有り、同18年には官幣中社に、大正3年には官幣大社に社格を進められ、近年では全国より崇敬を集めるとともに、玉取祭や放生会大祭などの福博の四季を彩る杜(もり)として広く親しまれています。
イメージ
「敵国降伏」の宸筆(しんぴつ)
敵国降伏の御宸筆は本宮に伝存する第一の神宝であり紺紙に金泥で鮮やかに書かれおり、 縦横約18センチで全部で三十七葉あります。
社記には醍醐天皇の御宸筆と伝わり、以後の天皇も納めれられた記録があります。特に文永11年(西暦1274)蒙古襲来により炎上した社殿の再興にあたり亀山(かめやま)上皇が納められた事跡は有名で、文禄年間、筑前領主小早川隆景が楼門を造営した時に、亀山上皇の御宸筆を謹写拡大したものが掲げられています。

5.03 週間前

九州の金運神社で検索したら出てきたのでとりあえず唐津の宝当神社⛩に寄った帰りにお参りに来ました。本殿の造りが凄く古くて良い雰囲気をかもし出してます!なんか凄味を感じます!取り敢えず参拝して御朱印をいただきました。湧出石なるものが有名みたいなので忘れずに触ってみて下さい(^^)