2019/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)

福岡県のイベント情報


2019/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年1月3日 ~ 2019年1月3日

福岡市東区箱崎1-22-1筥崎宮

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都の石清水八幡宮・大分の宇佐神宮とともに日本三大八幡宮の一つに数えられ、国の重要文化財である筑前一ノ宮の筥崎宮は、開運勝利の神を祀っています。
ここでは毎年豊作と大漁を願い、木の玉(直径28cm、重さ8キロ)を2つの組が奪い合いながら、約250メートル離れた末社から筥崎宮まで運ぶ伝統行事、玉取祭別名「玉せせり」が盛大に行われます。
全国に知られる祭(九州三大祭)であり、五穀豊穣(ほうじょう)と大漁を願う新春の伝統行事で、観客は5万人がいます。
起源は約500年前の室町時代にもさかのぼり、昔から盛大かつ厳重に行われている神事です。

午後1時の玉洗い式にて祓い清められた陰陽2つの木玉は、東側に約250m離れた場所にある末社玉取恵比須神社に運ばれます。
ここで陽の玉は裸に締め込み姿の競り子達に手渡され、祭典開始となります。
「競り子」と呼ばれる締め込み姿(ふんどし姿)の男たちが玉を奪い合う姿は迫力があり、見ているだけで面白い。
約300人が「オイサ、オイサ」の掛け声とともにぶつかり合い、一年間の吉凶を占います。
この陽玉にふれて頭上にかざすと悪事災難を逃れ幸運を授かるとされており、 男衆は乗る人と担ぐ人が入れ替わり玉を奪い合います。
競り子達は勢い水を浴びながら陽の玉をめぐり激しい争奪戦を繰り広げながら、本宮に向かって競り進みます。
やがて楼門に待つ神職の手に渡され、陰陽2つの玉が再び揃って神前に納まり、めでたく神事は執り納めとなります。
最後に球を奪った競子が浜組(浜側)なら大漁、陸組(陸側)なら豊作に恵まれるといわれている。

日 時:2019年1月3日 13:00~14:30くらい 絵馬殿前にて玉洗式開始。 
         終了後東側に約250m離れた末社玉取恵比寿神社へ移動、祭典終了後に玉せせりが開始。
         
場 所:玉取恵比寿神社~筥崎宮境内
住 所:福岡市東区箱崎1-22-1
露 天:約120軒
交 通:【福岡市営地下鉄】 箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
    【JR鹿児島本線】 箱崎駅下車→徒歩8分
    【西鉄バス】 箱崎下車→徒歩3分
    【JR九州バス】 箱崎1丁目下車→徒歩2分
筥崎宮名物の社日餅(やきもち)
昔ながらの素朴な味で白餅とよもぎ餅の二種類があります。外はモチモチ!中は甘さ控えめの粒あん!玉取祭のおみやげにもぴったりです。

https://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/tamatorisai/

目的お祭り大好き,アクセス良好,スリル満点,パワースポット,神社・寺,観光,食べ歩き
最寄り空港/駅箱崎宮前駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

日本三大八幡のひとつ。 1000年以上の歴史を持つ由緒ある神社。子供の頃はよく参拝(遊んでた)してた馴染みの場所。それこそ昨年、30年以上ぶりに福岡に戻って改めて参拝しましたが、こんなに立派な社だとは思っても見なかった。9月の放生会では、参道に収まり切れない程の屋台が並ぶ様は、長年、関東に住んでた身でも、見たことはない規模。

5.0過去 1 週間以内

一般的には宇佐神宮、岩清水八幡宮そしてここ筥崎宮が、日本三大八幡になります。
しかし鎌倉時代以降、有名になった鶴岡八幡宮が、筥崎宮に替わって言われてます。
まぁ、どちらの神社も名社に変わりないと思いますが。

正面入口にある鳥居が、佐賀県で見かける肥前鳥居になっていました。
鳥居を真っ直ぐ行くと、神門?のような拝殿?の立派さに目が奪われます。
正面に着き見上げると、醍醐天皇筆の「敵国降伏」の篇額が飾られています。

規模は大きくないですが、パワースポットとしての神威を大きく感じました!
勝負運アップ、間違いなしだと思います。

5.0過去 1 週間以内

ゆっくり回って良く見て観察しましょう‼️新しい発見が有りますので。また、近所のお店も周ると良いですよ。
ワールドグローバルネットワーク 合屋。

5.01 か月前

ちょうど来た時にいい風が流れていました。
敵国降伏
この文字だけ見ると、力でねじ伏せるという意味に捉えがちですが、本来の意味は敵国が自国の魅力に自ら降伏する。つまり、力というより魅力を磨けば相手が認めてくれるという意味で捉えた方がいいそうです。
捉え方はネットなどを見ての私の解釈の仕方になりますがそう考えると、この神社に来てもっともっと自らを磨かなければならないと思いました。
ありがとうございます。

4.01 か月前

日本三大八幡の神様の一つで開運勝利の神様として有名
古く、足利尊氏や豊臣秀吉など名だたる武将が祈願に訪れた由緒正しき勝負の神様
そして境内にはダイエーホークス選手等による巨大絵馬が飾ってあったりする
一の鳥居から海に延びる広い参道は西日を浴びて夕方はとても幻想的
楼門の重厚かつ豪奢な構えは圧倒されます
打って変わって本宮は朱色の社で艶やか
楼門に掲げられた背の高い旗はとてもステキでした
樹齢800年の大楠ご神木、筥松のご神木があったり、聖域を感じました
ちなみに、筥崎の「筥」が何故「箱」でなくこの文字なのかは、天皇様に由来する畏れ多い文字なんだそうです

近くのスポット

約4.8km
約42km
約49.9km
約58.9km
約59.6km