2019/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)

福岡県のイベント情報


2019/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年1月3日 ~ 2019年1月3日

福岡市東区箱崎1-22-1筥崎宮

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都の石清水八幡宮・大分の宇佐神宮とともに日本三大八幡宮の一つに数えられ、国の重要文化財である筑前一ノ宮の筥崎宮は、開運勝利の神を祀っています。
ここでは毎年豊作と大漁を願い、木の玉(直径28cm、重さ8キロ)を2つの組が奪い合いながら、約250メートル離れた末社から筥崎宮まで運ぶ伝統行事、玉取祭別名「玉せせり」が盛大に行われます。
全国に知られる祭(九州三大祭)であり、五穀豊穣(ほうじょう)と大漁を願う新春の伝統行事で、観客は5万人がいます。
起源は約500年前の室町時代にもさかのぼり、昔から盛大かつ厳重に行われている神事です。

午後1時の玉洗い式にて祓い清められた陰陽2つの木玉は、東側に約250m離れた場所にある末社玉取恵比須神社に運ばれます。
ここで陽の玉は裸に締め込み姿の競り子達に手渡され、祭典開始となります。
「競り子」と呼ばれる締め込み姿(ふんどし姿)の男たちが玉を奪い合う姿は迫力があり、見ているだけで面白い。
約300人が「オイサ、オイサ」の掛け声とともにぶつかり合い、一年間の吉凶を占います。
この陽玉にふれて頭上にかざすと悪事災難を逃れ幸運を授かるとされており、 男衆は乗る人と担ぐ人が入れ替わり玉を奪い合います。
競り子達は勢い水を浴びながら陽の玉をめぐり激しい争奪戦を繰り広げながら、本宮に向かって競り進みます。
やがて楼門に待つ神職の手に渡され、陰陽2つの玉が再び揃って神前に納まり、めでたく神事は執り納めとなります。
最後に球を奪った競子が浜組(浜側)なら大漁、陸組(陸側)なら豊作に恵まれるといわれている。

日 時:2019年1月3日 13:00~14:30くらい 絵馬殿前にて玉洗式開始。 
         終了後東側に約250m離れた末社玉取恵比寿神社へ移動、祭典終了後に玉せせりが開始。
         
場 所:玉取恵比寿神社~筥崎宮境内
住 所:福岡市東区箱崎1-22-1
露 天:約120軒
交 通:【福岡市営地下鉄】 箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
    【JR鹿児島本線】 箱崎駅下車→徒歩8分
    【西鉄バス】 箱崎下車→徒歩3分
    【JR九州バス】 箱崎1丁目下車→徒歩2分
筥崎宮名物の社日餅(やきもち)
昔ながらの素朴な味で白餅とよもぎ餅の二種類があります。外はモチモチ!中は甘さ控えめの粒あん!玉取祭のおみやげにもぴったりです。

https://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/tamatorisai/

目的お祭り大好き,アクセス良好,スリル満点,パワースポット,神社・寺,観光,食べ歩き
最寄り空港/駅箱崎宮前駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

ちょうど来た時にいい風が流れていました。
敵国降伏
この文字だけ見ると、力でねじ伏せるという意味に捉えがちですが、本来の意味は敵国が自国の魅力に自ら降伏する。つまり、力というより魅力を磨けば相手が認めてくれるという意味で捉えた方がいいそうです。
捉え方はネットなどを見ての私の解釈の仕方になりますがそう考えると、この神社に来てもっともっと自らを磨かなければならないと思いました。
ありがとうございます。

5.0過去 1 週間以内

■ 敵 国 降 伏 ■ 

筑 前 一 之 宮 八 幡 大 神

圧倒的な社殿、不動の存在感

福岡県庁の近く。砂浜に赤い鳥居があり3号線そばに大鳥居。そこから1Km近くの長い参道が続く~

境内には応神天皇の御胞衣を箱に入れて白砂青松の地に植え、松を植えたといわれる、その筥松があり御神木となっている。

天平宝字三年(759)創建説があるが現在は延長元年(923)筑前穂波郡の大分宮から移転されたと考えられているらしい。

当社の元社と考えられる筑前穂波郡の大分宮は現在の福岡県飯塚市大分鎮座の大分八幡宮である。

参拝は楼門で行う。境内には鳩が多い。楼門に⚡敵国降伏⚡の扁額をかかげる。

社殿の東西に、東末社と西末社がある。

東末社には~
池島殿・武内社・乙子殿・住吉殿・稲荷社

西末社には~
龍王社・若宮殿・仲哀殿・厳島殿・民潤社

筥崎宮のトリプル インパクト

重厚な明神鳥居、 

楼門と敵国降伏、

黒い御朱印帳、

覇気に満ちた八幡神でした。

               神恩感謝

5.03 週間前

ウォーキングにて立ち寄りました。
到着したかと思いきや、最初の大鳥居から
本殿までは1キロくらい歩きます。
とても立派な神社でした。背筋が伸びます。
湧出石というパワースポットがあって、触ると力がみなぎるそうです。
他にも樹齢800年の大楠も見る価値ありです。夕方5時頃の訪問のため、観光客はおらず、犬の散歩の人、ランニング、ウォーキングの方達が多く、御守り売場も終わっていました。
外に出ると、夕方からの屋台が開いていて焼き鳥やラーメンのいい匂いがしてました。

5.02 か月前

御朱印有ります。
楼門に掲げている額に「敵国降伏」と書いてあり、「神社に似合わない四文字だなぁ」と思って進むと、神社の標書きがありました。それによると「敵国降伏」の真の意味は、武力によって敵を降伏させる(覇道)ではなく徳の力をもって導き、相手が自ら靡(なび)き降伏する(王道)という、我が国のあり方を説いているのだそうです。

本当に素晴らしい我が国のあり方を説いていて、感動しました。

追記 (2018.9.16.)
博多三大祭りである放生会(ほうじょうえ。福岡では“ほうじょうや”とよむこともある)が秋に執り行われる。この1000年続くお祭りには述べ100万人の人が参拝に来るので、駐車場難民になること必至です。そんな時は、近辺の地下鉄や鉄道の駅周辺に車を止めて公共機関で行くほうが確実でしょう。私は近辺で1時間半ほど探しまくりました。筥崎宮周辺は道も細く、人の群れと大渋滞とでエアコンの効いた車の中でも大汗をかくことでしょう。

ですが、参道に並ぶ500店もの露天を前に歩き出した時にはそんな苦労も忘れ、お祭りを楽しむことができます。
また、拝殿を囲むように生花の展示や有名な人の書いた言葉の展示、おはじきの展示もあり楽しいです。

4.01 か月前

とても神聖な良い場所。でも放生会は最悪。出店がかなり最悪。夜は子連れだと危ないし、午後は暑いしで、午前中にいったら準備はできてないわ、開いてるとこ行っても態度はわるいわ、つり銭がないとお札返されるわで気分悪い。出店でもお店はお店。適当にしてほしくないし、ガラ悪すぎ。来年からは本殿にいっても出店には行きたくない。特に3号線よりの出店には。

近くのスポット

約4.8km
約42km
約49.9km
約58.9km
約59.6km