2020/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)

福岡県のイベント情報


2020/1/3 筥崎宮 玉せせり(玉取祭)4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年1月3日 ~ 2020年1月3日

福岡市東区箱崎1-22-1筥崎宮

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都の石清水八幡宮・大分の宇佐神宮とともに日本三大八幡宮の一つに数えられ、国の重要文化財である筑前一ノ宮の筥崎宮は、開運勝利の神を祀っています。
ここでは毎年豊作と大漁を願い、木の玉(直径28cm、重さ8キロ)を2つの組が奪い合いながら、約250メートル離れた末社から筥崎宮まで運ぶ伝統行事、玉取祭別名「玉せせり」が盛大に行われます。
全国に知られる祭(九州三大祭)であり、五穀豊穣(ほうじょう)と大漁を願う新春の伝統行事で、観客は5万人がいます。
起源は約500年前の室町時代にもさかのぼり、昔から盛大かつ厳重に行われている神事です。

午後1時の玉洗い式にて祓い清められた陰陽2つの木玉は、東側に約250m離れた場所にある末社玉取恵比須神社に運ばれます。
ここで陽の玉は裸に締め込み姿の競り子達に手渡され、祭典開始となります。
「競り子」と呼ばれる締め込み姿(ふんどし姿)の男たちが玉を奪い合う姿は迫力があり、見ているだけで面白い。
約300人が「オイサ、オイサ」の掛け声とともにぶつかり合い、一年間の吉凶を占います。
この陽玉にふれて頭上にかざすと悪事災難を逃れ幸運を授かるとされており、 男衆は乗る人と担ぐ人が入れ替わり玉を奪い合います。
競り子達は勢い水を浴びながら陽の玉をめぐり激しい争奪戦を繰り広げながら、本宮に向かって競り進みます。
やがて楼門に待つ神職の手に渡され、陰陽2つの玉が再び揃って神前に納まり、めでたく神事は執り納めとなります。
最後に球を奪った競子が浜組(浜側)なら大漁、陸組(陸側)なら豊作に恵まれるといわれています。

日 時:2020年1月3日 毎年同日
    13:00~14:30くらい 絵馬殿前にて玉洗式開始。 
    終了後東側に約250m離れた末社玉取恵比寿神社へ移動、祭典終了後に玉せせりが開始。
         
場 所:玉取恵比寿神社~筥崎宮境内
住 所:福岡市東区箱崎1-22-1
露 天:約120軒
交 通:【福岡市営地下鉄】 箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
    【JR鹿児島本線】 箱崎駅下車→徒歩8分
    【西鉄バス】 箱崎下車→徒歩3分
    【JR九州バス】 箱崎1丁目下車→徒歩2分
筥崎宮名物の社日餅(やきもち)
昔ながらの素朴な味で白餅とよもぎ餅の二種類があります。外はモチモチ!中は甘さ控えめの粒あん!玉取祭のおみやげにもぴったりです。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

https://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/tamatorisai/

目的お祭り大好き,アクセス良好,スリル満点,パワースポット,伝統民俗,神社・寺,観光名所,食べ歩き
最寄り空港/駅箱崎宮前駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.03 か月前

力を頂ける?いや、自分の力を奮い立たせなきゃと思わせる場所!🏁

あなたは、やれる。いける。できる。

あなたには力がある。

大丈夫。

行こう!!!

大丈夫、行こう!!!

1.03 か月前

最低の一言です。
ホークス参拝の準備は分かりますが、一般参拝出来ない状況はいかがなものでしょうか。参拝場所はカメラだらけ、参拝できる場所を宮司さんに聞いても「ここは入れません。前で」と。
その前は、カメラだらけで、場所も分からず。。。
ホークス参拝で多忙になるのであれば、案内板をおくなり、対応を考えてほしいです。
ホークス参拝を知らずに来た方が悪いのでしょうが、「その間は参拝を遠慮してもらっています」等のお知らせをされたほうがよいと思いました。
私は二度と行きませんので構いませんが、あまりにも不愉快極まりなかったので、投稿させてもらいました。

5.04 か月前

今年も三社詣りへ。宮地嶽、太宰府もこちらの筥崎宮が九州定番三社詣りコース。
昨年は思いもよらず二社止まりとなってしまったため、今年は気合を入れていざ!
人が多いのは当然のこと、今年は天気にも恵まれ気持ちよくお参りができました。
納札も忘れずに。正月が一番人が多いですが、列はスムーズに進み、あまり待つこともなかったです。パワースポットとしては三社の中で控えめなところが好みでもあります。

5.04 か月前

生まれ育った、近所の神社です。小さい頃は夏の放生会のお神輿を引っ張ったりさせて頂いていました。とてありがたかった経験です。
箱崎宮前駅降りたらすぐに参道があります。長い参道には普段は何もありませんが、夏やお正月の時期には出店が、ずらりと並びとても賑やかになります。毎年ホークスなども必勝祈願に来ているようです。サインも飾ってあります。パワースポットであり、触れると運が湧き出ると言われている湧出石などもあります。私の個人的おすすめはこちらの御朱印帳です。大判のものですが、凄くかっこいい御朱印帳です。御朱印の初穂料込で2000円、その他栞などのおまけも着いていました。是非筥崎宮にてご確認ください。

3.03 か月前

毎年1月3日にある玉せせりについて誰も正確に書いてないので、2020年書いときます

天下の奇祭 玉せせり

ふんどし一丁になった40人(1/4読売新聞朝刊には390人)くらいの男衆が肩車され、気負い水をぶっかけられ寒さにガタガタ震える
「オイッサ オイッサ」と叫びながら、箱崎宮角から拝殿まで250mを8キロの木の玉を手渡ししていき、手渡されたら玉を掲げ「あ"ぁぁーー」と叫ぶのを続ける祭

玉せせりの歴史は存外古い 神社からのアナウンスによれば
1494年か1582(天正10年)から始まるとされる

玉洗い式 12時58分から13時15分

陰と陽の玉をぬるま湯で洗い、菜種油でコーティング
玉の材質は松の木で
陽の玉は直径28センチ、8キロ
陰の玉は直径30センチ、11キロ

一木、山口家が代々 玉洗い式を司ってるそう

13時38分から13時53分
玉取恵比寿神社から箱崎宮角まで、20人くらいの子供による玉せせり

13時53分から14時12分まで、箱崎宮角から拝殿まで40人くらいの男衆による玉せせり
拝殿の宮司に渡して、玉せせり終了

14時15分から拝殿で神事

玉せせりは博多祇園山笠が山でなく玉に、山を担ぐのでなく人を担ぐだけなっただけな祭だと思った

説明では、ふんどし姿の男達が陸の豊作と海の豊漁をかけ陸組と海組で玉を激しく奪いあうとあるけど、和気あいあいで手渡しリレー状態 みんな、玉を掲げ「あ"ぁぁー」と叫んでご満悦
叫んだら下の人と交代

玉せせり名物は、社日餅130円
白とヨモギがある
見ての通り、梅ヶ枝餅と同じもの

箱崎宮のHPには
玉取祭は別名「玉せせり」といい、全国に知られる祭(九州三大祭)である。起源は定かではないが、今から約500年前の室町時代に始まったとされ、昔から盛大かつ厳重に行われている神事です。

箱崎宮は日本三大八幡宮を自称したり、玉せせりを九州三大祭と自称したり…
誰も思ってないし、そもそも福岡市三大祭 (どんたく、山笠、放生夜)にすら入ってない