2018/12/31~2019/1/1 王子 狐の行列

東京都のイベント情報


2018/12/31~2019/1/1 王子 狐の行列4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年12月31日 ~ 2019年1月1日

装束稲荷神社(東京都北区王子2-30-13)、王子稲荷神社(東京都北区岸町1-12-26)ほか

江戸より前の昔より、東京都北区王子には、大晦日の晩になると昔むかし武蔵の国(東京・埼玉・神奈川北東部)に棲む狐たちが、近くのある大きなゑ(え)の木の下で装束を整えて、関東総司の王子稲荷神社に詣でたという伝承があります。
その光景は歌川広重の浮世絵にも描かれており、狐たちが装束を整えた大榎の脇に祀られた社が「装束稲荷」です。

毎年12月31日の深夜は、浮世絵の再現として王子の町に狐のお面をかぶった人や狐メイクの人々と、行列を見物するために集まった観客で非常に賑わいます。
年明けとともに、0時に祭囃子や狐の声が響く中、闇夜をしずしずと町の中を進む狐の行列の光景はとても神秘的で、不思議な雰囲気に包まれています。
大太鼓も行列と一緒に練り歩き、それに続いて狐の楽団も共に進みます。
この他にも可愛らしい子狐の集団など様々な狐たちが行列を作り、目的の王子稲荷神社へと向かいます。
かがり火が焚かれた王子稲荷に行列が到着するとクライマックスです。
巨大な狐面が飾られた神楽殿で獅子舞や新年の挨拶などを受け、ふるさとの歴史と文化を子供たちに伝えて夢と誇りを与え子供たちの健やかな成長と幸せを祈り、未来につなぐ命の灯と希望の灯を狐火提灯で表現し、行列をして初詣を行い参加者全員で新年を祝います。

王子の狐行列は「初詣のために装束を整えた狐の行列」のため、和装が必須になります。
和服と言っても祝い寿ぎと無縁のもの(季節はずれの浴衣や武者装束などの装束、狐の耳のカチューシャや尻尾など)がだめで、また狐顔メイクか狐面が必須となります。
この狐の行列には事前の申し込み(参加費用1000円)をすることで、一般の方も参加することができます。

イベント名 王子 狐の行列 2018
開催期間:2018年12月31日(月)~2019年1月1日(火・祝) 
会場 :装束稲荷神社、王子稲荷神社 ほか
最寄駅:・JR王子駅北口から徒歩で7分
    ・東京メトロ南北線王子駅から徒歩で6分
日程
12月31日  正午頃~ 王子銀座商店街事務所(東京都北区王子2-30-1)で狐面(1,000円~3,500円)を販売。
      14時~ 王子狐村(王子1-13-10 王子一丁目遊び場)で狐顔メーク(500円)。
     22時30分~ 装束稲荷神社でかがり火「年越しの儀」、鏡割、祝舞「狐剣舞」の奉納。
1月1日 午前0時~ 狐の行列出発(装束稲荷神社前)。
     0時30分~ 「提灯交換の儀」(権現坂)。
     0時50分~ 王子稲荷神社参拝「新年の儀」(神楽殿で王子狐囃子、獅子舞の奉納)。
行列コースは、装束稲荷神社~王子銀座商店街~北とぴあ前~権現坂ガード~森下通り~石鍋商店前~王子稲荷神社。

目的お祭り大好き,スリル満点,パワースポット,夜景,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光,遊ぶ
最寄り空港/駅王子駅 (約0.6km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

狐に関する伝説が数多く残されている東京一有名な稲荷神社⛩
さらに本殿右奥にあるお穴さまは神の使者として崇められていた狐達が住んでいた場所でもあって神聖なスポット✨✨✨
その場所で拝んでいた時に狐の尻尾のような物に軽く足を触られた感覚を感じたし、彼女はその行く道筋でお狐様らしき影をも見たと言う摩訶不思議な体験が運良ければできるスポットでもある🦊✨✨✨
お穴さまの階段横には祈った願い事を叶えて下さる霊験新たか御石様もあるので必見✨✨✨
また本殿は色鮮やかで綺麗でインスタ映えするのでおススメ😊
さらに日本の漆工分野において、近世から近代への橋渡しの役割を果たした工人である江戸時代末から明治中期にかけて活動した漆工家、日本画家の柴田是真氏の代表作で重要美術品に指定されている「鬼女図」扁額や幕府の御用絵師だった谷文晁氏の拝殿の天井絵「竜」など美術好きにもオススメです✨✨✨
駒狐達の像がちょっと怖さがあるので本当に独特である🦊

4.0過去 1 週間以内

平日は急坂の途中から、ウイークエンドには幼稚園横の鳥居と急階段から入ります。近くには名主の滝公園や桜の名所の石神井川もあり、環境はよい。昇殿して天井の絵を鑑賞することをお勧めします。横に道があり奥に重い石が置いてある。願い事を念じながら持ち上げ重く感じればまだ努力が必要と言うが充分重い。横には子供用なのか小さい石もあるので腰痛がある人にも安心。

5.01 か月前

毎年大晦日深夜に行われます、王子狐の行列の終点到着地になります。以前はドラマのロケ地の舞台となりました。
狐😺が主人公である、王子稲荷神社は、奥深い神社です。山の洞窟内には、狐が、住んでいた?!と、言われる小さながあります。
 新年の午の日には、縁起物で、台所などの火を使う場所に、飾る、火防の凧を求めに遠方からの参拝者で、参道は出店などで、大変賑わいます。
王子は、古く江戸時代からの町を感じさせます。
 残念ながら、御朱印は、少々高額です。
いなり幼稚園があり、子供達の元気な、声が聞こえますよ。👦👧

3.02 か月前

北区・王子駅徒歩10分
 関東稲荷総社の格式を持ち、開運のパワースポットとして人気❕
不思議な石、御石様 願い事を念じ石を持ち上げて、思ってたより軽かったらその願いが叶いやすく、重かったら叶いづらいので頑張って‼
 狐が住んでいたと云わっている穴で、信仰の対象になっています。
ちょっと高い所にあるのですが、この付近は、空気が変わり、その歴史とパワーを感じることができますよ。
 御祭神:宇迦之御魂神・宇気母智之神・和久産巣日神
 
 *2月の初午の日は、参道には沢山の屋台が立ち並び、様々な種類の凧が販売され、多くの参拝客で賑わいます。「凧市」も江戸時代から続く歴史ある行事。当時、江戸の街はよく火事に見舞われ、風が大火につながることから、風を切って上る凧を火事除けのお守りにと、民衆が王子稲荷神社の奴凧を「火防の凧」として買い求めたのが始まりだそう。
 当日限定で授与される「火防せの凧」も人気で石段下から長い行列が出来ます。

 *大晦日20時~❕神様の御使い狐が、王子稲荷神社に参拝。狐たちは、まず装束榎に集合して衣装を整え、王子稲荷神社を目指します。
 毎年大晦日に大祭「狐の行列が」行われ、たくさんの見物客に
 *この穴はまさに、狐さまが住んでたと云われる穴で、信仰の対象になっています。ちょっと高い所にあるのですが、ここにくるとまた空気が変わり、その歴史とパワーを感じることができますよ。
 見どころがたくさん!長い歴史と厚い信仰を誇る「王子稲荷神社」

4.01 か月前

静かで落ち着いた雰囲気。
様々な表情の狛狐さんが沢山おり、狛狐さんを観察するだけでもかなり楽しめます。
山側の奥には少し小振りな鳥居が数本あるエリアがあり、更に静かな雰囲気を味わうことができます。
小振りな鳥居エリアを抜けると、願い事を念じてから【お石様】を持ち上げる場所があり、その願い事が叶いやすいかどうかを試せます。
更に奥に階段を上がると、小さな祠があり、小さな狐さんがいます。