2018/12/31~2019/1/1 王子 狐の行列

東京都のイベント情報


2018/12/31~2019/1/1 王子 狐の行列4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年12月31日 ~ 2019年1月1日

装束稲荷神社(東京都北区王子2-30-13)、王子稲荷神社(東京都北区岸町1-12-26)ほか

江戸より前の昔より、東京都北区王子には、大晦日の晩になると昔むかし武蔵の国(東京・埼玉・神奈川北東部)に棲む狐たちが、近くのある大きなゑ(え)の木の下で装束を整えて、関東総司の王子稲荷神社に詣でたという伝承があります。
その光景は歌川広重の浮世絵にも描かれており、狐たちが装束を整えた大榎の脇に祀られた社が「装束稲荷」です。

毎年12月31日の深夜は、浮世絵の再現として王子の町に狐のお面をかぶった人や狐メイクの人々と、行列を見物するために集まった観客で非常に賑わいます。
年明けとともに、0時に祭囃子や狐の声が響く中、闇夜をしずしずと町の中を進む狐の行列の光景はとても神秘的で、不思議な雰囲気に包まれています。
大太鼓も行列と一緒に練り歩き、それに続いて狐の楽団も共に進みます。
この他にも可愛らしい子狐の集団など様々な狐たちが行列を作り、目的の王子稲荷神社へと向かいます。
かがり火が焚かれた王子稲荷に行列が到着するとクライマックスです。
巨大な狐面が飾られた神楽殿で獅子舞や新年の挨拶などを受け、ふるさとの歴史と文化を子供たちに伝えて夢と誇りを与え子供たちの健やかな成長と幸せを祈り、未来につなぐ命の灯と希望の灯を狐火提灯で表現し、行列をして初詣を行い参加者全員で新年を祝います。

王子の狐行列は「初詣のために装束を整えた狐の行列」のため、和装が必須になります。
和服と言っても祝い寿ぎと無縁のもの(季節はずれの浴衣や武者装束などの装束、狐の耳のカチューシャや尻尾など)がだめで、また狐顔メイクか狐面が必須となります。
この狐の行列には事前の申し込み(参加費用1000円)をすることで、一般の方も参加することができます。

イベント名 王子 狐の行列 2018
開催期間:2018年12月31日(月)~2019年1月1日(火・祝) 
会場 :装束稲荷神社、王子稲荷神社 ほか
最寄駅:・JR王子駅北口から徒歩で7分
    ・東京メトロ南北線王子駅から徒歩で6分
日程
12月31日  正午頃~ 王子銀座商店街事務所(東京都北区王子2-30-1)で狐面(1,000円~3,500円)を販売。
      14時~ 王子狐村(王子1-13-10 王子一丁目遊び場)で狐顔メーク(500円)。
     22時30分~ 装束稲荷神社でかがり火「年越しの儀」、鏡割、祝舞「狐剣舞」の奉納。
1月1日 午前0時~ 狐の行列出発(装束稲荷神社前)。
     0時30分~ 「提灯交換の儀」(権現坂)。
     0時50分~ 王子稲荷神社参拝「新年の儀」(神楽殿で王子狐囃子、獅子舞の奉納)。
行列コースは、装束稲荷神社~王子銀座商店街~北とぴあ前~権現坂ガード~森下通り~石鍋商店前~王子稲荷神社。

目的お祭り大好き,スリル満点,パワースポット,夜景,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光,遊ぶ
最寄り空港/駅王子駅 (約0.6km) Google Transit

口コミ

3.01 週間前

北区・王子駅徒歩10分
 関東稲荷総社の格式を持ち、開運のパワースポットとして人気❕
不思議な石、御石様 願い事を念じ石を持ち上げて、思ってたより軽かったらその願いが叶いやすく、重かったら叶いづらいので頑張って‼
 狐が住んでいたと云わっている穴で、信仰の対象になっています。
ちょっと高い所にあるのですが、この付近は、空気が変わり、その歴史とパワーを感じることができますよ。
 御祭神:宇迦之御魂神・宇気母智之神・和久産巣日神
 
 *2月の初午の日は、参道には沢山の屋台が立ち並び、様々な種類の凧が販売され、多くの参拝客で賑わいます。「凧市」も江戸時代から続く歴史ある行事。当時、江戸の街はよく火事に見舞われ、風が大火につながることから、風を切って上る凧を火事除けのお守りにと、民衆が王子稲荷神社の奴凧を「火防の凧」として買い求めたのが始まりだそう。
 当日限定で授与される「火防せの凧」も人気で石段下から長い行列が出来ます。

 *大晦日20時~❕神様の御使い狐が、王子稲荷神社に参拝。狐たちは、まず装束榎に集合して衣装を整え、王子稲荷神社を目指します。
 毎年大晦日に大祭「狐の行列が」行われ、たくさんの見物客に
 *この穴はまさに、狐さまが住んでたと云われる穴で、信仰の対象になっています。ちょっと高い所にあるのですが、ここにくるとまた空気が変わり、その歴史とパワーを感じることができますよ。
 見どころがたくさん!長い歴史と厚い信仰を誇る「王子稲荷神社」

5.01 週間前

東国三十三社の元締め稲荷。

王子神社から400m程と至近距離にある稲荷神社。東国というといまでいう北海道を覗く東日本。その総社にあたるらしい。

境内には幼稚園を併設する。一段高い崖の中腹の場所に稲荷神社がありました。拝殿へは急な階段があります。

拝殿は、第11代将軍、徳川家斉が寄進したもので、側面からみた枕木の形といい、正面からみた造りもとても美しい。

こちらは、歌川広重が『名所江戸百景』として、王子稲荷からの景色(富士山?筑波山?)を描いている。かつては眺望がよかったのだろう。

設置されている、稲荷とされるキツネの石像にも歴史がある。宝歴14年、1764年だから約250年前の彫像である。彫りも像のバランスも見事です。顔つきはとてもにこやかな表情でした。最近多い怖いキツネではない。

飛鳥山から、王子神社、王子稲荷と続く一帯は現代の軽井沢のような行楽地だったと想像する。江戸から近くの別世界なんだろう。

5.03 週間前

かの有名な東国三十三国稲荷総司王子稲荷に参拝できました。門を潜って幼稚園に挟まれた参道の途中右側には弁天様があります。階段を上ると真正面に彫刻の美しい本殿。鈴の帯の結び方が変わっていて面白いです。右側の社務所には珍しくて可愛い授与品が色々置いてあります。社務所を左に進んで赤い鳥居を潜り右に進むと三体のお稲荷様と願掛けの石。更に階段を上っていくとお狐様の穴が祀ってあります。その昔この辺りにたくさん住み着いていたお狐様たちのすみかがこちらのお稲荷様になったのですね。落語では「王子の狐」、浮世絵では、歌川広重の王子装束ゑの木大晦日の狐火や、とても面白い歌川広景の江戸名所道戯尽 王子狐火の舞台でもあります。

2.01 週間前

幼稚園が併設されており、訪れた時間が悪かったのか正門からは参拝できませんでした。
境内にはお迎えママ達の自転車がみっしりと並んでおり、苦笑しか出ませんでした。
子供達の元気な声(と表現しておきます)がよ~く聞こえて、平日に詣でる神社では無いなと強く思いました。
日曜・祝日の参拝をお勧めします。

4.02 週間前

火事避けの奴凧が有名ですよね。
東京のお稲荷様の総本山だとか。
縁日には王子駅からお稲荷様の入口まで
数10軒の屋体で賑わいます。