2019/12/31~2020/1/1 王子 狐の行列

東京都のイベント情報


2019/12/31~2020/1/1 王子 狐の行列4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年12月31日 ~ 2020年1月1日

装束稲荷神社(東京都北区王子2-30-13)、王子稲荷神社(東京都北区岸町1-12-26)ほか

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

王子装束ゑ(え)の木、大晦日の狐火。
江戸より前の昔より、東京都北区王子には、大晦日の晩になると昔むかし武蔵の国(東京・埼玉・神奈川北東部)に棲む狐たちが、近くのある大きなゑ(え)の木の下で装束を整えて、関東総司の王子稲荷神社に詣でたという伝承があります。
その光景は歌川広重の浮世絵にも描かれており、狐たちが装束を整えた大榎の脇に祀られた社が「装束稲荷」です。

毎年12月31日の深夜は、浮世絵の再現として王子の町に狐のお面をかぶった人や狐メイクの人々と、行列を見物するために集まった観客で非常に賑わいます。
年明けとともに、0時に祭囃子や狐の声が響く中、闇夜をしずしずと町の中を進む狐の行列の光景はとても神秘的で、不思議な雰囲気に包まれています。
大太鼓も行列と一緒に練り歩き、それに続いて狐の楽団も共に進みます。
この他にも可愛らしい子狐の集団など様々な狐たちが行列を作り、目的の王子稲荷神社へと向かいます。
かがり火が焚かれた王子稲荷に行列が到着するとクライマックスです。
巨大な狐面が飾られた神楽殿で獅子舞や新年の挨拶などを受け、ふるさとの歴史と文化を子供たちに伝えて夢と誇りを与え子供たちの健やかな成長と幸せを祈り、未来につなぐ命の灯と希望の灯を狐火提灯で表現し、行列をして初詣を行い参加者全員で新年を祝います。

王子の狐行列は「初詣のために装束を整えた狐の行列」のため、和装が必須になります。
和服と言っても祝い寿ぎと無縁のもの(季節はずれの浴衣や武者装束などの装束、狐の耳のカチューシャや尻尾など)がだめで、また狐顔メイクか狐面が必須となります。
この狐の行列には事前の申し込み(参加費用1000円)をすることで、一般の方も参加することができます。

イベント名 王子 狐の行列 2019
開催期間:2019年12月31日(火)~2020年1月1日(水・祝) 
会場 :装束稲荷神社、王子稲荷神社 ほか
最寄駅:・JR王子駅北口から徒歩で7分
    ・東京メトロ南北線王子駅から徒歩で6分
日程
12月31日  正午頃~ 王子銀座商店街事務所(東京都北区王子2-30-1)で狐面(1,000円~3,500円)を販売。
      14時~ 王子狐村(王子1-13-10 王子一丁目遊び場)で狐顔メーク(500円)。
     22時30分~ 装束稲荷神社でかがり火「年越しの儀」、鏡割、祝舞「狐剣舞」の奉納。
1月1日 午前0時~ 狐の行列出発(装束稲荷神社前)。
     0時30分~ 「提灯交換の儀」(権現坂)。
     0時50分~ 王子稲荷神社参拝「新年の儀」(神楽殿で王子狐囃子、獅子舞の奉納)。
行列コースは、装束稲荷神社~王子銀座商店街~北とぴあ前~権現坂ガード~森下通り~石鍋商店前~王子稲荷神社。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,インスタ映え,スリル満点,パワースポット,伝統民俗,夜景,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅王子駅 (約0.6km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

元北区民にとって忘れちゃいけない神社である。
王子と言えば王子稲荷、名主の滝、卵焼き、音無川、飛鳥山、都電などいろいろあるが、歴史としては一番古いのではないだろうか。
源頼義から「関東稲荷総司」の称号を頂いてから、後北条氏、徳川将軍家と崇敬を集めてきた。
もちろん庶民からもである。そして江戸が終わっても庶民から愛されてることに変わりはないだろう。
幼稚園と隣り合わせ(敷地を幼稚園にしたんだろうが)になっており、子供たちの声が今はいなくなってしまった狐さんも喜んでいるだろう。
ためしに願掛け石は一度チャレンジしてみてください。願い事が叶いますように。
また、狐の穴方面に行くときは虫よけスプレーは忘れずに。御朱印を頂いてる時も蚊は寄ってきますが、狐の穴あたりの波状攻撃はすさまじかったですw。お肌の弱い方は尚のことです。

4.03 か月前

初めて参拝致しました。稲荷神社
王子では、お稲荷しんこうがあり
大晦日には、お狐様の庚申があり大変な賑わいになるそうです
でも
私が皆様にお薦めしたいのは、お石
自分の叶えたい願いを思い
石を持ち上げて軽かったら叶い重かったら叶わず皆様もお試し下さい。
その前にお賽銭は、忘れずに(笑)
場所は、ヒント
右奥にお進み下さい😃

4.03 か月前

王子神社から5分ほど歩いた坂の上に有りますニャン😺入り口は坂側と稲荷幼稚園側が有りますが昔の雰囲気漂う幼稚園側は時間規制されています。祠は本殿から脇の階段の上の更に上で断崖⛰️を登る感じです!王子稲荷🦊は元々は岸稲荷として平安時代から地元の祖神として崇められていましたが王子権現による王子名に併せて改称されました。以降王子稲荷は江戸時代の空前の稲荷ブームにあやかり関八州稲荷信仰の🎉総本山になりました、中でも老中柳沢吉保や田沼意次など大出世した人物達の熱心な祈願も知れ渡り一躍江戸っ子達に出世や商売繁盛🎯更に狐火による息災としても受け入れられ火防せ🏮の凧市なども江戸っ子の人気を得ました。今でも毎年大晦日には狐の行列が見られるニャン🐱ちなみに本殿は戦災で消失し昭和に再建されましたが社殿は文政年間の創建時のままで⭐国指定の重要美術品ですニャン!広重の浮世絵には境内からの眺望に筑波山🏞️などが雄大に描かれていますか昭和に入るくらいまでは見えていたそうです。江戸の眺めは広々とした江戸湾まで見渡せる素晴らしい水の都🎊だったですニャン😹

4.02 か月前

初午で訪問しました、火防の凧を買って帰りました。 1700円は去年よりまた値上がりしてました、毎年値上がりしてるのが気に入りませんが、こういうのは買うしかないので仕方ありませんね。
神社の裏には狐がいたとされる洞穴や、石が置いてあって、願いが叶うなら軽く持ち上がるし、もう少しなら重いというのもあるので、この辺りのバワースポットですね。

5.02 か月前

神社の大きさから言って、とても関東の格式の高い神社には見えず、幼稚園と一緒にこじんまりとあります。
でも、社の色彩豊かなのには圧倒されます。
江戸の古典落語「王子の狐」の舞台ともされています。
お祭りも「白狐様の花嫁行列」でしたか?
皆さん、花嫁さん役の人から全員、白狐のお面かぶって、練り歩きます❗
落語の内容は省略させて頂きますが(笑)、落語好きな方なら「扇屋の卵焼き」をご存知でしょう❗
今でも扇屋さん、健在です(^з^)-☆
無人の店舗なので初めての方には分かりづらいです。
小さな木の屋台で、電話があり、そこから注文すると、オジサンがもってきてくれました❗
卵焼きと言うよりも、もうお菓子と言って良いほど甘いです(笑)

でも、かつての江戸の味とは、今でも浅草の大黒屋の天ぷらではありませんが、さっぱり、と言うより、くどい❗と言うより濃い目な味だったのでは?と感じさせてくれます❗

お詣りしたあと、扇屋さんの卵焼きなんか頂くのも、ちょっとした東京ブラリには良いのでは?と思います。