2019/12/28 納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供

千葉県のイベント情報


2019/12/28 納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年12月28日 ~ 2019年12月28日

千葉県成田市成田1番地 成田山新勝寺 大本堂西側広場

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

今年最後のご縁日である12月28日に、1年間に納められた古いお札をお焚き上げし御利益に感謝する「納め札お焚き上げ 柴灯(さいとう)大護摩供」が行われます。
成田山へ納められた、不動明王のご分身である古いお札を智慧の炎で焚き上げ、1年間の御加護に感謝することを「納め札お焚き上げ」といいます。
そして、柴灯大護摩供とは、古来、山伏が山岳修行の際、柴(しば)を使い護摩壇を設け、所願成就を祈念する伝統行事です。
皆様のお願い事とお名前を書いた護摩木を道場中央に設けた護摩壇の炉に投じ、お不動様の智慧の炎によって清浄な願い事として所願成就を祈念します。
当日も、護摩木の申込みが可能ですので、この機会に是非御祈願されるのはいかがでしょうか。
約20名の山伏により護摩法の作法に則って護摩壇を設け、一切を清め、厳かな読経が響く中、納め札が焚き上げられます。
御護摩というのは、「御本尊の前に壇を設けて、供物を捧げ護摩木という特別な薪を焚いて祈る」という、真言密教の秘法のことです。
御護摩に使われる護摩木を切り出している山を「護摩木山」といい、昔は旧成田街道沿いに十数か所あったそうです。
その名残として郷部大橋に近いところに「永代護摩木山」と刻まれた石柱が残っています。
そして御護摩の火にあてて祈念した札を護摩札といい、1年間お世話になった護摩札は成田山に納められ、この柴灯大護摩供によってお焚き上げされるのです。
勇ましい掛け声と共に、山伏の手によって大きな梵天が振るわれ、皆様の厄難をお祓いします。
新たな1年を迎えるにあたり、気持ちが引き締められ清らかな心持ちになります。
また、お手荷物などの「御火加持」が行われます。
「御火加持」とは、護摩札や御守のほか、自分の大切なものを御護摩の火にあててお不動様のご利益をいただくことをいいます。
揺らめく炎は、そのものを清浄にすると共に大切にする心を喚起せしめ、更には本来備えている働きを存分に発揮させる御利益があるとされています。
燃え上がる智慧の炎は、あらゆる罪障や災いを焼き尽くすと言われ、師走の天を焦がします。
納め札お焚き上げ柴灯大護摩供に是非お越しいただき、その雰囲気を間近で体験してみてください。

【納め札お焚き上げ 柴灯(さいとう)大護摩供】
開催日時: 令和元年12月28日(土)10時20分 ※毎年同日
開催場所: 成田山新勝寺 大本堂西側広場
お問合せ:成田山新勝寺
TEL:0476-22-2111(8時~16時)
交通アクセス:
JR東京駅から横須賀線/総武線直通の「総武本線快速」で約75分、空港第2ビル駅からは徒歩約8分
京成電鉄上野駅から特急で約65分、空港第2ビル駅からは約8分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.naritasan.or.jp/

目的伝統民俗,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅空港第2ビル駅 (約6.5km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

11月の連休で友達と訪問。目的は参道の鰻屋だけど。おそらく一番人気の川豊で整理券を貰い小一時間ほど散策してみた。紅葉は紅葉は進んでいたがまだ色付きは少かったな。境内は広々としていて建物も古いものが多くのんびり散策するのには気持ち良い。玉砂利の上を歩くと歩き心地もよく気持ちが落ち着く。やはり寺院に来るとリフレッシュ出来る。戻って鰻を食べて、夕方前にもう一度訪れると日が落ちかけている時の風景がまた素晴らしい。是非この違いを楽しんで欲しい。コロナの影響で人の往来も少い、観光業は本当に大変だと思う。けど充分に注意をしてこの時期ならではの新勝寺を堪能。心が洗われた。また違う時期に訪問したい。

4.02 週間前

3歳の息子と七五三を見に行きました。

お寺の周りには800円の駐車場がいくつもあるので、そちらを利用すればよいかと思います。

七五三の写真スポットはたくさんありました。
出店も多くあり、子供は喜びました。

お寺前に有名な鰻屋さんがあり、子供ばかりのお座敷の部屋もあるので、少し泣いても問題ないです。だし巻き玉子やみかんジュースなどは幼児も食べれます。

4.02 か月前

早朝のお散歩をかねてお参りにきました。

5.01 週間前

ちょうど紅葉の色づきが良いときにお詣りすることができました。成田山新勝寺は歴史的な国宝級の建築物や仏像をまじかで鑑賞することができます。大迫力の護摩焚きも必見の価値ありです。江戸時代の風情を感じさせる商店街をぶらり散策するのも楽しめます。

4.02 か月前

成田山新勝寺では各御堂の御本尊ごとに6種類の御朱印があり、境内にはチラシの案内もあります。そのチラシには大本堂、光明堂、釈迦堂、出世稲荷、醫王殿、平和の大塔とそれぞれ右回りに①~⑥の番号が振られており、なぜか⑤(醫王殿)と⑥(平和の大塔)が逆になっています。醫王殿が2017年、平和の大塔が1984年の建立なので、そういう理由なのかもしれません。特に回る順番があるということではありませんが気になりました。炎天下の昼頃の参拝でしたが、やはりコロナの影響は大きく境内の土産物屋も軒並みシャッターを下ろしており、落ち着いてお参りできるものの物寂しさは拭えません。表参道にある有名な鰻屋さんでも1時間待ちで入店できる状況でした。