2018/11/24 防府天満宮 御神幸祭(裸坊祭)

山口県のイベント情報


2018/11/24 防府天満宮 御神幸祭(裸坊祭)4.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年11月24日 ~ 2018年11月24日

山口県防府市松崎町14-1 防府天満宮

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年11月の第4土曜日で行われる裸坊祭は、防府天満宮で千年以上続けられている祭事で、ほうふを代表するお祭りであり、西日本屈指の荒祭と知られています。
御神幸祭の執り行われる2日間、ほうふの街中は約15万人の参拝者で溢れます。
夕刻より巨大なお網代を引き、二体のお神輿をかついで、白装束姿の裸坊約5,000人が、「兄弟ワッショイ!」の掛声を上げながら、菅原道真公御着船ゆかりの地、「勝間の浦」(御旅所)までを往復します。
特に地響きをあげながら、重さ500キロある御網代輿(おあじろみこし)が楼門を経て、参拝者の見守るなか拝殿の58段ある大石段を滑り降り、喚声と怒号、数千人の裸坊が乱舞する様子は圧巻です。
白装束の男衆の赤い模様は、防府天満宮の梅の花をモチーフにした模様ということです。
男達の荒々しさとは反対に、提灯の美しい明りが印象的

おんな神輿は、翌日の11月25日(日)あと祭りで行われます。
お祭り好きの女性達が毎年200人以上集まり、神輿二基を担ぎ防府の町を練り歩く、まさに全国でもトップクラスのおんな神輿です。
これに地元の小学生から成る、天神囃子隊40人が加わり一段とお祭りを盛りあげます。

期間 2018年11月24日(土)~11月25日(日)

裸坊祭 18時 ご発輦(ごはつれん) (防府天満宮を出発)
    21時ごろ 御帰還
御網代くぐり 御帰還直後から翌日20時までご参拝の方々にはその下をくぐることによって天神様のご加護がいただける。
奉納邦楽演奏会 25日13時~ 演舞場

アクセス
山陽自動車道防府東I.C.から車で15分
山陽自動車道防府西I.C.から車で15分
JR防府駅てんじんぐち(北口)から防長バス阿弥陀寺行き4分【防府天満宮】下車徒歩で5分
JR防府駅から徒歩で約15分
駐車場 あり

写真提供:一般社団法人山口県観光連盟

目的お祭り大好き,スリル満点,パレード,男性好み,神社・寺,観光
最寄り空港/駅防府駅 (約1.2km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

3月の上旬に防府を訪問した際に、『防府天満宮』という名前に惹かれて訪問しました。

行くと 大正解。
梅祭りの最終日でしたが 梅が満開で、最高に綺麗でした。

 境内には甘酒、梅酒、梅茶、きんつば等の無料接待もありました。
防府の方々のおもてなしに感謝です。ここでおやつまでおわらせることができました。

季節を外すと、静かな天満宮に戻るのでしょうね。

4.03 か月前

夏祭りではじめて訪れた。
三大天満宮とのひとつだが太宰府のように広くはない。

石段の蠟燭がきれいだった。3日間ある祭りの2日目に行ったのだが、出店はほぼ無く、人も混雑しているほどはいなかったので回りやすかった。

春風楼という、石段を登りきり左側奥にある展望台?にてビアガーデンやっており、山口地ビールを販売していた。折角なので購入し、展望台に設置してある椅子、テーブルに着席。夜景は、、、まぁ田舎だからね、ゆめタウンとイオンの明かりが眩しかったよ。
カラオケ大会の声に、提灯に、手持ち花火の匂いに、ビール!これぞ祭りだって感じで気分が上がった。結局ビール2杯にハイボールもいただいた。

たださ、帰ろうとして回り見渡してみるとテーブルの上に食べ物やドリンクの容器ゴミだけ置いてある光景がちらほら。中には明らかに持ち込みのものも。楽しむだけ楽しんでゴミ放置とかね、外国人客が自分らのテーブル片付ける様子をみて、あー日本人モラル低いわと恥ずかしくなった。ゴミ箱も設置してあるのにそこに持っていくことすらできないなんて。持ち込みするくらいだからこのビアガーデンに慣れてそうだってことで地元民の仕業と推測。常識持てよゴミ放置するクソ共!お前ら祭りくる資格ねーわ。皆のために引きこもっててくれ

5.01 か月前

一説には3大天満宮の1つ
大概3大ほにゃららには異説がたくさんある。とは言う物のここは3大天満宮と言うにふさわしい場所。

鎌倉の荏柄天満宮を数える方も多いとは思う、自分も何度も行って素晴らしい場所だと思う、とは言う物の3大天満宮と言うにはやや小規模過ぎるかなぁと

そういう意味でも、西日本に偏りすぎと言うご意見はもっともではあるが、3大天満宮とは京都、太宰府、防府かなぁと思う

ぜひご自分の目で確かめていただきたい

5.03 か月前

学問の神・菅原道真を祀る天満宮。
日本最古の天満様といわれ、地元に愛されている。
梅の季節には梅林が美しく、春先は地域いっぱいに桜が咲き乱れる。
受験シーズンにお守りや祈祷済みの鉛筆等を購入する人も多い。
またここで結婚式を挙げる人も居り、時折写真撮影が行なわれている。

5.02 か月前

学問の神様を祀り、おみくじは竿で鯛を釣る珍しい引き方でご利益たくさんありそうです!
9月の連休に行きましたが、桜や紅葉の時期にまた行きたくなる景観でした

近くのスポット

約15.9km
約17.6km
約20.8km
約29.8km
約43.4km
約50.8km
約51km
約65.3km