2018/11/24 防府天満宮 御神幸祭(裸坊祭)

山口県のイベント情報


2018/11/24 防府天満宮 御神幸祭(裸坊祭)4.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年11月24日 ~ 2018年11月24日

山口県防府市松崎町14-1 防府天満宮

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年11月の第4土曜日で行われる裸坊祭は、防府天満宮で千年以上続けられている祭事で、ほうふを代表するお祭りであり、西日本屈指の荒祭と知られています。
御神幸祭の執り行われる2日間、ほうふの街中は約15万人の参拝者で溢れます。
夕刻より巨大なお網代を引き、二体のお神輿をかついで、白装束姿の裸坊約5,000人が、「兄弟ワッショイ!」の掛声を上げながら、菅原道真公御着船ゆかりの地、「勝間の浦」(御旅所)までを往復します。
特に地響きをあげながら、重さ500キロある御網代輿(おあじろみこし)が楼門を経て、参拝者の見守るなか拝殿の58段ある大石段を滑り降り、喚声と怒号、数千人の裸坊が乱舞する様子は圧巻です。
白装束の男衆の赤い模様は、防府天満宮の梅の花をモチーフにした模様ということです。
男達の荒々しさとは反対に、提灯の美しい明りが印象的

おんな神輿は、翌日の11月25日(日)あと祭りで行われます。
お祭り好きの女性達が毎年200人以上集まり、神輿二基を担ぎ防府の町を練り歩く、まさに全国でもトップクラスのおんな神輿です。
これに地元の小学生から成る、天神囃子隊40人が加わり一段とお祭りを盛りあげます。

期間 2018年11月24日(土)~11月25日(日)

裸坊祭 18時 ご発輦(ごはつれん) (防府天満宮を出発)
    21時ごろ 御帰還
御網代くぐり 御帰還直後から翌日20時までご参拝の方々にはその下をくぐることによって天神様のご加護がいただける。
奉納邦楽演奏会 25日13時~ 演舞場

アクセス
山陽自動車道防府東I.C.から車で15分
山陽自動車道防府西I.C.から車で15分
JR防府駅てんじんぐち(北口)から防長バス阿弥陀寺行き4分【防府天満宮】下車徒歩で5分
JR防府駅から徒歩で約15分
駐車場 あり

写真提供:一般社団法人山口県観光連盟

目的お祭り大好き,スリル満点,パレード,男性好み,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅防府駅 (約1.2km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

日本三大天満宮のひとつで学問の神様・藤原道真公を祀っています。
防府駅からも歩ける範囲にあり、大鳥居の横には「うめてらす」という観光案内所兼売店があります。
市民に愛されつつも、長閑な雰囲気が流れる素敵な場所でした。
若い頃にちゃんと参拝しておけば、その後の人生が変わったのかもしれません。

4.02 週間前

2年後の子供の受験を考え天満宮巡り。京都北野天満宮はいつもよくお世話になっているので、今回は防府天満宮と太宰府天満宮を訪問予定。歴史と由緒を感じる建物や周辺景観。素晴らしかったです。

4.0過去 1 週間以内

平日お昼に行きましたが、とても綺麗で広くて良かったです!ただ、階段上まで上がってしまうと、トイレが古くて暗い感じなので、階段下のうめてらすでトイレを済ませて上がることをおすすめします。

御神木がわかりにくい場所にありますが、とても大きくて、みていると落ち着きます。階段登りから前の、旧家のお庭にありました。そのお庭も、とっても広くて綺麗で空気も澄んでいるので最高でした。

絶対にまた来たいと思う、素敵な空間でした。

5.0過去 1 週間以内

7日(日)まで、七夕まつりが開催されていて、昼間でも十分綺麗でした。7百円と普段より高めですが、準備されていた限定の御朱印も頂き、久しぶりに童心に帰って七夕様にお願い事も書きました。令和の世の中が平和であります様に…

5.02 か月前

夜訪れましたが荘厳な雰囲気で落ち着きました。
徒歩で行くと女性は20分くらいかかるかも。とにかくひとけがない、、、
社までの石段と門はライトアップされていますが、奥のほうはほぼ無光、、、ラブの石碑すら探すのに苦労しました。
木々もかなり綺麗に手入れされていて素敵なので
せっかくなら昼に行くことをオススメします笑

近くのスポット

約15.9km
約17.6km
約20.8km
約29.8km
約34.1km
約37.8km
約42km
約58.6km
約62.6km