2020/11/1~2021/1/31 袋田の滝ライトアップ「大子来人 ~ダイゴライト~」

茨城県のイベント情報


2020/11/1~2021/1/31 袋田の滝ライトアップ「大子来人 ~ダイゴライト~」3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年11月1日 ~ 2021年1月31日

茨城県久慈郡大子町袋田

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

大子町の風物詩「大子来人〜ダイゴライト〜」。
高さ120m、幅73mの大きさを誇る袋田の滝は、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれています。
大子の自然・星空・水を表現した光のトンネルを抜けると、雄大に落ちる滝の流れが荘厳な墨絵のように浮かび上がる光景へと辿り着きます。
自然と光が作り出す神秘の空間が、袋田の滝の新たな魅力を発見させてくれるでしょう。
秋から冬へ、一年で最も美しく表情を変える大子町へぜひお出かけください。

水の呼吸、光の吐息 『揺らぎ』に包まれ 水の世界へと人は還る
今年の大子来人は、ヨーローッパを拠点をコンサート等の映像クリエイターとして活躍するVJ TONTONにより
トンネル内の頭上に揺らぐ水の呼吸に、レザーやプロジェクターを用いた多彩な光の吐息を演出する。
そして、Hiroshi Watanabeの袋田の滝オリジナルアンビエントミュージックと共に体感してもらうことで、2020年の様々な出来事から、ひとときの忘却と解放をし気持ちが浄化されることを切に願います。

開催期間: 2020年11月1日(日) 〜 2021年1月31日(日)まで
※毎日開催

開催内容: 袋田の滝ライトアップ、滝川さざれ石ライトアップ、恋人の聖地モニュメントライトアップ

袋田の滝ライトアップ
 Design:松下進建築・照明設計室

光のトンネル(袋田の滝トンネル)
Desigh:TONTON
Music:HIROSHI WATANABE
Direction:ART POSITION

時間: 11月 日没から午後8時まで
12月〜1月 日没から午後7時まで

開催場所: 袋田の滝周辺(茨城県久慈郡大子町袋田)
料金: 袋田の滝トンネル利用料金 大人300円、子供150円
主催: 大子町・大子観光協会
後援: 茨城県・東日本旅客鉄道株式会社水戸支店・茨城県ホテル旅館生活衛生同業組合大子支部・袋田清流会
協賛: 株式会社筑波銀行

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

https://www.facebook.com/daigolight/photos/rpp.913760795303992/2948354781844573/?type=3&theater

目的夜景,大自然,日本の冬を感じる場所,日本の秘境,観光名所
最寄り空港/駅袋田駅 (約2.7km) Google Transit

口コミ

4.08 か月前

観光地化されすぎているきらいはあるが、手軽に安全に迫力の滝を間近に観賞出来る。滝自体もさることながら、周辺の観賞用設備、例えばトンネルやエレベーター、やぐら、がよく整備されていることに感心した。駐車しようとするとまわりの土産物屋の呼び込みが凄い。大抵買い物するとタダなので適当に入れても大丈夫だと思う。

5.02 週間前

滝がとにかく近く、広い展望台から間近にじっくり見ることができます。

令和4年1月8日再訪問。この滝の氷瀑は初めてですが綺麗で迫力もありますね。長雨の豪快な姿と甲乙つけがたいかもしれません。
「氷壁を登る人」も初めて見ました。そのままの意味なんですが、どんな体験なのか興味深いです。
凍結具合はホームページで見る事ができるのでチェックしてどうぞ。

また、大子ライトなどライトアップもされています。トンネル内のイルミネーションは昼間の訪問でも見る事が出来ます。

4.08 か月前

此処を訪れるのは、今回で3回目になります!
最初は夏のお盆のタイミング、そしてその次は、紅葉の季節だったと思います。
季節によって周囲の風景が違い、何より水の量と勢いが違い、印象が全く異なってきます!
最初に訪れた際の滝の雄大な水の量と勢いに圧倒され、印象に残ったのを鮮明に覚えています(笑)
今回は袋田の滝らしくなく、水量が少なく勢いも感じられませんでした(汗)
来場者も緊急事態宣言の影響かまばらで、ゆったりと見学は出来ましたが、どこか寂しさを感じました😅
これで見てない季節は冬だけになりました〜!

3.02 か月前

自然の音が癒してくれます。
紅葉シーズンは奥の駐車場を欲張りすぎると
結構大変ですのでほどほど近い駐車場をオススメします。
道中お店が並んでるので視界も飽きることないでしょう。
女性の方はヒールなどで行くのはオススメしません。動きやすい格好で。

5.03 か月前

何回行ってものんびりと田舎の空気で寛げるスポットですね。入り口のけんちんうどん屋さんは大子の名物。鮎の塩焼きも楽しみです。此処でなければ味わえない奥久慈軍鶏。奥久慈りんごもりんご狩りが楽しめます。マイナスイオンと大子グルメ何回行っても楽しいですね。