2018/12/22~3/24の 土・日・祝日 スノーモンキーホリデー観にバス 

長野県のイベント情報


2018/12/22~3/24の 土・日・祝日 スノーモンキーホリデー観にバス 3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年12月22日 ~ 2019年3月24日

下高井郡山ノ内町 地獄谷

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

冬季間通行止めになる地獄谷野猿公苑までの道路ですが、「スノーモンキーホリデー観にバス」のみ上記期間運行いたします。

【開催場所】 山ノ内町 湯田中駅 ⇔ 渋温泉 ⇔ 地獄谷

【お問合せ】 渋温泉旅館組合 TEL:0269-33-2921

目的インスタ映え,ゲラゲラ爆笑,一生の記憶に残る,大自然,家族向け,日本の冬を感じる場所,日本の秘境,秘湯
最寄り空港/駅長野原草津口駅 (約26.6km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

[スノーモンキー]の人気は 絶大ですね・・・

私が、数年前 訪れた際には 正直 「寂れた温泉地」でした、

 地元の 温泉に入り 家族と ゆっくり休んで 温泉を楽しむ

なんて事が 普通に出来ましたが・・・

 いまや 世界的に[スノーモンキー]が 有名に(世界的に)なったので 寂れた温泉地が一変『海外からも人気の観光スポット』に成りました。

 私も 猿と一緒に 温泉を楽しんだ経験が有りますが・・・

今では 猿と人は 隔離されています(安全上・衛生上)仕方ないとは思いますが、 有る 独りの写真家の影響で 荒廃していた「町」自体が 再生され・復興する・んです。

 古い人には 避けれがちですが・・・ インターネットの投稿された
只 「一枚の写真」で、此処迄変わるのが現実です。

 それを良いと思うか・嫌だと・思うかは個人次第ですが
  間違いなく[町]&[観光業]&それに付加する タクシー会社&旅館&ホテル・お土産屋

 は、正直「驚きの産物」だと 思います。 

日本文化の象徴です「自然と共に生き」る・・・。
     守っていて下さる事を「感謝」します。

                         敬具。

5.01 か月前

11月5日、お猿の集団は来ませんでしたが、一匹だけ10時過ぎにやって来ました。見物客全員、大興奮❗
施設の方に聞いたら、いつも来る群れではない、ハグレ猿とか。
野生動物を間近で見れる経験、スゴイです❗また、是非行きたい♥

5.03 か月前

長野県 地獄谷野猿公苑へ足を伸ばすことにした
入場料500円  地図
ここに来るのは2度目になる。初回は大昔、夏休
みの時に家族連れで訪れた。
でもここの一番の人気シーズンは厳冬時の入浴
シーンだろう。そして演出として雪が降っていれば
最高。
今回初めて厳冬期に訪れた。まさかこんなに人出
があるなって想像もしなかった。
現地に係の人が居たので色々聞いてみた。
問 雪の中を探り何かを食べて居るみたいですが
  何かあるの?
答え 10,12,15時に大麦を撒いたためそれを食
   べている
この露天風呂に手を入れてみたら温い、湯温36℃
くらい?人間じゃ入ってられない。
結構いい写真じゃないか もうちょっと視線が合え
ばバッチシなのに
問 猿は風邪引かないの?
答え 引いたことはない。皮脂が流れ落ちることも
  ない。湯から上がっても人間みたいに寒くはな
  いはず。
問 昨夜泊まった渋温泉に猿出没の紙があったが
  ここの猿が遠征するの?
答え ここにいる猿は行きません。群れから離れた
   猿でしょう
問 猿の数はどうなっているの
答え 今は増えています 125匹だったかな
今日は雪が降っておらず 少しシーンに掛けるが、
是非一度雪降る中のシーンを見てみたいものだ
これは蹴っているのではなく こんなに近くにいる
んだよを示しているんだよ。
ここの猿は人間になれているから逃げないが、で
も列記とした野生の猿。
触れたりなど禁止行為は守りましょう。
生き物の写真は目にピントが合って初めて写真
になる。後ろ姿ではいまいちだな。後ろ姿ならそ
の視線の先が写っていればまだしもこれじゃ駄
目だね。
帰りがけ後楽館の露天を見たら猿が入浴してい
た。悔しい 一緒に浸かりたかった。
ブログをご覧の皆さん。真冬の地獄谷温泉へ
出掛けてみませんか。
後楽館の猿と一緒の露天風呂へ入浴し、野猿
公苑で世界唯一温泉に入る猿を見に出掛けま
せんか。
真冬の無料駐車場 上林温泉へは急坂のため
スタッドレスタイヤでもチェーンは必要ですよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★

地獄谷野猿公苑へやってきた。
ちょっと前まで地獄谷温泉後楽館で露天風呂
に入浴していた。
その湯は冬の間猿が人間用の露天風呂に入
浴するという世界唯一の湯なのです。
その湯でアクシデントが起きた 猿のした糞が
ポチャリと湯船の中に落ちたのだ・・・
これには堪らず湯船から飛び上がった経緯が
あった。さて気分を変えて 野猿公苑へ行くこ
とにした。
前回2012.1.8は、同じ早朝だったが晴れで雪
は降ってなかったが、今日はしんしんと雪が降
りしきっていた。
これは前回とは違う猿の入浴シーンが見られ
ると足を向けたのであった。
38℃くらいの温い湯に浸かる猿  何とも気持
ちよさそう。よくよく見てると目を閉じてゆっくり
暖まっている。そして何か言いたげな感じ“人
間て馬鹿じゃないの こんなに寒い朝に俺た
ちがまったり浸かっている風呂を寒い思いし
てまで見にここまで来んだ  物好きだね”
この猿は何とも寒そうだった。
足を雪から離し かじかむ指先を口に付け暖
めていた。何とも愛おしい猿だった。

3.010 か月前

湯田中駅からバスが出ているとのことでしたが、宿の方のご厚意により送っていただきました。

観光客は外国の方の方が圧倒的に多かったです。

1月下旬の雪のシーズンという事で入口の所で靴につけるスパイクを購入しました(1300円)。また、荷物を500円で預けることが出来ました。尚、スノーブーツのレンタルもあります(500円くらい)。街中で履いているような靴だと冬季はとんでもなく、危険です。

温泉池までの道のりは最初と最後に階段が少しある以外はゆる~い坂です。運動不足自慢の僕でもへっちゃら。ただ、ご高齢の方にはきつかったようです。ただ道を踏み外すと命の保証が出来ない斜面が連続します(だから日常履きの靴は冬季厳禁レベルです)

温泉地自体は小さいです。

また、野生の猿なので、行動が読めません(僕は何もしていないはずなのに、猿に2回、どつかれました)

尚、入り口から温泉池までの間はトイレなどの休憩箇所はありません。

寒い日以外は猿は温泉池には入りませんし、規模としてはかなり小さいので、評価が分かれるのでは、と思います。

5.01 か月前

すぐそばにお猿さん!

近くのスポット

約11.9km
約21.6km
約25.7km
約32.8km
約37.7km
約45.3km
約46.3km
約46.9km
約48.3km