2018/12/1~5/6 サル山温泉 in 函館

北海道のイベント情報


2018/12/1~5/6 サル山温泉 in 函館3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2018年12月1日 ~ 2019年5月6日

北海道函館市湯川町3-1-15 函館市熱帯植物園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

北海道函館市、湯の川の温泉街の一角に、冬の風物詩「サル山温泉」が人気の函館市熱帯植物園があります。
屋外の運動場をのびのびと走りまわるニホンザルたちは、現在約90頭。
冬の間はサル山のプールに温泉が入れられ、お湯につかってのんびりくつろぐ姿が話題を集めています。

ニホンザルの北限は青森県だと言われていて、元々暖かい地方で暮らしていました。
今は札幌をはじめ、道内のあちこちの動物園で飼育されていますが、北海道の自然界には存在しないサルなのです。
幸い湯の川の温泉街が湧き出していたから、サル山に温泉浴槽を作りました。
ただ人間と少し違うのは、熱めの湯が好きなので、函館市熱帯植物園の『サル山温泉』の湯温は50度の源泉を41~42度に調整しています。
サルは温泉に入る前に手を浸し、湯加減を確認してから入ります。
12月〜ゴールデンウィークまで(年末年始は休園)、『サル山温泉』を実施しています。
受付では100円でエサを販売しています。
函館の温泉に浸かっているサルは全国的に有名になり、人気スポットです。

料金:大人:300円、小中学生:100円、幼児無料
開園時間:11~3月 9:30~16:30 ※12月29日(木)~1月1日(日)は休園 4~10月 9:30~18:00
所在地:北海道函館市湯川町3-1-15
場所:函館市熱帯植物園
交通:JR函館駅前から函館市営バス函館空港行き、日吉営業所方面行きで17分、熱帯植物園前下車、徒歩3分
車:函館空港から3.2km(6分)
駐車場:133台/無料

目的アクセス良好,ゲラゲラ爆笑,子供サイコ―,家族向け,日本のリゾート,日本の冬を感じる場所,温泉,観光
最寄り空港/駅函館駅 (約5.2km) Google Transit

口コミ

3.03 か月前

平日の午前中に来館。人は少なくゆっくり見れました。入口から左に猿山、右に足湯(午前中はやってないのかな?)、正面に温室。温室内は多様な植物の他にも鳥や亀や魚もいます。また、猿山の歴史等も写真付きで展示していたり、花の絨毯の様に見える撮影スポットがあったり、ユニークな水飲み場があったりと、規模は大きくないが大人でも楽しめます。温室の奥に水の広場の様な施設もありましたが、来館当時は水もなくやっていないようでした。

4.02 週間前

おサルさんが温泉に気持ち良さそうに入ってるのを見るだけでホッコリします。
餌を貰おうとアピールするおサルにビックリ 、すごいジャンプを見せたりします。
植物園がちょっと寂しいかな。

4.02 か月前

料金が安い割に、時間を潰すには最適。
サル山を見ることができ、餌やりもできます。少々匂いが気になりますが、動物なので割り切った方が良いです。
植物だけではなく、鯉やピラニアなどの魚も見ることができ、これといったコンセプトはなく、本当に環境について考えさせられます。

2.02 週間前

温泉猿はかわいいです!
わざわざ観に行く価値ありかというと…
市営で頑張っているので、湯の川に行く機会があったら、寄ってあげてください。

5.0過去 1 週間以内

温泉に浸かる猿が見れます。
長野の地獄谷温泉の市街地版です。
函館空港から近いし、入場料300円と安いのでおすすめ。