2019/12/1~5/6 サル山温泉 in 函館

北海道のイベント情報


2019/12/1~5/6 サル山温泉 in 函館3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年12月1日 ~ 2020年5月6日

北海道函館市湯川町3-1-15 函館市熱帯植物園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

北海道函館市、湯の川の温泉街の一角に、冬の風物詩「サル山温泉」が人気の函館市熱帯植物園があります。
屋外の運動場をのびのびと走りまわるニホンザルたちは、現在約90頭。
冬の間はサル山のプールに温泉が入れられ、お湯につかってのんびりくつろぐ姿が話題を集めています。

ニホンザルの北限は青森県だと言われていて、元々暖かい地方で暮らしていました。
今は札幌をはじめ、道内のあちこちの動物園で飼育されていますが、北海道の自然界には存在しないサルなのです。
幸い湯の川の温泉街が湧き出していたから、サル山に温泉浴槽を作りました。
ただ人間と少し違うのは、熱めの湯が好きなので、函館市熱帯植物園の『サル山温泉』の湯温は50度の源泉を41~42度に調整しています。
サルは温泉に入る前に手を浸し、湯加減を確認してから入ります。
12月〜ゴールデンウィークまで(年末年始は休園)、『サル山温泉』を実施しています。
受付では100円でエサを販売しています。
函館の温泉に浸かっているサルは全国的に有名になり、人気スポットです。

料金:大人:300円、小中学生:100円、幼児無料
開園時間:11~3月 9:30~16:30 ※※12/29~1/1は休園 4~10月 9:30~18:00
所在地:北海道函館市湯川町3-1-15
場所:函館市熱帯植物園
交通:JR函館駅前から函館市営バス函館空港行き、日吉営業所方面行きで17分、熱帯植物園前下車、徒歩3分
クルマ:函館空港から3.2km(6分)
駐車場:133台/無料

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的アクセス良好,ゲラゲラ爆笑,子供サイコ―,家族向け,日本のリゾート,日本の冬を感じる場所,温泉,観光名所
最寄り空港/駅函館駅 (約5.2km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

2泊3日の函館旅行最終日、出発便までの時間があまりなくて遠出はできないため、宿からも近くて空港に近いこちらへ。
けっこう広くてプールもあり、地元の方々に親しまれている感じのほのぼの系。
入口にお猿さんがたくさんいて、エサを投げてみたけど、あまりお腹空いてないのか、美味しくないのか、取り合って食べる様子はなし。朝食後だったのかな?
植物はけっこう豊富できれいで楽しめました。
植物園独特の熱帯系植物の出すムワンとしたあの匂いが好きで、大昔は天王寺公園の植物園によく行きましたが、無くなって以来の久しぶりの感覚。あーナツカシ。
プールは浅いみたいでヨチヨチのベビーも安心な水あそび。家族でまったり1日遊ぶなら安上がりでいいところ。

5.0過去 1 週間以内

植物園内に猿がいたので見に行きました。猿専用の餌を有料で与えられるようなので購入し、あげてみると色々な個性を持つ猿がいるように見えました。とてもありらしく面白いですが、やはり動物なので特有の臭いは多少あります。
熱帯植物館には暑く湿度が高い地域、暑くて乾燥した地域の様々な植物が植えられています。所々にある池には鯉、亀(アカミミガメ)が飼われています。あと、鳥もいます。
ここにはピアノを自由に弾けるスペースや休憩スペースが設置されていました。

4.02 か月前

夕方の時間帯は混んでなくて過ごしやすいです。
真夏の屋内は暑くていられませんが、9月に入るとちょうど良い。
遊具があと2つくらいあると良いな。
モーターカーが1回50円で楽しめます。
夏場は水遊びができるので、水を見たら入りたがるお子さんがいる場合、着替えやタオル必須です(目的が水遊びでない場合、水遊び場を見ないでモーターカーを遊ぶのは難しいかな…)。

4.02 か月前

20年ぶりかな?の訪問です。(土)の昼でしたが人も少なく無心に猿に、おやつあげてました。おやつは100円で以外に量が多いです。猿も個性があって、ちょうだいのアクションが面白い。
地元の方は園内にある小さなプールで子供だちを遊ばせてました。

4.03 か月前

なかなかチープな植物園。亜熱帯の植物が北の函館と言うのも意外だが、それより園内すぐにある猿の飼育場?そこそこの広さがあり温泉の風呂?プール?があり冬には皆が暖をとるようになっている。
100円で餌を購入でき与える事が出来るのだがその猿達が凄い。手を叩いてこっちにくれ!っと猛アピール&ナイスキャッチ。
そんな高所でそれキャッチするの・・与える方がドキドキする。再度餌を購入してしまう。