2019/2/2~2/3 京都八坂神社節分祭

京都府のイベント情報


2019/2/2~2/3 京都八坂神社節分祭3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年2月2日 ~ 2019年2月3日

京都府京都市東山区祇園町北側625 八坂神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

八坂神社は京都府京都市東山区にある神社です。
全国にある八坂神社の総本山で「祇園さん」の通称で呼ばれます。
毎年2月に、2日間にわたって盛大に京都ー、華やかな節分祭が行われます。
先斗町歌舞会、宮川町歌舞会、祇園甲部歌舞会、祇園東歌舞会の4つの花街の芸妓(げいこ)と舞妓(まいこ)が華やかに着飾って舞踊を奉納した後、1年の無病息災などを願って、境内(舞殿)で芸妓や年男・年女は「福は内」の挂け声とともに小袋に入った豆を撒きます。
奉納行事の時は写真を撮影していた人達も、この時ばかりは豆を手に入れようと手を差し出し、大いに盛り上がります。
祇園獅子舞と太鼓の奉納、祇園・四条の両参道商店街でも豆まきがございます。
抽選券付きの福豆(300円)や串札(1,000円)の授与や甘酒の接待(有料)もあります。
また八坂神社境内の常磐新殿喫茶室では「厄除けぜんざい」をいただけます。

日時:2019年2月2日~2月3日(日)

豆撒き
午後1時 先斗町歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男・年女による豆撒き。
午後2時 弥栄雅楽会舞楽奉納後豆撒き。
午後3時 宮川町歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男・年女による豆撒き。
午後4時 祇園・四条の両参道商店街による豆撒き。

3日(節分祭当日)
午前11時 今様奉納、今様奉納者による豆撒き。
午後1時 祇園甲部歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男・年女による豆撒き。
午後3時 祇園東歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男・年女による豆撒き。
午後4時  祇園・四条の両参道商店街による豆撒き。

料金:境内無料
場所:八坂神社
住所:京都府京都市東山区祇園町北側625
交通:■京阪「祇園四条駅」より徒歩約5分
   ■阪急「河原町駅」より徒歩約8分
   ■JR「京都駅」より車で約15分
   ■JR「京都駅」より市バス206系統「祇園」下車、すぐ

写真提供:八坂神社

目的お祭り大好き,アクセス良好,パワースポット,体験,家族向け,神社・寺,観光
最寄り空港/駅祇園四条駅 (約0.6km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

清水さんと並び京都観光のメッカでしょう。私も京都に行く度に必ず訪れる場所のひとつです。日中と、夜と雰囲気が違うので楽しめます。
こちらの主祭神は素戔嗚命と櫛稲田媛命、素戔嗚命の子供神です。素戔嗚命は牛頭天王と同一視されている神です。摂社末社には大国主命、事代主命など、多様な神を祀っています。基本的には出雲系の神を祀っています。美御前社には宗像三女神を祀っており、女性のかたはお参りされてはいかがでしょうか。ちなみに三女神の末娘は市杵島比売命で、広島の厳島神社の主祭神と同一です。
祇園という観光客が集まる場所なので、神社の清廉な空気感はあまり感じられませんが、朱塗りの拝殿で手を合わせるのも乙なものです。御朱印は祇園社のものが手書きとなります。週末はかなりの方が並ぶので、最低20分くらいかかると考えておいた方がいいでしょう。

4.02 週間前

とても綺麗で行ってよかったと思った。
ただ、自転車を持ち込んでしまった外国人観光客への注意の仕方が非常に厳しく、正直引いた。もっと立て看板などで呼びかければいいものを、言葉がわからない人々に怒鳴りつけて出ていけと言うのはどうかと思った。神社自体には不満はなく良かったので★4

4.02 週間前

有名所の雰囲気は味わえます。ここの桜を見る度に、病院で管だらけになってただ生きてるだけの年寄りを連想し、これはある種の虐待だろ、と思ってしまいますw 自然の摂理に従って朽ちていこうとするのを人間のエゴで無理に生き長らえさせてる訳ですからww

5.0過去 1 週間以内

祇園正面にある言わずとしれた神社です。
若い人が多いのも特徴かも?

御朱印をいただくのに少し時間がかかります(ねずみの王国みたいなファストパスか欲しくなります)。

4.0過去 1 週間以内

色んな神さまがいたり、昔の情景を灯籠と立札の説明から読み想像できるのはすごく楽しい。
どんな悩みも、それ専門の神さまがおわしております。
恋みくじも素敵だし、露店もありますが、少し強面な方が経営しているところもありました。
多国の外国人も日本文化に興味をもっていただけているみたいです。沢山見かけました。日本人、外国人ともに着物を羽織っており、下駄の音と着物と神社のハーモニーが素敵でした