1/16 武射神事

京都府のイベント情報


1/16 武射神事3.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年1月16日 ~ 2020年1月16日

京都府京都市北区上賀茂本山339上賀茂神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

1月の京都では二つの大きな弓の行事、弓では有名な行事で成人の日の風物詩でもある通し矢と、武射神事という行事がおこなわれます。

京都で最古のお社とされる上賀茂神社で「破魔の儀式」として武射神事(むしゃじんじ)、古式ゆかしい伝統行事を執り行われます。
外幣殿前の芝生に長さ40m余りの射場を設け、狩衣に烏帽子姿の神職達が的を射て悪鬼祓除を行います。
鏑矢(かぶらや)の音によって魔性を退散させる蟇目(ひきめ)式による祓えの神事のあと、宮司以下神職が裏に「鬼」の字を描いた直径1.8メートルの大的に、2本ずつ矢を放って悪鬼を追放してその年の息災を祈願します。
神職が射る丹塗りの鏑矢は特有の音が響きます。
弓を射ることで1年の邪気を祓います。
その後、小笠原流近畿菱友会による大的式、百手式(ももてしき)の奉納も行われます。

開催期間:2020年1月16日(毎年同日)  10:30~12:00 ※奉射は11:00頃
開催場所:京都市 上賀茂神社
交通アクセス:地下鉄「北山駅」から市バス「上賀茂神社前」すぐ、またはJR「京都駅」から市バス約40分「上賀茂御薗橋」~徒歩5分
料金:拝観無料

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的伝統民俗,日本のリゾート,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅貴船口駅 (約5.3km) Google Transit

口コミ

5.03 週間前

葵祭でも有名な神社で世界文化遺産のひとつですが、電車の駅から徒歩でいける下鴨神社と比べるとバスか車でしか行けず、市内の北のはずれにあり今まで訪れたことがありませんでした。12月中旬の平日にやっと行きました。
上賀茂神社行きだけでなく京都産業大学行きのバスでも近くまで行くことができます。
3つの大きな鳥居がありますが、鳥居からまっすぐに本殿はなく入り組んでお祀りしてあります。広大な敷地には、いくつもの大小いくつものお社があり、川が流れ庭がひろがり、小さな山を登っていくとさらにまたお社があったり、境内かなり広いです。

境内無料ですが、「国宝・本殿特別拝観」が行われています。
料金は500円で当日本殿横で申し込みできます。
神職の方二名の案内で、神社の由来を建物中の絵をみながら
説明をうけ、軽くお祓いを受けたのち、本殿の中に入り、
本殿等の建物の説明を受け、本殿前にて参拝ができます。
その後、屋根の改修工事の現場を説明を受けながら見学し
ツアー終了です。
特別拝観をやっていない日時もあり、やっている日でも
本殿前で結婚式が行われていると、本殿前までは進めないそうで
年間700もの結婚式があるとのことで
本殿前まで行けるのは二週間に一度くらいの確率と言われていました。
この特別拝観以外だと、年始5日間の参拝のみになるそうです。
非常に貴重なツアーで丁寧にいろんな説明もして下さるので
ほんとうにお勧めです。

この特別拝観での説明を受けて、
すっ飛ばしていた小さなお社をまわったり、
本殿の近くの橋のたもとにある縁結びの神様にお参りしたり、
手を洗うお水が湧き水で、そのお水を使ってたてるコーヒー屋さんが
境内にあることを知ったり、
お清めの砂の由来を聞いたり、川沿いを散策し庭を楽しんだり、
せっかく遠くの神社まで来た甲斐がありました。

境内のコーヒー屋さん、神山湧水珈琲はテイクアウトのみですが、
お店の前方に木で囲われた円形の庭があり、そこにベンチがあり
そこへ是非と教えて頂き、ゆっくり鳥のさえずりを聞きながら
木々をみながら楽しみました。

また、境内の外、上賀茂神社前のバス停のところに
葵家やきもち本店があります。
京都駅の新幹線改札内でもお土産として売られていたりする銘菓で、
あっさりしたこし餡が入った薄い焼きもち(ノーマルとよもぎ)で、
日持ちは3-4日くらいしか持ちませんが、美味しくてお勧めです。
ひとつ150円くらいだったと思います。
本店ではその場で温めてもらってテイクアウトすることもできます。

4.0過去 1 週間以内

他の有名な神社よりアクセスが遠いせいか比較的に空いてた。歴史の古さは京都でも指折りですがとても綺麗に整備されてて雰囲気も良かったです。シーズン中は混むと思いますが、ここで静かな時間を過ごすせるのは格別です。敷地内に流れる小川が気持ちいい。

5.0過去 1 週間以内

京都市街から離れていますが、市バスの本数が多いので、お参りしやすいです。
一の鳥居の前にある「上賀茂神社前」は、バスや一般車のロータリーになっていて車の利用に便利。

山々の近くに鎮座しているだけあって、古来の自然や神社の雰囲気が色濃く残っているように思えます。
一の鳥居を通れば、神域に足を踏み入れたという高揚感が湧いてきました。そして神門を通り、本殿を目の当たりにし、暫く恍惚としてしまいました。

その一方で、アニメとのコラボやコーヒーショップの開業など、時代の変化にも順応しています。ですが、いずれもやりすぎという感じではありません。

京都市内の神社では一番好きかもしれません。
年末年始は休止されてますが、機会があれば本殿の特別参拝に参加したいです。

5.0過去 1 週間以内

上賀茂神社。
 家族旅行で上賀茂神社に行った。京都駅から車で30分くらいかかったか。
 行ったのは、8月上旬の夕方。見学者は少なく、すいていた。
 神社なので見学は無料。神社は見学しても、基本無料なのがありたい。
 駐車場がかなり広く、数十台は停められると思う。境内も広々としている。
 境内に進むと、片岡橋という小さな橋の朱色の欄干(らんかん)がかわいらしく、また趣深い!!!
 立砂(たてずな)という円錐形の砂山が面白い!!! ご神体の神山(こうやま)を模したものらしく、神が降臨する場所だそうです。

4.02 週間前

「上賀茂神社」と「下鴨神社」には、関係があるのかないのかすら知らずに参拝してしまいましたが、両社はもともと一体で、古代賀茂氏の氏神であり、当社には賀茂別雷命、のちに下鴨神社に玉依媛命(賀茂別雷命の母)と賀茂建角身命(祖父)が祀られたとのこと。とにかくこの地域がカモ氏のものであったことがわかります。

国宝・重要文化財を擁する、旧官幣大社である両神社は、比較的便数の多いバス路線で結ばれており、効率よく(というのも失礼か)参拝することができます。