2019/11/1~3/17 兼六園の雪吊

石川県のイベント情報


2019/11/1~3/17 兼六園の雪吊3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年11月1日 ~ 2020年3月17日

石川県金沢市兼六町1-4 兼六園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

雪吊は単に木を丈夫にするだけではなく、その姿は冬の金沢の象徴でもあり、とても風情を感じるものなのです。

水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の1つ、特別名勝「兼六園」では、北陸地方特有の重い雪による雪害から樹木を守るため、毎年11月1日 から雪吊りを実施しています。
作業は1ヶ月間になります、まずはシンボルの唐崎松からはじめます。
唐崎松高さ9.0m、枝張り20.0m、幹周り2.6m 、園内随一の枝ぶりを誇るこの松は、5本の芯柱が建てられ、総数約800本の縄で枝を吊ります。
兼六園の庭師(5名)が中心となり、延べ500人の庭師さんが12月頃まで約1ヵ月かけて、唐崎松、巣籠り松など54本、根上松、播州松など60本、ツツジなど700ヵ所に施していきます。
合計814ヶ所の雪吊りがあり、北陸の冬の風物詩を観賞いただきます。

なお、雪吊りの取り外しは、3月15日頃から約1週間で完了します。
「唐崎松」を一番最後に取り外し、北陸の春を迎えます。

また、夜間無料開放される兼六園(17:30から)と金沢城公園をライトアップ。
ライトアップ 秋の段
日 程  2019年11月2日(土)〜24日(日)
時 間  17:30~20:45
入園料  無料

石垣や園内の木々が雪明かりに照らされて、一帯が幻想的な雰囲気になり、雪吊りも池に反射してキレイです。
●金沢城・兼六園 四季物語 冬の段:2020年2月1日~19日(予想) 17:30~21:00


園内雪吊りの種類と本数等
・りんご吊り(唐崎松、巣籠り松ほか)  54 本
・幹吊り (根上松、播州松ほか)     60 本
・その他 (ツツジほか)         700 箇所

住所:石川県金沢市兼六町1-4 兼六園
入園料:大人320円、小人(6歳〜18歳未満)100円、6歳未満及び65歳以上無料(証明書要)
    12月31日から1月3日までの年末年始無料開放。(大晦日から元旦にかけては夜間も開放されています)
交通:JR「金沢駅」から路線バス「兼六園下・金沢城」・「広坂・21世紀美術館」下車
車:北陸道金沢西ICより30分
駐車場:482台(1時間350円、以降30分150円)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的インスタ映え,伝統民俗,夜景,日本の冬を感じる場所,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅金沢駅 (約2.2km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

紅葉の時期でもない年末の雪も降っていない曇りの日に訪れたせいか、コレジャナイ感しか受けませんでしたが、日本三名園の一つに訪れることができたということで星5つ。
木々が雑然と林立しすぎており、見どころがどこかハッキリしません。
苔だけはとてもきれいでした。

やはり、雪か紅葉の時期に訪れた方がよいのでしょう。

5.01 か月前

四季折々の風景が全て超一級品です。
散策はゆっくり歩いて小一時間。
近くには金澤城や21世紀美術館もあり、一寸足を延ばして長町武家屋敷跡やひがし、にし、主計町茶屋街へ行くと町全体の風致が保たれており、武家時代からの風土・風情が肌で感じられます。

4.03 週間前

金沢定番の観光スポット。
金沢城公園や周辺の観光施設も含めれば、一日では到底見切れないほど広いです。
「北鉄バス1日フリー乗車券」(500円)や「兼六園+1利用券」などお得なチケットがあります。

5.03 週間前

日本で一番の庭園だと思います。単なる庭園だと思ってましたが、何回かリピートしてしまいました。公園内の空間はどれも整然としていて、整っています。空間美というのでしょうか。兼六園の持つ美しさに圧倒されます。

5.01 か月前

『壮大な日本三大庭園の一つ』

ちょうど秋の紅葉がなっていて風情がありました。(11月19日)

とてもスケールが大きい庭園で見るところがぎっしりつまっています。

金沢に行けば、行く価値g十分にあります。

おすすめします。