2019/11/1~3/17 兼六園の雪吊

石川県のイベント情報


2019/11/1~3/17 兼六園の雪吊3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年11月1日 ~ 2020年3月17日

石川県金沢市兼六町1-4 兼六園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

雪吊は単に木を丈夫にするだけではなく、その姿は冬の金沢の象徴でもあり、とても風情を感じるものなのです。

水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の1つ、特別名勝「兼六園」では、北陸地方特有の重い雪による雪害から樹木を守るため、毎年11月1日 から雪吊りを実施しています。
作業は1ヶ月間になります、まずはシンボルの唐崎松からはじめます。
唐崎松高さ9.0m、枝張り20.0m、幹周り2.6m 、園内随一の枝ぶりを誇るこの松は、5本の芯柱が建てられ、総数約800本の縄で枝を吊ります。
兼六園の庭師(5名)が中心となり、延べ500人の庭師さんが12月頃まで約1ヵ月かけて、唐崎松、巣籠り松など54本、根上松、播州松など60本、ツツジなど700ヵ所に施していきます。
合計814ヶ所の雪吊りがあり、北陸の冬の風物詩を観賞いただきます。

なお、雪吊りの取り外しは、3月15日頃から約1週間で完了します。
「唐崎松」を一番最後に取り外し、北陸の春を迎えます。

また、夜間無料開放される兼六園(17:30から)と金沢城公園をライトアップ。
ライトアップ 秋の段
日 程  2019年11月2日(土)〜24日(日)
時 間  17:30~20:45
入園料  無料

石垣や園内の木々が雪明かりに照らされて、一帯が幻想的な雰囲気になり、雪吊りも池に反射してキレイです。
●金沢城・兼六園 四季物語 冬の段:2020年2月1日~19日(予想) 17:30~21:00


園内雪吊りの種類と本数等
・りんご吊り(唐崎松、巣籠り松ほか)  54 本
・幹吊り (根上松、播州松ほか)     60 本
・その他 (ツツジほか)         700 箇所

住所:石川県金沢市兼六町1-4 兼六園
入園料:大人320円、小人(6歳〜18歳未満)100円、6歳未満及び65歳以上無料(証明書要)
    12月31日から1月3日までの年末年始無料開放。(大晦日から元旦にかけては夜間も開放されています)
交通:JR「金沢駅」から路線バス「兼六園下・金沢城」・「広坂・21世紀美術館」下車
車:北陸道金沢西ICより30分
駐車場:482台(1時間350円、以降30分150円)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的インスタ映え,伝統民俗,夜景,日本の冬を感じる場所,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅金沢駅 (約2.2km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

景色がとてもいい。カラスやトンボさえも映える。
時雨亭では、お茶菓子や抹茶、煎茶を楽しめる。お茶を飲みつつ時雨亭に関する小話も聞くことができる。また、金沢の焼物でできた器でお茶や菓子が出てきたり、時雨亭を復元した部屋も見学ができ、ゆっくりできる。
所々にベンチや石があり、休みながら見られるのも良い。
売店やちょっとした休憩所もちらほらとあり、見て回るにはとても良い。

5.01 か月前

言わずとしれた、日本3名園の一つ。
雨にも関わらず多くの観光客で賑わっていた。
特に霞ヶ池、コトジ灯籠は必見。

特にその池の周りに見どころが数多く点在する。

池を中心として見る角度により、まるで別の庭園のような景観が楽しめる。

加賀100万石のまさに見処多数の必見の庭園です。

5.02 週間前

兼六園はそこそこで、近くの観光物産館?みたいなところがすごく楽しかったです。和菓子作りがもう一回やりたい。小学生の娘と参加して大喜びしてました。あと締めだいこ作りもして可愛いのができました。

5.0過去 1 週間以内

日本三大庭園の1つです!
後楽園と違って、
高低差があり、
少し狭くコンパクトに纏められた庭園ですね!
朝のうちに、
ゆっくり時間を掛けて、
散策するのがベスト!

季節により、違う景色を味わえます。
1年中四季折々の植物が花を咲かせ、
雨天時さえも、画になります!

足繁く通いたい庭園です!

4.01 週間前

奥にある時雨亭では、素敵なお茶室で、抹茶か煎茶を飲むことができます。お菓子付きです。
お値段は抹茶800円ほど、煎茶300円ほど。
中は復元された建物ですが、とても風情があり素敵です。

お客さんを時間ごとに区切って入場する形でした