2021/2/3 火伏せの奇祭 米川の水かぶり(神事のみ)

宮城県のイベント情報


2021/2/3 火伏せの奇祭 米川の水かぶり(神事のみ)3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年2月3日 ~ 2021年2月3日

宮城県登米市東和町米川 五日町市街地

2021年は神事のみ執り行われ、付帯行事は行われません。
例年同様のイベントは中止し、シャトルバスも運行しません。
米川地区外から観覧においでの方は、マスクを着用し、本部受付で検温など健康チェックを受け、連絡先を記入していただきます。「受付済証」のシールを配布いたしますので、見える場所に貼っていただき、観覧をお願いします。
また、神事の様子は米川地域おこし協力隊フェイスブックでライブ配信を予定しており、後日、ユーチューブの米川チャンネルでも動画を公開します。
--------------------------------------------------------------
県北部に伝わる代表的な火伏せ行事として800年以上も伝わる「米川の水かぶり」が、毎年2月の初午の日に行われます。
当日の朝、地区内に住む若者や厄年の男衆二十数人が「あたま」と「わっか」と呼ばれるわら装束に身を包み、顔に鍋墨を塗って神様の使いとなり、「ホーホー」と奇声を上げながら各家の前に用意された水をその家にかけ回りながら、町中を南から北へと走り抜けます。
男衆が身に付けているしめ縄のわらを抜き取り、屋根に上げると火伏せのお守りになるとされます。
2000年に、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
2018年に、ユネスコ無形文化遺産登録された「来訪神 仮面・仮装の神々」10行事のひとつです。

<イベント会場> 法輪山大慈寺境内(登米市東和町米川町下56)
出発地となる大慈寺境内の広場では、豚汁の振る舞い、特産品販売などが行われます。
<当日スケジュール>
8:00頃 水かぶり宿にて藁装束の準備(見学可)
9:30 市内伝統芸能の披露(津山創作太鼓、佐沼鹿踊、横山火伏獅子舞)
10:10 水かぶり開会行事
10:20 交通規制開始
10:30 宿出走
11:15 市内伝統芸能第2部公演

開催日:令和3年2月3日(日)<毎年2月初午(はつうま)の日>
開催場所:宮城県登米市東和町米川 五日町市街地
交通:三陸自動車道・登米東和ICより車で約15分。

<近隣の無料駐車場>
米川公民館、JA町下倉庫、テクノ工房赤松など
(会場周辺は10:20~11:30の間は交通規制が入ります)

<無料シャトルバス>
《行き》登米市役所迫庁舎前出発 → 大慈寺前
《帰り》大慈寺前 → 登米市役所迫庁舎前

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,ゲラゲラ爆笑,パレード,伝統民俗,日本の冬を感じる場所,男性好み,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅石巻駅 (約37.1km) Google Transit