2019/2/9~2/11 東京タワー台湾祭2019新春

東京都のイベント情報


2019/2/9~2/11 東京タワー台湾祭2019新春3.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年2月9日 ~ 2019年2月11日

東京タワー 屋外特設会場(南側駐車場)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

過去2回開催し、累計で約19万人が来場した国際交流フェスティバル『東京タワー台湾祭』が大・大・大盛況でした。
3回目の開催となる今回も、美味しさを極めた台湾の美食が集結。
東京タワーで「台湾の旧正月」をイメージした装飾のもと、台湾の「芸能・文化・美食」の魅力を十分に感じられます。
東京タワーの麓で、本格の台湾グルメや家庭料理を思う存分味わうことができます。
台湾のアーティスト・芸人、また由来のある日本のアーティストも参加し、舞台を台湾色で盛り上げます。
新春特別企画として、東京タワーで台湾の旧正月にランタンが舞います

■日 時: 2019年2月9日(土)~11日(月・祝)
         9日(土)17:00~21:00
       10日(日)11:00~21:00
       11日(月)11:00~18:00
      ※ラストオーダー:終了時刻の1時間前
■会 場: 東京タワー駐車場内特設会場
■入場料: 高校生以上500円、中学生以下無料
      ※飲食代金等別途
      ※高校生以上のお客様には入場料として、ドリンクチケット(3杯分)がついた
       「お年玉クーポン付き入場券」をお求めいただきます。
最寄駅:神谷町駅(徒歩7分) / 赤羽橋駅(徒歩5分) / 御成門駅(徒歩6分) / 大門駅(徒歩10分) / 浜松町駅(徒歩15分)

目的お祭り大好き,アクセス良好,グルメ,女性好み,家族向け,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅神谷町駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

建築物として、そのトラス構造の塔は造形美を感じる。
日本電波塔株式会社が建築主。
設計者・内藤多仲、日建設計。(内藤多仲は「耐震構造の父」と評され、この東京タワーの後二代目の通天閣等の塔設計に多数携わり「塔博士」とも呼ばれた。)
施工・竹中工務店。
1957年(昭和32年)着工、1958年(昭和33年)竣工。
塔高・333m。標高18mの地盤高に建つ。
2013年(平成25年)国の登録有形文化財に指定。

基礎地盤を見るとレベルではなく、丘陵地の緩やかな斜面で、基礎の位置の高さが異なる。

徳川家の菩提寺であった芝増上寺の墓地があった土地で、緩い丘陵地になり、高層建築に重要な要素の基礎を打ち込む強固地盤・東京礫層地盤が他より浅い位置に確認される場所であった。
また周囲に国の中枢行政機関・メディア機関などが近く、観光地などもあるため、ハード・ソフト面での立地が良かった場所であった。

今は放送電波塔として、第一線を退いたが江戸東京の風景の一部として、その姿を目にすると、大東京にいるなあと実感できる。

5.03 週間前

展望室は、最上階とメインと2段階構成です。登り方は、エレベーター、または外階段になります。私はお天気が良かったので、外階段を使いました。程よい風と、景色を見ながら、東京タワーに関するクイズを解きながら、気持ち良かったです。途中、塗装作業の方がいるのかと思ったら、作業の様子を再現するマネキンが何体かセッティングされて、最初はビックリしましたが面白かったです。

4.02 週間前

スカイツリーよりリーズナブルで、且つ見晴らしもよい。
最上階までいけば各人に案内のついた機器を無料で貸してくれるし双眼鏡も無料。
絶対こちらの方がお得

4.01 か月前

言わずと知れた東京名所のひとつ。
国内外の観光客も多く、賑わいを見せています。地上から150mのところまでは大人一人900円です。その上まで行こうと思うとセット価格で2,800円位でした。お土産売り場も綺麗にリニューアルされ、買いやすくなってます。タワーから見える夜景を楽しんでほしいです。

5.04 週間前

今年は60周年だそうです。
単純に60年前に命がけでこの建築に携わった方々が素晴らしいなと。いつ来ても、どこから見えても嬉しい建造物ですね。
平成最期の日もここに来ましたが、長蛇の列で上に登れなかった。