2019/3/3 淡嶋神社雛流し

和歌山県のイベント情報


2019/3/3 淡嶋神社雛流し3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年3月3日 ~ 2019年3月3日

和歌山県和歌山市加太118 淡嶋神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

全国にある淡島神社(淡嶋神社)・粟島神社・淡路神社の総本社で、女性の病気回復や安産・子授けの神様で知られる和歌山県和歌山市の淡嶋神社。
海の青を浮かび上がらせる南紀の日差しと、潮の香りが旅情を誘う和歌山・加太の海岸沿いにあります。
人形供養発祥の地、ひな祭りの発祥の地として信仰を集めてきた神社です。
人形供養の神社としても有名で、境内には供養のため毎年3、4万体もの人形が奉納されます。
無数の雛人形や市松人形、フランス人形が境内に隙間なく陳列され、境内一円に奉納された2万体ともいわれる無数の人形であり、その様はひとえに壮観です。
その他信楽焼の狸の置物や招き猫、福助人形、干支の置物なども所狭しと並べられています。
幻想の世界が目の前に広がり、神秘的な雰囲気に呑まれそうになります。

毎年3月3日には、お雛様を白木の舟に乗せて加太の海に流す雛流しの神事が行われます。
雛流しは藁や紙でできたものではなく、本物の雛人形を海に流しています。
全国各地から奉納された雛人形と願い事を書いた形代を3隻の白木の小舟に乗せて、宮司のお祓いののち、海に流します。

12時より開始される神事はこどもたちの歌の奉納から始まります。
奉納られる雛人形のうち、境内に約6000対の雛人形が置かれていてお祓いを受けます。
そして参拝、見学の人もお祓いをして、宮司によるお清めの神事が粛々と執り行われます。

海に流すための白木の船が準備され、桃の花や菜の花で装飾された3隻の船に、雛人形が1体ずつ丁寧に乗せられていきます。
およそ300体から400体の雛人形が3隻の船に乗っていきます。
船に雛人形と形代(お祓いをするときに人間の代わりとして使う紙の人形です。人形を奉納する際に願い事などを書き入れ一緒に奉納するもの。)の積み込みが終わり、さらに切麻散米(きりぬささんまい)でお祓いがされます。
雛人形が乗せられた船は1隻100キロほど、700mの距離を約30分で運んで、運ぶのは女性の参加者になります。
穏やかな海の桟橋まで時々お祓いをしながらたどり着きます。

13時10分ぐらいは雛流祭という神のもとへ送り出す儀式が始まります。
宮司の神事が終わると、船は海へ。
巫女により千羽鶴がまかれ、先導船により沖へと波にゆられていきます。
桟橋で宮司と巫女含めて、この光景を見送る人々は手を振ったり、手を合わせたり、涙を浮かべたり、水面の反射光とともに、華やかな雛人形たちはとても美しいが、哀愁もあるものとなります。

淡嶋神社の雛流しは毎年多くの人が訪れ、近畿地方では一番有名な神事。

日程 2019年3月3日(日)
開催時間 神事は12:00より
※開門9:00~閉門17:00
最寄り駅:加太・南海電車「加太駅」 から徒歩20分。

目的お祭り大好き,パワースポット,ビーチがある,大自然,子供サイコ―,恐怖スポット,神社・寺,観光,超メジャー
最寄り空港/駅加太駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

恋愛成就のパワースポット。

市松人形、ひな人形など多くの人形が境内に。3月3日のヒナ流し神事は必見。婦人病や安産にもご利益アリ。御朱印帳もここならではでカワイイ。

3.04 週間前

1月19日,今年初めてのミニツーリングです。加太の淡嶋神社までひとっ走りしました。神社は以前と変わりなく入り口に萬古食堂も健在でした。淡嶋神社沿の海岸線の道路を進むと通行止めになっていました。以前は通り抜けができました。

4.01 か月前

南海の加太(かだ)駅から歩いて20分くらい、人形供養で有名な神社の境内は、これでもか!とならべられた人形で圧巻、とても見ごたえがあります。
同じ種類の人形がかためられているみたいで、蛙さんばかり、たぬきさんばかり、七福神ばかりなど様々ですが、絵馬の後ろにひっそりと並べられ、かけられたお面は迫力があります。
参拝道には先田商店、満幸商店、魚市商店と美味しい海鮮を食べさせてくれるお店があるので、参拝がてら和歌山、加太の海の幸を味わっていかれたら、と思います。土、日、祝日のご飯時は混んでいてだいぶ待つので、順番待ちの紙に名前を書いて参拝すると良いですよ。

5.04 週間前

とにかく見応えがすごい! ずらっと並んだ人形の迫力。異世界に飛び込んだ感が半端ない。日が出てまだ明るいうちに行ったのに雰囲気が出ていてとても良かった。近くに来たら是非また寄りたいところのひとつ。今度は日が沈んでから来てみたい。

4.03 週間前

女性の神様で、特に婦人病などに御利益があります。
境内には沢山の人形が祀られており、3月3日には雛流しも毎年行われます。
他には針供養もされています。