4/14~4/15 春の高山祭

岐阜県のイベント情報


4/14~4/15 春の高山祭4.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年4月14日 ~ 2019年4月15日

岐阜県高山市城山

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

高山祭とは、東海地方の岐阜県高山市で春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」、二つの祭をさす総称です。
祭りの起源は1600年頃、屋台の起こりは1700年中頃とされており、「動く陽明門」とも形容される彫り物や金具など装飾の豪華さです。
「高山祭の屋台行事」として国の重要無形民俗文化財に指定され、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
京都の祇園祭や埼玉の秩父夜祭と並び、高山祭は日本三大曳山祭(屋台が登場する祭り)に数えられます。
日本三大美祭の一つにも数えられ、春・秋それぞれ20万人もの観光客が訪れます。

高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝(ひえ)神社(山王様)の例祭です。
毎年4月14日・15日、祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場。
同じ高山の屋台でも、山王祭の屋台は八幡祭の屋台より一回り大きいのも特徴です。
うち3台(三番叟・龍神台・石橋台)が演舞を披露する豪華絢爛なからくり奉納を行うほか、祭行事では賑やかな伝統芸能も繰り広げられます。

見所は御巡幸(祭行列)と屋台曳き揃えとからくり奉納です。

御巡幸は神輿(みこし)を中心に、獅子舞や闘鶏楽(とうけいらく)、裃姿(かみしもすがた)の警護など総勢数百名の大行列が町を巡ります。昔ながらの衣裳も必見です。

飛騨の匠の技を伝える「山王祭」の屋台は、12台が勢揃いして桜の咲く町並みの通りに曳き揃えられます。
高山のランドマークともいえる宮川と赤い中橋と屋台の風景に桜が加わることは大変貴重な撮影ポイントです。

からくり奉納の屋台は3台とも熟練の綱方が幾本もの綱を操って人形を操作する大変高度な技術を要するもので、生きているかのような人形の繊細かつ大胆な演技に圧倒されます。奉納は14日・15日とも午前と午後の1日2回です。

ちなみに14日夜だけの夜祭は、昼とは異なる幻想的な雰囲気が魅力。それぞれ100個もの提灯を灯した各屋台が町をゆっくりと巡り、順道場を過ぎると「高い山」という曳き別れ歌を歌いながら各屋台蔵へ帰っていきます。ゆらゆらと光の軌跡を描く提灯と、漆黒の町並みのコントラストは格別の美しさです。

開催期間 毎年4/14~15
会場名 日枝神社 他
住所   岐阜県高山市城山 他
アクセス JR高山駅より徒歩12分

写真提供:高山市

目的お祭り大好き,インスタ映え,グルメ,パレード,夜景,日本のリゾート,桜花見,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅高山駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

4.03 週間前

山王宮という名称も付いているようです。君の名は。の宮水神社のモデル候補だそうです。
木の量、太さ、植えている間隔がいいのか、差し込む光が素敵です。鳥居の赤と木の緑のコントラストが綺麗でした。
またとても太い木があります。
参道が2つあり、広い階段のほうと急で狭いほうとあります。
君の名は。のモデルとしては、狭い階段のほうが雰囲気が出ていると思いました。こちらは、鳥居に対して直線的に登っています。
また飛騨古川にも気多若宮という神社があり、こちらは君の名は。で背景として確実で、モデルとして有力だそうです。

4.03 週間前

市内から少し離れているので 静かで良いところに有りますね。
令和初日に行きました。
すがすがしい気持ちになりました。
雨が降っていたのですが 緑が綺麗なのと 樹齢何年かはわかりませんが 大きな木に圧倒されました。

4.01 週間前

市内の八幡神社に比較すると地味ですが、静けさの中に荘厳な思いに満たされます。今の季節には若葉が秋には紅葉がとっても見応えがあります。

1.0過去 1 週間以内

3時半過ぎになっていましたが、御朱印を書いてもらうため駐車場に入ったのですが、担当者居なくて神社に行って下さいと言われて行きました。駐車料金はと聞くと、きっぷを切ったので下さいと言われて400円払いました!神社に行って御朱印を書いてもらうことができましたけど・・・

5.0過去 1 週間以内

ここは大好きな場所のひとつ。
お日柄が大安と一粒万倍日だったので
御朱印も頂き
御籤もひいたら大吉でした☆

御朱印にあるのは
可愛いお猿さんみたいです(・▽・)