4/12~4/15 日吉山王祭

滋賀県のイベント情報


4/12~4/15 日吉山王祭3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年4月12日 ~ 2021年4月15日

滋賀県大津市坂本 日吉大社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2021年度、新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、神輿渡御を自粛し、神籬(ひもろぎ)【御幣(ごへい)】を依代(よりしろ)として山王祭を斎行致すこととなりました。
併せまして大榊の行事(3/27、3/30、4/3)につきましても、密集を避ける為、松明(たいまつ)やかがり火は使用せず、神職と関係者のみで厳粛に神事と渡御を執り行います。
大榊や神籬の渡御を行う時間帯や通行路については、できる限り従来に近い形で行う予定。

※本年は神輿渡御を行わず、神輿の代わりに神籬(ひもろぎ)【御幣(ごへい)】を依り代とし、御幣捧持(ごへいほうじ)は山王祭実行委員会有志が奉仕致します。
※従来駕輿丁が奉仕する神事には、山王祭実行委員会有志として参列致します。(10名前後)
※大榊にかかわる夜の神事(3/27、3/30、4/3)では「かがり火」「松明(たいまつ)」は自粛し、灯りは提灯のみを使用して、従来通りに斎行致します。
実行委員会有志、自治会長有志(坂本学区)の方には、各出発・到着の神事にご参列頂き、道中は神職関係者のみで渡御致します。
沿道でのかがり火のお迎えもお控え頂ければ幸いです。
※4/14大榊還御は榊宮~西本宮まで従来通りに神職関係者のみで渡御致します。
※4/14神輿神幸は神籬を車に奉安して従来の道を車で渡御致します。
 (午後2時日吉大社出発予定)
※4/14神輿還御は神籬を車に奉安して従来の道を車で渡御致します。
 (午後4時若宮港前出発予定)
※各神事の間、自主交通規制を行う場合がございますので、ご協力をお願い致します。
-----------------------------------------------

湖国三大祭の一つ、春を告げる一大祭典。
山王祭は、神々が鎮座した由来を神輿で再現し、天下泰平と五穀豊穣を願う、1200年以上の歴史を有する天下の勇祭。
日吉大社 山王祭まずは、3月1日 10:00 神輿上神事(みこしあげしんじ)から始まります。
日吉大社 山王祭では、日吉大社の発祥の地とされる奥宮に神が降臨されるとされいるから、奥宮に神輿を担ぎ上げる神事です。
氏子や比叡山高、北大津高の野球部員ら約300人が、重さ約1トンのみこし2基を八王子山(標高381㍍)山頂付近にある社殿まで急傾斜の山道を約1時間かけて駆け上がり、担ぎ上げます。
社殿に納められた2基にはそれぞれ牛尾宮(男神)、三宮宮(女神)が宿り、約1カ月間お見合いをします。

その後は本祭期間中には7基(1基1500kg)の神輿が登場し、牛尾山(八王子山)山上から神輿を担ぎ下し、神様の結婚式を表現した「午の神事」や、クライマックスの御子神出産の儀式である「宵宮落とし神事」、琵琶湖上を渡御する「船渡御」など、歴史絵巻さながらの行事が繰り広げられます。

開催期間:※毎年4月12日〜4月15日
開催場所:滋賀県大津市坂本 日吉大社
交通:
・JR湖西線「比叡山坂本駅」下車、徒歩約20分。
・京阪石坂線「坂本駅」から徒歩10分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,スリル満点,パレード,パワースポット,伝統民俗,山登り,男性好み,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅八瀬比叡山口駅 (約5.2km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

静寂があって好きな場所です。
色々神社行きましたが、かなり好きなところの一つです。
鳥居をくぐってから、いかに空気感が変わるかが好きさの基準の一つですが、ここは境内自体に静寂があって、心静かにお参りできます。
そうした意味では、紅葉などの人気の期間は外した方が魅力がわかるかも。
近くのパン屋さんもハードブレッド好きにはオススメ。

5.01 年前

さすが総本宮、雰囲気違います。

5.03 週間前

広い境内でした。パンフレットを見ながら参拝して7番目だったと思いますが急な山道を歩いて約40分。休憩したのでちょっとかかりましたが慣れた方や若い方は30分で行けると思います。そこから見える景色はとても素敵でした。
入山料がひとり300円かかりますが駐車場はかかりません。
全部周るのに約3時間?ほどかかりましたがとても良かったです。ゆっくり時間をかけて参拝してみてくださいね。

5.01 か月前

崇神天皇7(BC91)年に創祀された神社で、全国3,800余の日吉・日枝・山王神社の総本宮になります。国宝の西本宮、東本宮の2柱の神を主祭神とし、神体山の八王子山と13万坪の境内にある数々の社殿を総じて「日吉大社」と呼びます。なお、 全国3,800の分霊社では「日枝」「日吉」「山王」「八王子」「樹下」やその土地の名前など様々な社号が使われているそうです。

社名の「日吉(ヒヨシ)」は古くは「日枝」・「比叡」と書き「ヒエ」と呼ばれていましたが、平安時代頃より「エ」の文字を縁起の良い「吉」に替えるようになり「ヒヨシ」という訓みも使われるようになりました。 鎌倉時代以降は「日吉社」と表記するのが一般的となり、明治時代には「日吉神社(ヒエジンジャ)」が公称となりました。 そして、終戦後に全国各地の分霊社と区別するためと、ここが総本宮であることから「神社」を「大社」と改め、訓みもより親しみのある「ヒヨシ」とし「日吉大社(ヒヨシタイシャ)」となったそうです。

一般的には本殿の前や境内の入口などにいる「獅子」と「狛犬」が日吉大社では本殿の上(回廊の部分)にいます。向かって右が「獅子」、左が「狛犬」になります。 本来、獅子・狛犬は本殿の中で神様を守っていましたが、時代を経ると本殿の上に置かれ、本殿も守護する意味合いが生れました。更に時代を経ると、境内全体の守護のため本殿の前、境内入口などに置かれ、雨ざらしになるため木製から石造りになったそうです。

日吉大社には、神馬舎(しんめしゃ)ならぬ神猿舎(まさるしゃ)があり、2匹の猿が飼育されています。

【主祭神】西本宮:大己貴神(おおなむちのかみ)、東本宮:大山咋神(おおやまくいのかみ)

5.01 か月前

紅葉ライトアップ午後5時~午後8時30分時間帯は参拝無料、夕方同じく拝観無料の西教寺とセットで周ると二重にお得でご利益が感じられた、日中300円で拝観可能。申年の人は申し出ると記念品が頂ける。実際祀られている関係上猿がいたが別途猿回しイベントもやっていた。境内のお茶屋さんのおでんが300円、炙り団子200円うどん500円など美味しい。神聖な空気感。