4/12~4/15 日吉山王祭

滋賀県のイベント情報


4/12~4/15 日吉山王祭3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年4月12日 ~ 2021年4月15日

滋賀県大津市坂本 日吉大社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2021年度、新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、神輿渡御を自粛し、神籬(ひもろぎ)【御幣(ごへい)】を依代(よりしろ)として山王祭を斎行致すこととなりました。
併せまして大榊の行事(3/27、3/30、4/3)につきましても、密集を避ける為、松明(たいまつ)やかがり火は使用せず、神職と関係者のみで厳粛に神事と渡御を執り行います。
大榊や神籬の渡御を行う時間帯や通行路については、できる限り従来に近い形で行う予定。

※本年は神輿渡御を行わず、神輿の代わりに神籬(ひもろぎ)【御幣(ごへい)】を依り代とし、御幣捧持(ごへいほうじ)は山王祭実行委員会有志が奉仕致します。
※従来駕輿丁が奉仕する神事には、山王祭実行委員会有志として参列致します。(10名前後)
※大榊にかかわる夜の神事(3/27、3/30、4/3)では「かがり火」「松明(たいまつ)」は自粛し、灯りは提灯のみを使用して、従来通りに斎行致します。
実行委員会有志、自治会長有志(坂本学区)の方には、各出発・到着の神事にご参列頂き、道中は神職関係者のみで渡御致します。
沿道でのかがり火のお迎えもお控え頂ければ幸いです。
※4/14大榊還御は榊宮~西本宮まで従来通りに神職関係者のみで渡御致します。
※4/14神輿神幸は神籬を車に奉安して従来の道を車で渡御致します。
 (午後2時日吉大社出発予定)
※4/14神輿還御は神籬を車に奉安して従来の道を車で渡御致します。
 (午後4時若宮港前出発予定)
※各神事の間、自主交通規制を行う場合がございますので、ご協力をお願い致します。
-----------------------------------------------

湖国三大祭の一つ、春を告げる一大祭典。
山王祭は、神々が鎮座した由来を神輿で再現し、天下泰平と五穀豊穣を願う、1200年以上の歴史を有する天下の勇祭。
日吉大社 山王祭まずは、3月1日 10:00 神輿上神事(みこしあげしんじ)から始まります。
日吉大社 山王祭では、日吉大社の発祥の地とされる奥宮に神が降臨されるとされいるから、奥宮に神輿を担ぎ上げる神事です。
氏子や比叡山高、北大津高の野球部員ら約300人が、重さ約1トンのみこし2基を八王子山(標高381㍍)山頂付近にある社殿まで急傾斜の山道を約1時間かけて駆け上がり、担ぎ上げます。
社殿に納められた2基にはそれぞれ牛尾宮(男神)、三宮宮(女神)が宿り、約1カ月間お見合いをします。

その後は本祭期間中には7基(1基1500kg)の神輿が登場し、牛尾山(八王子山)山上から神輿を担ぎ下し、神様の結婚式を表現した「午の神事」や、クライマックスの御子神出産の儀式である「宵宮落とし神事」、琵琶湖上を渡御する「船渡御」など、歴史絵巻さながらの行事が繰り広げられます。

開催期間:※毎年4月12日〜4月15日
開催場所:滋賀県大津市坂本 日吉大社
交通:
・JR湖西線「比叡山坂本駅」下車、徒歩約20分。
・京阪石坂線「坂本駅」から徒歩10分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,スリル満点,パレード,パワースポット,伝統民俗,山登り,男性好み,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅八瀬比叡山口駅 (約5.2km) Google Transit

口コミ

5.010 か月前

さすが総本宮、雰囲気違います。

5.02 週間前

7/17(土)駐車場入口で参拝料一人300円を支払います。駐車場は無料です。
とても広い敷地で、まず西本宮から参拝し、参拝順路の案内を辿って行き、沢山有るお社を参拝しながら、東本宮まで約30分程掛かるかなとおもいます。西本宮で手書きの御朱印を数種類戴けます。
時間と体力がある方は、奥院へ行かれると良いかなと思います。東本宮の手前階段(膝くらいの高さの段差有り)を登って登山道へ。結構急な山道をくねくねと登って行くと、30分程で山上に金大巌(こがねおおいわ)と言う御神体にあたる巨大な一枚岩と、その左右に摂社牛尾神社本殿、摂社三宮神社本殿が有ります。
30分程で山上まで行けますが、正直かなりハードです。急な登り坂にゴロゴロ石が転がっていて、下りの際は滑って転けそうになります。
スタート地点と山上ゴール付近に階段が有り、かなりキツイです。
山上からの景色はとても良く、気持ちの良い風が吹いていて最高でした。

5.011 か月前

八王子山の湧き水が境内のあちこちを流れていて、他にはなかなか無い、自然豊かな神社です。歴史や経緯なども非常に興味深いものばかりでしたが、スニーカーや登山靴履いて、牛尾宮を目指して欲しいです。石段は余りなく、坂道ばかり。石段があっても段差が相当ありますが、頂上まで1時間ほど歩くと、素晴らしい絶景を望む事が出来ます。
個人的には比叡山から見るよりも良かったです。
ただし、本当にキツいです。登よりも下りの方が怖かったのも事実ですが、自分的にはそれだけ価値のある眺望でした。

5.02 か月前

日吉大社には約40のお社があり、その総称が「日吉大神」だそうです。その中心となるのが東西本宮をはじめとする山王七社だそうです。
真言密教と結合して発達した両部神道に対し、延暦寺(天台)と密接な関係になる山王神道。明神鳥居の上に三角形の破風が乗った山王鳥居も山王神道の象徴ですね。
境内は広大ですから、時間にはかなりの余裕を持って行かれたほうがいいと思いますよ。アップダウンもありますから、多少の体力は必要ですね。間違ってもハイヒールなんてダメですよ。見所なんて書ききれないので、実際に参拝され、実感して下さいな。
御朱印は、日吉大神の中心となる山王七社の全てを頂けます。また、宮の名称でも、各宮の権現名や明神名でも頂けます。私は無理をお願いして、宮名と権現名が見開きで対になるように七社の全てと大社名2種とで16の御朱印を拝受いたしました。
各宮を参拝するだけでも汗かきました。まあ天気も良かったですからね。一度は参拝されたほうが良い神社ですね。

5.04 週間前

最高だった。
広すぎず狭すぎず回りやすい敷地面積に多くの境内社があった。
境内社も境内社で(説明のないものもあったが)多くの境内社には説明書きがつけられており、大山咋神との関係性などストーリーを見ながら回れるのが凄くいい。
山王鳥居も立派でその周辺は映える景色。
境内では鳥が鳴き、川の流れる音がする自然を楽しめる空間で、大きな社の前には境界線のように水が流れていた。
刊行物も存在し、日吉大社にかんして理解の深められる内容だった。
しかし、八王子山はキツかった。
斜面が急で道は剣山の如く足の裏に刺さる。
しかし山頂まで登れば巨大な岩が映える街の景色が一望できる絶景が見られる。