3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)

奈良県のイベント情報


3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年3月1日 ~ 2019年3月14日

奈良県奈良市雑司町406 東大寺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

奈良県東大寺二月堂で毎年行われる行のひとつ 。
二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。
1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大松明を持った童子(どうじ)が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を回ります。
期間中毎日行われる「お松明」はこの行を勤める練行衆の足元を照らす明かりとして灯されます。

中でも12日の「籠松明」は特別。
重さ70キロ、杉の葉やヘギ・杉の薄板で籠目状に仕上げ、直径1メートル、全長約6メートルと、通常より一回り大きな松明が登場し、二月堂の回廊を炎が駆け回ります。
暗闇に火の粉が滝のように降り注ぐ様は圧巻!
観客からは大歓声が沸き起こります。
クライマックス3/12の籠松明の日は、3万人前後の見物客が来られますので、警察によって、鐘楼から誘導されます。
5時までには並んでおいた方がいいです。

12日の夜、本尊に供える香水を汲み上げる行事から「お水取り」の名があります。
このお水取りが終わると、奈良に春が訪れるといわれて、親しまれています。

開催時期:毎年3月1日~14日
会場:東大寺二月堂
住所:奈良県奈良市雑司町406
アクセス:JR・近鉄奈良駅市内循環バス 大仏殿春日大社前下車 歩5分

2/20~2/25: 試別火(ころべっか)前行の前半
試別火とは、練行衆が俗界とは火を別にする精進の生活に入るという意味です。
修二会に着る紙衣や椿の造花を作ります。

2/26~2/28: 総別火(そうべっか)前行の後半
練行衆は全員寝起きを共にして潔斎の生活を送り、声明の稽古をします。

3/1~3/14: 本行(修二会、お水取り、お松明)
東大寺二月堂本尊の法要行事(お松明、お水取り、他)

お松明の詳細:
3月1日~11日、3月13日 19時 10本 約20分間 ※土曜・日曜は特に混雑が予想される

3月12日 19時半 11本  約45分間(奈良公園周辺の交通規制、二月堂付近への入場規制有り)
※ニュースなどをごらんになって、お松明は、「お水取り(翌朝午前一時半頃)」の行われるこの日だけしか見られないと思っておられる方が多く、この日は大混雑が予想される。
このため、お松明を見ていただくことが出来ない場合があることをご承知下さい。
また、当日は警察・機動隊の規制・誘導に従ってください。

3月14日 18時半 10本 約10分間(短い時間でお松明が連続して上がっていく)

目的スリル満点,パワースポット,世界遺産,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光
最寄り空港/駅奈良駅 (約2.4km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

奈良時代(8世紀)創建の仏堂。現存する建物は1669年の再建で、日本の国宝に指定されている。奈良の早春の風物詩である「お水取り」の行事が行われる建物として知られる。「お水取り」は正式には修二会といい、8世紀から連綿と継続されている宗教行事である。二月堂は修二会の行事用の建物に特化した特異な空間構成をもち、17世紀の再建ながら、修二会の作法や習俗ともども、中世の雰囲気を色濃く残している。

東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)は、天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)が創始された。以来、平成31年(2019)には1268回を数える。

5.01 か月前

大きな立派な舞台 高台にある二月堂 お水取りで有名パワースポット 私は修二会過去帳法要「青衣の女人」に大変興味深い一人です。 TV寒い夜の大松明 火の粉散らし舞台回る童子 その火の粉浴びれば御利益多く参拝の人人人 修行僧の方も本行まで本尊に供える椿の造花「花ごしらえ」昔から続く伝統文化 作法に大変興味惹かれます。お堂回廊から見る沈む夕陽、昼間は遠くに平城京跡望む雄大な景色 お堂北側での心落ち着く無料休憩所で一息 タイムスリップしたような裏参道の魅力 時間の過ぎ去るのが早すぎます。

5.0過去 1 週間以内

朝のジョギングでよく寄ります。7時くらいでも、一人か二人くらいは参拝されています。眺めがとてもいいし、気持ちのよい場所です。
夕暮れもとてもきれいですが、朝もぜひ。

4.0過去 1 週間以内

いつもテレビ鑑賞してましたが、初めて修二会の松明10本揃い踏みを見て感動しました…
17時過ぎに行きましたので、開始時間まで約1時間半…二月堂下の斜面の芝生席で待ちました…疲れましたが…
18時半からの松明10本揃ったのは…見応えがありました。
お水取りが済んだら、関西には春が訪れると言われてる通り…翌日は小春日和となりました☝😉

5.01 か月前

拝観料は要りません。二月堂の舞台から大仏殿の大屋根と奈良市街が一望できます。舞台の奥には休憩所があり、歴史やお水取りなどのVTRを見ることができます。トイレは、休憩所の更に奥に入ったところにあります。階段を下り正倉院方面に向かう道沿いには、土壁と木造建物が並び、いにしえの雰囲気を残しています。この付近には観光客の姿は少なく静かな環境で、鹿たちも鹿せんべいに群がることはなく、苔や草を静かに食べています。