3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)

奈良県のイベント情報


3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年3月1日 ~ 2019年3月14日

奈良県奈良市雑司町406 東大寺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

奈良県東大寺二月堂で毎年行われる行のひとつ 。
二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。
1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大松明を持った童子(どうじ)が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を回ります。
期間中毎日行われる「お松明」はこの行を勤める練行衆の足元を照らす明かりとして灯されます。

中でも12日の「籠松明」は特別。
重さ70キロ、杉の葉やヘギ・杉の薄板で籠目状に仕上げ、直径1メートル、全長約6メートルと、通常より一回り大きな松明が登場し、二月堂の回廊を炎が駆け回ります。
暗闇に火の粉が滝のように降り注ぐ様は圧巻!
観客からは大歓声が沸き起こります。
クライマックス3/12の籠松明の日は、3万人前後の見物客が来られますので、警察によって、鐘楼から誘導されます。
5時までには並んでおいた方がいいです。

12日の夜、本尊に供える香水を汲み上げる行事から「お水取り」の名があります。
このお水取りが終わると、奈良に春が訪れるといわれて、親しまれています。

開催時期:毎年3月1日~14日
会場:東大寺二月堂
住所:奈良県奈良市雑司町406
アクセス:JR・近鉄奈良駅市内循環バス 大仏殿春日大社前下車 歩5分

2/20~2/25: 試別火(ころべっか)前行の前半
試別火とは、練行衆が俗界とは火を別にする精進の生活に入るという意味です。
修二会に着る紙衣や椿の造花を作ります。

2/26~2/28: 総別火(そうべっか)前行の後半
練行衆は全員寝起きを共にして潔斎の生活を送り、声明の稽古をします。

3/1~3/14: 本行(修二会、お水取り、お松明)
東大寺二月堂本尊の法要行事(お松明、お水取り、他)

お松明の詳細:
3月1日~11日、3月13日 19時 10本 約20分間 ※土曜・日曜は特に混雑が予想される

3月12日 19時半 11本  約45分間(奈良公園周辺の交通規制、二月堂付近への入場規制有り)
※ニュースなどをごらんになって、お松明は、「お水取り(翌朝午前一時半頃)」の行われるこの日だけしか見られないと思っておられる方が多く、この日は大混雑が予想される。
このため、お松明を見ていただくことが出来ない場合があることをご承知下さい。
また、当日は警察・機動隊の規制・誘導に従ってください。

3月14日 18時半 10本 約10分間(短い時間でお松明が連続して上がっていく)

目的スリル満点,パワースポット,世界遺産,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅奈良駅 (約2.4km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

夜の二月堂は幻想的でした。24時間お参りできるそうです。
提灯も良いけど、夜景も素敵です。神戸や函館の夜景とは全然違うけれど、素朴な美しさです。
道によっては懐中電灯が必要なほど暗いので、注意が必要です。

5.01 週間前

東大寺で大仏様に手を合わせたら、ちょっと頑張って、ぜひ!ここまで行ってほしい。
登り坂と階段、頑張っただけのご褒美な風景に出会えます✨
多くの観光地を満喫するのもいいけれど、昔から変わらないであろう夕暮れ時の最高の贅沢な時間を過ごせます😆

5.01 週間前

ここからの景色は素晴らしいし、東大寺からここまでのお散歩道も素敵です。時間が止まったかのような静かな時間が過ごせます。

2019年2月に2年ぶりに再訪。相変わらず静かで時間が止まったようで素晴らしい景色でした。結構歩くので、両親にはちときつかったかも。歩きやすい靴で行くのが良いかと。

4.01 か月前

お水取りで有名な二月堂。
国家の安泰、国民の幸福、五穀豊穣を祈る行法だそうです。
国宝ですが無料で入れます。
また休憩所も解放されていて
喉を潤すことも出来ます。
有難いです。

5.01 週間前

東大寺本堂と比較すると、質素とも言えますがそれでも凄い造りです。東大寺見物の際には是非とも行くべきです。御朱印は二月堂内部と外でもらえます。同じ印のようですが、記載される文言が異なります。