3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)

奈良県のイベント情報


3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年3月1日 ~ 2020年3月14日

奈良県奈良市雑司町406 東大寺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

奈良県東大寺二月堂で毎年行われる行のひとつ 。
二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。
1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大松明を持った童子(どうじ)が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を回ります。
期間中毎日行われる「お松明」はこの行を勤める練行衆の足元を照らす明かりとして灯されます。

中でも12日の「籠松明」は一番特別で、3万人前後の見物客が来られますので、警察によって鐘楼から誘導されます(5時までには並んでおいた方がいいです)。
重さ70キロ、杉の葉やヘギ・杉の薄板で籠目状に仕上げ、直径1メートル、全長約6メートルと、通常より一回り大きな松明が登場し、二月堂の回廊を炎が駆け回ります。
暗闇に火の粉が滝のように降り注ぐ様は圧巻!
観客からは大歓声が沸き起こります。

12日の夜、本尊に供える香水を汲み上げる行事から「お水取り」の名があります。
このお水取りが終わると、奈良に春が訪れるといわれて、親しまれています。

開催時期:毎年3月1日~14日
会場:東大寺二月堂
住所:奈良県奈良市雑司町406
アクセス:JR・近鉄奈良駅市内循環バス 大仏殿春日大社前下車 歩5分

2/20~2/25: 試別火(ころべっか)前行の前半
試別火とは、練行衆が俗界とは火を別にする精進の生活に入るという意味です。
修二会に着る紙衣や椿の造花を作ります。

2/26~2/28: 総別火(そうべっか)前行の後半
練行衆は全員寝起きを共にして潔斎の生活を送り、声明の稽古をします。

3/1~3/14: 本行(修二会、お水取り、お松明)
東大寺二月堂本尊の法要行事(お松明、お水取り、他)

お松明の詳細:
3月1日~11日、3月13日 19時 10本 約20分間 ※土曜・日曜は特に混雑が予想される

3月12日 19時半 11本  約45分間(奈良公園周辺の交通規制、二月堂付近への入場規制有り)
※ニュースなどをごらんになって、お松明は、「お水取り(翌朝午前一時半頃)」の行われるこの日だけしか見られないと思っておられる方が多く、この日は大混雑が予想される。
このため、お松明を見ていただくことが出来ない場合があることをご承知下さい。
また、当日は警察・機動隊の規制・誘導に従ってください。

3月14日 18時半 10本 約10分間(短い時間でお松明が連続して上がっていく)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的スリル満点,パワースポット,世界遺産,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅奈良駅 (約2.4km) Google Transit

口コミ

4.03 週間前

東大寺境内堪能のピークはここです。奈良市街を一望できる絶景ポイント。目前に大仏殿を前景に遠く生駒山···くっきりとした冬晴れの朝早くの被写体がいいです。もちろん夕闇の山々のシルエットと大仏殿も。したがって、行き着くには階段や坂を上ることを覚悟しましょう。この建物を見る絶好のポイント📷は大仏殿裏からゆるい坂を上がって行く途中にあります。土塀に挟まれたなだらかな階段を前景に真正面に緑の山を背に···ここは季節を選びません。東大寺一手前味噌ですが私の大好きな場所です。お松明が3月の初旬毎日夕のわずか20分のハイライトで有名。これが終わると暫くは隣の休憩所にそのときの松明が展示されます···セルフサービスのお茶を飲みながらゆっくりと、まだ余韻のにおいを感じながら二月堂を味わえます。大仏殿から直登せず、裏手から二月堂の美しい姿を見て、階段を降りながら鐘楼を見て帰りましょうか。

5.02 週間前

素晴らしいね😃建物も良い、舞台からの眺望も良いよね☺️聖武天皇の頃の奈良を彷彿とさせるよね😵正に、天孫降臨の地を一望の下に、見渡しているような錯覚にとらわれるよね。奈良の都とは、よく言ったものだね☺️そして、夜はお待ちかねの「お水取り」の行事が始まるんだよね😃舞台の上を松明が走り回る雄壮な姿には、ただただ見入ってしまうだけだったね😵火の粉を浴びると、ご利益があると言われているけど、早くから行かないと、なかなか近付けないね😢でも、十分堪能することができたよ😉

5.01 か月前

毎年3月のお水取り(修二絵)が終る、冬の寒さも終わりといわれています。3月1日から14日まで毎夕方10~20分間お松明が行われますが、中でも12日が大松明で会期最高で19時30分から45分間がクライマックスを迎えます。その分人出も多く、御利益ある松明の火の粉を浴びるには一苦労で、早めの場所取りが必要です。各開催日の翌日二月堂登廊上の休憩室(北の茶所)で、松明の燃えかすを無料で配ってるようです。お供えした松明の燃えかすも御利益があるようで、持ち帰る参拝者も多いようです。

5.03 か月前

年末の夜に訪れました。東大寺に比べこちらはほとんど人が来ず灯りが醸し出す雰囲気が素晴らしいです。
一つ注意点として奈良公園内に野良犬がおりここも山が近いからか2匹ほど見かけました。
近ずかなければ威嚇されることもなかったですが野良犬なので注意は必要です。

5.02 か月前

お水取りの行事が、行われる。
京都の清見寺と同じ造り方で、造られています。上に登ると、奈良を一望でき、東大寺を真横から見る事ができます。生駒山も遠くに見ることができ、その向こうが大阪になります。お堂の中の仏様は、残念ながら見る事ができません。十一面観音を本尊とする仏堂であると言われていますが、秘物なんだとか🙏🙏🙏
福井県でもお水取りが行われていますが、なにやら関係があるんだとかで、調べてみると、「お水取り」に先立つこと10日あまり前、若狭神宮寺と遠敷(おにゅう)の聖地で行われる儀式が、
「お水送り」で、福井県の小浜市で、若狭神宮寺にて執り行われる儀式のようで、両市は姉妹都市になっているんだとか。