3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)

奈良県のイベント情報


3/1~3/14 東大寺修二会(お水取り)3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年3月1日 ~ 2021年3月14日

奈良県奈良市雑司町406 東大寺

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和3年修二会のお松明拝観を一部制限させていただくことといたしました。
<3月1日〜11日>
お松明は基本的にご覧いただけますが、二月堂下芝生や広場の人数が一定数以上になれば、以降お越しの方は第2拝観所へ誘導します。第2拝観所も同様になれば、以降はお松明がご覧いただけないことがあります。
また、堂内や局(つぼね)での聴聞は出来ません。

<3月12日〜14日>
どなたもお松明を二月堂下芝生や広場でご覧いただくことは出来ません。
夕方5時以降、二月堂周辺の事前に設定された区域内に滞在することも出来ません。

全ては信仰を寄せていただいている皆様と法会に関わる練行衆・参籠衆、及び関係者の感染予防、並びに1270回目の修二会の無事遂行・満行のためですので、今回はなるべく拝観をお控えください。
我々は歴史を途絶えさせることのないよう最大限努めますので、皆さまのご理解とご協力をお願い致します。
--------------------------------------------------
奈良県東大寺二月堂で毎年行われる行のひとつ 。
二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。
1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大松明を持った童子(どうじ)が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を回ります。
期間中毎日行われる「お松明」はこの行を勤める練行衆の足元を照らす明かりとして灯されます。

中でも12日の「籠松明」は一番特別で、3万人前後の見物客が来られますので、警察によって鐘楼から誘導されます(5時までには並んでおいた方がいいです)。
重さ70キロ、杉の葉やヘギ・杉の薄板で籠目状に仕上げ、直径1メートル、全長約6メートルと、通常より一回り大きな松明が登場し、二月堂の回廊を炎が駆け回ります。
暗闇に火の粉が滝のように降り注ぐ様は圧巻!
観客からは大歓声が沸き起こります。

12日の夜、本尊に供える香水を汲み上げる行事から「お水取り」の名があります。
このお水取りが終わると、奈良に春が訪れるといわれて、親しまれています。

開催時期:毎年3月1日~14日
会場:東大寺二月堂
住所:奈良県奈良市雑司町406
アクセス:JR・近鉄奈良駅市内循環バス 大仏殿春日大社前下車 歩5分

2/20~2/25: 試別火(ころべっか)前行の前半
試別火とは、練行衆が俗界とは火を別にする精進の生活に入るという意味です。
修二会に着る紙衣や椿の造花を作ります。

2/26~2/28: 総別火(そうべっか)前行の後半
練行衆は全員寝起きを共にして潔斎の生活を送り、声明の稽古をします。

3/1~3/14: 本行(修二会、お水取り、お松明)
東大寺二月堂本尊の法要行事(お松明、お水取り、他)

お松明の詳細:
3月1日~11日、3月13日 19時 10本 約20分間 ※土曜・日曜は特に混雑が予想される

3月12日 19時半 11本  約45分間(奈良公園周辺の交通規制、二月堂付近への入場規制有り)
※ニュースなどをごらんになって、お松明は、「お水取り(翌朝午前一時半頃)」の行われるこの日だけしか見られないと思っておられる方が多く、この日は大混雑が予想される。
このため、お松明を見ていただくことが出来ない場合があることをご承知下さい。
また、当日は警察・機動隊の規制・誘導に従ってください。

3月14日 18時半 10本 約10分間(短い時間でお松明が連続して上がっていく)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的スリル満点,パワースポット,世界遺産,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅奈良駅 (約2.4km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

東大寺で一番好きな所です。こんな素晴らしい所が有るから奈良は良いのです。全ての人にオススメします。しんどい石段は良い思い出にまりますから。

旧暦2月1日に「お水取り(修二会)」正式には「十一面観音悔過法要」が行われることからその名前が二月堂と呼ばれています。現在は3月1日〜3月14日までが本行で名前の所以となった二月堂下の若狭井に水を汲みに下るお水取りは12日に行われています。

特に有名なお松明は練行衆の道明かりとして灯されているので本行中には上堂される時に見ることができますが12日の籠松明がテレビなどで良く映る松明です。(講社の方々の奉納で10種類程あるそうです)

天平勝宝4年(752年)に大仏さんが完成した同じ年から良弁僧正のお弟子さんの実忠和尚が始められたとされ現在まで一度も途絶えた事が有りません。南都焼き討ちや室町時代の大仏殿の焼失などの苦難の時期にも行われました。

江戸時代に修二会中に焼失した御堂を、規模・形式を踏襲して建てられた現在の建物は1669年の再建で国宝に指定されています。徳川家綱の援助により僅か2年で良質の木材が使用されて再建されている所から大変重要な御堂だと認識されていた事が分かります。(今もそうです)

奈良国立博物館に観音様の光背が展示されていたりします。

5.02 週間前

おすすめの夕焼け時に行けなかったので日が落ちた後に。夜の二月堂を貸し切り状態で楽しみました。24時間参拝可能ですが、二月堂までの道はかなり暗く、季節や時間帯によっては人気がないので、夜に女性一人で行くのはお勧めしません。

5.02 か月前

お水取りで有名な二月堂。奈良に住んでいながら、もう10年以上ここまで登ってくることはありませんでした。ネット情報で、西国三十三所の番外札所との記載のある記事も有れば、記載のない記事もあって、とりあえず、お参りにやってきました。
二月堂納経所にて、西国三十三所巡りのと声をかけさせていただくと、写真のような番外札所であることが書かれた印刷物をいただきました。はじめは半信半疑ですこし心細かったのですが、御朱印をいただき、感謝です。

5.01 か月前

奈良東大寺の修行であるお水取り。東大寺ができてから1200年以上ずーっと絶え間なく続けられる、東大寺が東大寺であり続ける為の修行で、戦時中も続け、コロナでも続けられている。
昨年はオンラインライブで放送された。お祭りではなく、修行を拝見させていただいている。お水取りは、関西では春を告げる行事でもあり、お水取りが終わると少しずつ春らしい気候となる。
一般人は、二月堂敷地での撮影では三脚一脚も禁止なので、手持ち撮影となる。
レンズは100ミリ前後あれば十分撮影できる。200ミリ以上あれば迫力ある写真が撮れる。
三脚をどうしても使いたい人は、下の駐車場まで降りる必要があるため、300ミリ以上の望遠レンズが必要。
昼間の眺望は、奈良を一望できるので、観光スポットとしても人気がある。

5.03 か月前

オンマカキャラニキャソワカ 名前を付けて頂いた大切な場所。 ダッタンボウも被りました 。十一面観自在菩薩様、韃靼の火の神様有りがとうございます。