かんなみ 仏の里美術館

静岡県のイベント情報


かんなみ 仏の里美術館3.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

かんなみ仏の里美術館

平安時代の「薬師如来像」や鎌倉時代の「阿弥陀三尊像」など、二十四体の仏像群が、里人の厚い信仰心によって守られてきました。

仏像群には、国指定重要文化財の阿弥陀如来及両脇侍像や静岡県指定有形文化財(薬師如来坐像、毘沙門天立像、聖観音立像、地蔵菩薩立像、十二神将立像)があり、全国的に貴重な文化財が含まれています。

町民の財産である貴重な文化財を、後世に保存継承するとともに、多くの方々が鑑賞し、学ぶことができる施設です。

開館時間:午前10:00~午後4:30 
休館日:毎週火曜日、12月29日~1月3日 ※火曜日が休日の場合は、直後の平日

注:団体様は10名から80名(入替可)まで、2日前までのご予約をお願いいたします。
【料金】大人:300円(高校生以上)小・中学生:100円
       団体様200円(10名以上)
【期間】通年 OPEN10:00-16:30
【時間】30分程度(ボランティアガイドの説明あり)
【人数】1人から80名まで(団体は応相談)
【年齢制限】年齢制限はありませんが、幼児は保護者の同伴が必要です。
【備考】定休日毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその直後の平日休館)
12月29日~1月3日
    日本語・英語・北京語・広東語・韓国語のパンフレットあり
【施設情報】かんなみ 仏の里美術館
 〒419-0101 静岡県田方郡函南町桑原89番地の1
【電話】055-948-9330 【FAX】055-978-0894

目的私は芸術が好きだ
最寄り空港/駅函南駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

函南町桑原地区の里人の篤い信仰心により、平安時代や鎌倉時代の様々な仏像を守り、これら仏像の散逸を防ぎ、後世に継承するため、桑原・長源寺裏手に薬師堂を建立安置していました。
2008年、薬師堂に安置されていた24体の仏像が函南町に寄贈され、保管・展示するため当美術館が建設されました。
館内に展示されている仏像の中には、平安・鎌倉時代の代表的な仏師集団【慶派】の【実慶】が造った【阿弥陀如来及両脇侍像】が安置されています。

《チョットした豆知識》
阿弥陀三尊像は、北条時政が嫡男・北条宗時の慰霊のため、奈良の慶派の仏師・実慶に造立させたものと伝わっています。

4.02 か月前

想像していたよりずっと山里にありました。土地の方々に大切にされて伝わってきた仏像が丁寧に展示されています。ボランティアガイドの方が説明をしてくれました。
入館料300円で駐車場は無料です。
仏像がすきならアリです。

4.06 か月前

静かで大変貴重な仏像をゆっくり鑑賞させて頂くことができました。ガイドさんの説明をいただけてさらに興味深い鑑賞できました。

5.04 か月前

ライトアップもオシャレだし見る価値ありの十二神将。必見!

5.05 か月前

函南町が設立した美術館で慶派の実慶作の仏像等を含め沢山の仏像に出会えます!