2019/4/13~5/19  あしかがフラワーパーク ふじのはな物語~大藤まつり~

栃木県のイベント情報


2019/4/13~5/19  あしかがフラワーパーク ふじのはな物語~大藤まつり~4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年4月13日 ~ 2019年5月19日

あしかがフラワーパーク(足利市迫間町607)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

数多くの花々で彩られる花の楽園「あしかがフラワーパーク」では、例年4月から5月にかけて藤の花が見頃を迎えます。
2014年に日本で唯一、アメリカCNNが選出した「世界の夢の旅行先10カ所」に選ばれた「あしかがフラワーパーク」で「ふじのはな物語~大藤まつり~」が開催されます。

9万4000平方メートル以上ある園内に、大藤棚をはじめ350本以上の藤が咲き誇る様は圧巻です。
大長藤、八重黒龍藤、むらさき藤、うす紅藤、白藤等、様々な種類の藤が楽しめます。
栃木県の天然記念物にも指定されている600畳敷(1,000平方メートル)の大藤棚3面を持ち、樹齢150年におよぶ大藤(ムラサキフジ)、そして庭木作りのフジ、長さ80メートルの白藤のトンネル。
世界でも珍しい八重の大藤棚、白藤のトンネルは花の真下を通り抜けることができ、人気を呼んでいます。
シロフジはムラサキフジと比較して香りが強く、トンネルをくぐると甘い香りにつつまれて幸せな気分にひたれます。
また、フジに似た黄色の花をつけるキングサリ(和名「きばな藤」身頃:5月上旬から5月中旬頃)が園内に約200本あり、特に日本で唯一の長さ80メートルのトンネルの美しさは人気を呼んでいます。
さくら色、薄い赤に見える紫色が綺麗な「うすべに藤」はうすべに橋の上に咲き誇る光景は、ため息も漏らすほど美しいです。

この時期は5,000株以上のツツジや1500株のシャクナゲなど、春の花数百種も咲き乱れ、フジとの競演が百花繚乱の園内を演出します。
春の花々と4色の藤が織りなす幻想的な風景は、まるで夢の世界。

期間中は園内全体をライトアップして幻想的な「夜の藤」を演出します。
ライトアップは日本夜景遺産にも認定されています。
藤を使ったフードや香水、コスメなど藤グッズもあります。

※例年の見頃
 うす紅藤:4月中旬~下旬頃
 大藤棚(栃木県指定天然記念物):4月下旬~5月上旬頃
 白藤(栃木県指定天然記念物):5月上旬頃
 きばな藤:5月上旬~中旬頃

会場 あしかがフラワーパーク(足利市迫間町607)
開催期間 2019年4月13日(土)~5月19日(日)※花の咲き具合により変動します。
※ライトアップ期間:4月20日(土)~5月12日(日)予定
※ライトアップ期間は花の咲き具合により変動します。

開園時間:■昼の部:7:00~18:00 ■夜の部:17:30~21:00(夜間ライトアップ)
※昼の部のチケットで夜の部まで引き続いて見れます

入園料:大人900円~1,800円 4才~小学生500円~900円
※花の咲き具合により料金が変動します。

電車:JR両毛線あしかがフラワーパーク駅下車すぐまたは富田駅から徒歩約13分
※あしかがフラワーパーク西ゲート前に新駅「あしかがフラワーパーク駅」が2018年4月1日(日)に開業しました。
※券売機にて「あしかがフラワーパーク駅」の表示が無い場合は、同料金区間の「富田駅」まできっぷをお求めください。
東武伊勢崎線足利市駅から送迎バスで約30分
※期間中毎日運行、有料。
車: 東北自動車道佐野藤岡ICから約18分
駐車場:普通車:300台 大型車:40台
※期間中臨時駐車場 普通車:6,000台

photo by 旅と温泉の無料写真素材 おんふぉと
写真提供:栃木県観光物産協会

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.ashikaga.co.jp/fujinohana_special2019/jp/

目的インスタ映え,一生の記憶に残る,夜景,大自然,女性好み,季節の花,神社・寺,観光
最寄り空港/駅あしかがフラワーパーク駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

藤の花が有名と聞き、見に行ってきました。まだまだつぼみが固く見頃はもう少し先になりそうでしたが、
広い敷地内には終盤になりつつの桜もまだ咲いていて、他にも沢山の花々達もとても美しく、手入れも行き届いています。レイアウトも工夫されており本当に素晴らしいです🌸💗
これから見事に咲き誇る藤の花々を見れる日を、心より楽しみにしています(*´꒳`*)♡

5.0過去 1 週間以内

恥ずかしながら、昨年初めてお邪魔しました。藤を観るなら此処が一番と言える程、綺麗でした。一本の木が大きく見事な枝ぶりで見応え充分、又此処は華の園で何処を見渡しても花、花、花、🌺花好きには、堪らない思わず笑ってしまう程の楽園です。薔薇🌹は今年の写真🤳。残念ながら、藤は去年の物です。異例の暑さで、咲く時期が4月と早すぎて、今年は藤の花を見る事が叶いませんでした。此処は、かなり観光化されていて、外人さん、はとバスでガンガン来ていました。リピーターのお客様が多いらしく、僕はもっと早く知って恒例行事にしたかったなぁ、と思いました。
追記
2019年4月16日火曜日。行ってきました。躑躅ヶ丘公園と、あしかがフラワーパークは、同一日に、セットで、周る方も多く、近いからね、今回は、そのパターンを踏襲してみました。こちらも、ゴールデンウィークが、見頃かなぁ?入園料はバッチリとられます。そこそこ花、見れるんですが、僕は、満開期の見事な状態、花の楽園と言うしかない凄い状態を知ってるんで、せっかく観るなら、満開期がいいです。これ逃す手はないでしょう。売り物の藤の花、未だまーだ、ですんで、行くならもーチョット後の方が、いーと思います。これから、これから、です。まーたのお楽しみですね。ゴールデンウィークに、また来ましょ。

4.04 週間前

CNNが選ぶ観光スポットとして日本で唯一選ばれた場所。大藤・つつじ(4月下旬~5月上旬)満開の時期とクリスマスイルミネーション(12月)が特に来客数が多い。料金は時期により異なり昼夜によりも違う。大藤の時期は1500~2000円、クリスマスの時期は1500円ほど。それ以外の時期はもう少し値段下がります。お土産屋や飲食店は敷地内にあります。車はシーズン中は大渋滞だが臨時Pあるので国道50号からくるのがいい。県道67号は回避したほうがよい。鉄道は駅できたので便利になりました→シーズンオフの19,3,24再訪しました。チューリップ・パンジー・水仙・ボケ・レンギョウ・ハナモモ見れる。枝垂れ桜も咲き始め。西口ゲートは閉まっているので正面ゲートから。藤のときはすごい人混みだがゆっくりみたい人は今の時期も悪くないです。

4.0過去 1 週間以内

去年何度か藤を見に行きました。とても素晴らしいです。藤以外のお花も綺麗で心癒されました。
ただ、今年行くにあたって聞きたいことがあって電話したものの、折り悪く、結局最初の質問すらまともに答えてもらえてない有様…折り返しの電話すら無くなりました。お花は本当に素晴らしく星5つどころか10こ付けたいくらいなのですが、店員さんの対応が未熟と言わざるを得ないので星よっつです

5.01 週間前

足利市にある花のテーマパークです。

ゴールデンウィークの藤の季節に行ってきました。

紫、うす紅、白、黄色・・・・・
いろんな色、種類の藤が見事に咲いています。

もうこれは感動ものです。
言葉では表せない程感動いたします。

樹齢150年の大藤は世界にも誇れる大きさ。
紫でとっても幻想的です。

八重藤も花が特徴的。
珍しい藤です。

白藤のトンネルも見事。
藤のシャワーを浴びているみたいです。

黄色の藤のトンネルも鮮やかです。

また藤は甘い香りがするのです。

いやーーー
見事な藤。
本当に感動します。

藤の他のもたくさんの花が咲いています。
ツツジもちょうど見頃です。

夜はライトアップされます。

またこちらは1年を通していろいろなイベントをやっています。
冬はイルミネーションをやっています。

違う季節にも行ってみたいです。