2019/5/15 京都葵祭

京都府のイベント情報


2019/5/15 京都葵祭4.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年5月15日 ~ 2019年5月15日

下鴨神社、上賀茂神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

葵祭は、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られています。
葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市の賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭です。
石清水祭、春日祭と共に三勅祭の一つであり、庶民の祭りである祇園祭に対して、賀茂氏と朝廷の行事として行っていたのを貴族たちが見物に訪れる、貴族の祭となります。
京都最古の祭で、行列の御所車、勅使、供奉者の衣冠など、すべてに葵の葉が飾られてます。

5月15日、陰暦四月の中の酉の日に、京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路8kmを、総勢500名を超える、先頭から最後尾まで約1㎞に及び平安絵巻のような優雅な行列がねり歩きます。 
祭の見どころは、天皇からの使者・勅使が上賀茂、下鴨の両神社に参向する道中の「路頭の儀」です。
近衛使(勅使代)をはじめ検非違使、内蔵使、山城使、牛車、風流傘、斎王代など、いにしえの姿そのままに馬36頭、牛4頭、500余名の行列が京都御所建礼門前より出発し、王朝絵巻さながらに行われます。
ルートは10:30京都御苑(京都市上京区京都御苑)、11:40下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町59)、15:30上賀茂神社(京都市北区上賀茂本山339)になります。

葵祭の前儀
1.競馬会足汰式(くらべまえあしぞろえしき)5月5日に行われる「賀茂競馬(かもくらべうま)」本番に先立ち馬の優劣や組み合わせを決める儀式です。勇壮な神事で、京都市無形文化財に登録されています。
日時:5月1日 13時頃~
場所:上賀茂神社

2.流鏑馬神事(やぶさめしんじ)葵祭の道中の無事を祈ってお祓いをする神事で、糺の森(ただすのもり)にある馬場で、公家の装束(束帯)を着用した射手が、疾走する馬の上から、的を射抜きます。
日時:5月3日 13時~15時30分
場所:下鴨神社

3.斎王代禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)斎王代(さいおうだい)と、女人列に参加する四十人の女性が御手洗池に手を浸して身を清める儀式です。下鴨神社と上賀茂神社両社で毎年交替で行われます。
日時:5月4日 10時~
場所:下鴨神社(2019年)


4.歩射神事(ぶしゃしんじ)葵祭の沿道を清める、魔除けの神事です。
歩射神事は、馬上の流鏑馬に対して、地上で矢を射ることに由来しています。
射手が弓を鳴らす「蟇目式(ひきめしき)」で邪気を祓い、楼門の屋根を越えて鏑矢を飛ばす「屋越式(やごししき)」、大きな的を射る「大的式(おおまとしき)」、連続で矢を射る「百々手式(ももてしき)」がそれぞれ行われます。
日時:5月5日 11時~
場所:下鴨神社

5.賀茂競馬(かもくらべうま)舞楽装束を身にまとった乗尻(騎手)が馬に乗り、左右に分かれて参進。
境内の馬場でその速さを競う競駈(きょうち)は儀式の後、14時頃より始まります。
日時:5月5日 10時~
場所:上賀茂神社

6.御蔭祭(みかげまつり)葵祭りに先駆けて、比叡山山麓の御蔭山より下鴨神社に神霊を迎える神事です。
16時頃に「切芝神事」において「東遊」の舞が奉納されます。
日時:5月12日 9時30分~
場所:下鴨神社

目的お祭り大好き,インスタ映え,パレード,パワースポット,世界遺産,日本のリゾート,神社・寺,観光,超メジャー
最寄り空港/駅出町柳駅 (約1km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

通称下鴨神社、現在は神社本庁の別表神社。
言わずと知れた京都を代表するパワースポットです。
最寄り駅は京阪出町柳駅。市バスでは4番、205番で下鴨神社前バス停利用が便利なのではないでしょうか。
相生社では縁結び、下鴨神社の摂社である河合神社では美麗祈願という事もあり、女性の参拝者の方々が非常に多く見受けられます。
また干支のお社があるのも特徴的です。
神事の際や、土日祝日には混雑しますが
平日なら混雑する事もなく、気楽に参拝出来ると思います。

5.01 か月前

下賀茂神社の素晴らしさは他の方々の口コミと観光ガイドをご覧ください。評価は★五つです。

私が特に申し上げたいのは、ここの休憩所のかき氷の美味しさです。かつては朝廷にも献上されたという氷室の氷を使ったかき氷はまさに淡雪のごとしです。
下賀茂神社では年中行事のごとく特別拝観を受け付けていますが、夏の特別拝観+かき氷の組み合わせこそが至高です。
さわやかさのかけらもない京都の夏ですが、下賀茂神社は夏にこそお勧めします。

5.01 週間前

賀茂御祖神社、通称下鴨神社は賀茂別雷神社(上賀茂神社)と並び、山城國一ノ宮
糺の森の中の参道を抜けたところに鎮座しています
以前、太秦の木嶋坐天照御魂神社の『元糺の森』にも行きました
私はどちらかと言うとそちらの方がうやうやしさを感じましたが、もっともそれは6月の話
青葉が鬱蒼と茂っている季節でしたからかもしれません(笑)
その時期にもう一度ここも訪れたいですね
賀茂御祖神社は西本殿に賀茂建角身命(八咫烏)を、東本殿に玉依媛命をお祀りしています
賀茂別雷神社の主祭神であらせられる賀茂別雷神の母上と祖父をお祀りすることから『御祖(みおや)』と冠せられます
それにしてもこの神社、中門を潜った所に鎮座する7つの言社全ての御祭神が大国主命を現す神だったり、境内摂社に出雲井於神社(御祭神は建速須佐之男命)だったり 
出雲との深い関わりを感じずにはいられませんでした
因みに…
上『賀茂』神社、下『鴨』神社と「かも」を使い分けているのは、鴨川と高野川の合流点より上流は『賀茂』を下流は『鴨』を使うそうです(下鴨神社はちょうど合流点と考える)
正式名称がどちらも『賀茂』なのは神名から取っているからとのこと

4.01 か月前

こちらは京都に数多くある神社の中でも古い神社の1つで、世界遺産にも登録されています。
毎年5月に開かれる葵祭は京都三大祭りの1つであり、京都御所からこちらを経て上賀茂神社までを歩きます。
広い敷地の中に国宝や重要文化財の建築が点在しているだけでなく、パワースポットとしても有名で、君が代に出てくる「さざれ石」も敷地内にあります。
縁結びや安産、世界平和のご利益があるせいか、比較的女性の姿が多いような気がします。
自然豊かなところなので、気持ちよく散策することができます。

5.01 か月前

世界遺産に認定された、とても朱色が光輝く美しい神社です。御手洗池にかかる朱色のアーチの橋も緑の中に映え、どこをとっても絵になる綺麗な神社です❗私が初めて此処に来たのは、御正月時期でした❗絢爛な衣装着て蹴鞠をされるというのをニュースで知ったからです。実際に観るとテレビ以上に感動しました。烏帽子や水干などの平安時代の衣装を纏い、優雅で艶やかで、その光景は私もタイムスリップしたみたいな、不思議な感覚になりました(*^^*)🎵思わず私も足蹴りしそうになるほど、見いってしまいました❗ここも日本を代表する神社です。緑も多く、建物も豪奢で重厚感あり,美しく、世界に認めてもらえるのが当たり前だと思わせる堂々とした神社です。是非行ってみて下さい❗最高\(^-^)/どの時期も素敵ですよ🎵