2019/5/15 京都葵祭

京都府のイベント情報


2019/5/15 京都葵祭4.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年5月15日 ~ 2019年5月15日

下鴨神社、上賀茂神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

葵祭は、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られています。
葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市の賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭です。
石清水祭、春日祭と共に三勅祭の一つであり、庶民の祭りである祇園祭に対して、賀茂氏と朝廷の行事として行っていたのを貴族たちが見物に訪れる、貴族の祭となります。
京都最古の祭で、行列の御所車、勅使、供奉者の衣冠など、すべてに葵の葉が飾られてます。

5月15日、陰暦四月の中の酉の日に、京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路8kmを、総勢500名を超える、先頭から最後尾まで約1㎞に及び平安絵巻のような優雅な行列がねり歩きます。 
祭の見どころは、天皇からの使者・勅使が上賀茂、下鴨の両神社に参向する道中の「路頭の儀」です。
近衛使(勅使代)をはじめ検非違使、内蔵使、山城使、牛車、風流傘、斎王代など、いにしえの姿そのままに馬36頭、牛4頭、500余名の行列が京都御所建礼門前より出発し、王朝絵巻さながらに行われます。
ルートは10:30京都御苑(京都市上京区京都御苑)、11:40下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町59)、15:30上賀茂神社(京都市北区上賀茂本山339)になります。

葵祭の前儀
1.競馬会足汰式(くらべまえあしぞろえしき)5月5日に行われる「賀茂競馬(かもくらべうま)」本番に先立ち馬の優劣や組み合わせを決める儀式です。勇壮な神事で、京都市無形文化財に登録されています。
日時:5月1日 13時頃~
場所:上賀茂神社

2.流鏑馬神事(やぶさめしんじ)葵祭の道中の無事を祈ってお祓いをする神事で、糺の森(ただすのもり)にある馬場で、公家の装束(束帯)を着用した射手が、疾走する馬の上から、的を射抜きます。
日時:5月3日 13時~15時30分
場所:下鴨神社

3.斎王代禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)斎王代(さいおうだい)と、女人列に参加する四十人の女性が御手洗池に手を浸して身を清める儀式です。下鴨神社と上賀茂神社両社で毎年交替で行われます。
日時:5月4日 10時~
場所:下鴨神社(2019年)


4.歩射神事(ぶしゃしんじ)葵祭の沿道を清める、魔除けの神事です。
歩射神事は、馬上の流鏑馬に対して、地上で矢を射ることに由来しています。
射手が弓を鳴らす「蟇目式(ひきめしき)」で邪気を祓い、楼門の屋根を越えて鏑矢を飛ばす「屋越式(やごししき)」、大きな的を射る「大的式(おおまとしき)」、連続で矢を射る「百々手式(ももてしき)」がそれぞれ行われます。
日時:5月5日 11時~
場所:下鴨神社

5.賀茂競馬(かもくらべうま)舞楽装束を身にまとった乗尻(騎手)が馬に乗り、左右に分かれて参進。
境内の馬場でその速さを競う競駈(きょうち)は儀式の後、14時頃より始まります。
日時:5月5日 10時~
場所:上賀茂神社

6.御蔭祭(みかげまつり)葵祭りに先駆けて、比叡山山麓の御蔭山より下鴨神社に神霊を迎える神事です。
16時頃に「切芝神事」において「東遊」の舞が奉納されます。
日時:5月12日 9時30分~
場所:下鴨神社

目的お祭り大好き,インスタ映え,パレード,パワースポット,世界遺産,日本のリゾート,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅出町柳駅 (約1km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

京都で最も古い神社の1つと言われ、1994年、世界遺産に登録されました。縁結びや美容のご利益もある、パワースポットとしても女性に人気を集めています。また毎年5月、盛大に開催される京都三大祭りの1つ、葵祭の舞台としても有名。およそ1400年の歴史をつなぐ、平安絵巻さながらの優雅な行列は圧巻。
正式名称は[賀茂御祖神社]と言い。賀茂川の下流にあるということで、下鴨神社と呼ばれています。上賀茂神社というのもありますが、上賀茂神社と下鴨神社、合わせて[賀茂社]ということで、1つとして元々されていました。
上賀茂と下鴨の漢字の違うのは、漢字を変えて、お互いを区別するという意味で、変えられていると言われています。
南北にとても長~い下鴨神社。その北側に位置する、荘厳な楼門をくぐり本殿へ。昔は、一般の方はお参り出来なかった。いわゆる皇族の方、身分の高い方しか、ご本殿にはお参り出来なかったので本殿が狭いのです。その歴史は、太古にまでさかのぼると言われています。
平安時代には、国と首都、京都の守り神として、また皇室の氏神さまとして信仰を受けていたとされています。
下鴨神社本殿は西と東、2つに分かれていて、西本殿には[賀茂建角身命]、東本殿にはその娘の[玉依姫命]を祀っています。その他、御手洗池が由来とされる[みたらし団子]。その御手洗池の脇に立つ大きな木[多羅葉(タラヨウ)の木]と呼ばれる珍しい木は!。木の葉に、硬い棒で文字を書き30秒ほど待つと、文字が黒く浮かびあがる独特の性質をもっていて。[葉に書く]ことから[葉書]の起源になったと言われています。この葉っぱ、切手を張れば実際に、ハガキとして出すことも出来るそうです。
女性の参拝客がとても多い[下鴨神社]。その人気の理由の1つが[御守(レース)]。開運のために、神様によりお願いが通るようにということでレースです。
そして、女性専用のちりめんを使った可愛らしい[媛守]は、同じものがないとのこと……。
さらに女性に人気なのが、下鴨神社の[摂社]、いわゆる神社の中にある神社[川合神社]は。[美人祈願]で有名な神社で。[鏡絵馬]という[手鏡形の絵馬]に、人の顔が描かれていて、これにお化粧をして願うもの。国宝、重要文化財にも指定されている魅力いっぱいの神社です😊。#神社

5.0過去 1 週間以内

京阪本線・出町柳駅より徒歩10分。

京都の中で最も歴史のある神社の一つ。
加茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)。

鴨川の下流に鎮座しているということで
通称 下鴨神社と言われています。

敷地がものすごい広いのですが
隅々まで手入れが行き届いていて
清浄な居心地のよい空間。

国宝や重要文化財に指定されている建造物も多く、気品があり荘厳な雰囲気です。

縄文時代からの森「糺ノ森(ただすのもり)」も大自然の中に自身の身を置くことで浄められていくようですよ。

歴史も自然を満喫できる
素晴らしい場所です。

ご朱印いただきました。

5.01 か月前

出町柳駅を出て下鴨神社の参道でもある糺の森を抜けると世界文化遺産に登録された社の堂々とした佇まいが目に入ります。上賀茂神社と並び京都でも最古と云われている仏閣は静かで凛とした表情でお参りする人を迎えてくれます。参道の途中には日本国歌"君が代"にうたわれている"さざれ石"も見る事が出来ます。小石に神霊が宿りやがてなったと信じられているその姿に参拝者の足は必ず引き止められてしまいます。糺の森の静けさを感じ鳶の鳴き声も聞けるこのロケーションは京都の中心からしばらく北に向かった場所にありますが、その存在感は抜群で必ず来て良かったと思える神社です。頂ける御朱印も達筆で気に入っています。

5.01 か月前

京阪出町柳駅からすぐの所にある、パワースポット。境内はかなり広く、本殿に辿り着くまでは少々時間がかかります。ここは水みくじや縁結びのお守りが有名です。そろそろ素敵な人、あるいは仕事に出会いたいという人は、一度ここを訪れては?

5.02 か月前

通称下鴨神社、現在は神社本庁の別表神社。
言わずと知れた京都を代表するパワースポットです。
最寄り駅は京阪出町柳駅。市バスでは4番、205番で下鴨神社前バス停利用が便利なのではないでしょうか。
相生社では縁結び、下鴨神社の摂社である河合神社では美麗祈願という事もあり、女性の参拝者の方々が非常に多く見受けられます。
また干支のお社があるのも特徴的です。
神事の際や、土日祝日には混雑しますが
平日なら混雑する事もなく、気楽に参拝出来ると思います。