5/15 京都葵祭(中止)

京都府のイベント情報


5/15 京都葵祭(中止)4.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年5月15日 ~ 2021年5月15日

下鴨神社、上賀茂神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

令和3年度「葵祭」について

令和3年度の葵祭の行事『路頭の儀』(行列)、及び『斎王代列禊の儀』は新型コロナウィルス感染症の影響により出役者及び関係者、観覧者への感染防止のため、昨年度に続き中止することが決定いたしました。なお、下鴨神社及び上賀茂神社における葵祭『社頭の儀』等関連行事は、神社関係者で行われる予定です。
------------------------------------------------------------------

葵祭は、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られています。
葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市の賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭です。
石清水祭、春日祭と共に三勅祭の一つであり、庶民の祭りである祇園祭に対して、賀茂氏と朝廷の行事として行っていたのを貴族たちが見物に訪れる、貴族の祭となります。
京都最古の祭で、行列の御所車、勅使、供奉者の衣冠など、すべてに葵の葉が飾られてます。

5月15日、陰暦四月の中の酉の日に、京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路8kmを、総勢500名を超える、先頭から最後尾まで約1㎞に及び平安絵巻のような優雅な行列がねり歩きます。 
祭の見どころは、天皇からの使者・勅使が上賀茂、下鴨の両神社に参向する道中の「路頭の儀」です。
近衛使(勅使代)をはじめ検非違使、内蔵使、山城使、牛車、風流傘、斎王代など、いにしえの姿そのままに馬36頭、牛4頭、500余名の行列が京都御所建礼門前より出発し、王朝絵巻さながらに行われます。
ルートは10:30京都御苑(京都市上京区京都御苑)、11:40下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町59)、15:30上賀茂神社(京都市北区上賀茂本山339)になります。

葵祭の前儀
1.競馬会足汰式(くらべまえあしぞろえしき)5月5日に行われる「賀茂競馬(かもくらべうま)」本番に先立ち馬の優劣や組み合わせを決める儀式です。勇壮な神事で、京都市無形文化財に登録されています。
日時:5月1日 13時頃~
場所:上賀茂神社

2.流鏑馬神事(やぶさめしんじ)葵祭の道中の無事を祈ってお祓いをする神事で、糺の森(ただすのもり)にある馬場で、公家の装束(束帯)を着用した射手が、疾走する馬の上から、的を射抜きます。
日時:5月3日 13時~15時30分
場所:下鴨神社

3.斎王代禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)斎王代(さいおうだい)と、女人列に参加する四十人の女性が御手洗池に手を浸して身を清める儀式です。下鴨神社と上賀茂神社両社で毎年交替で行われます。
日時:5月4日 10時~
場所:下鴨神社(2019年)

4.歩射神事(ぶしゃしんじ)葵祭の沿道を清める、魔除けの神事です。
歩射神事は、馬上の流鏑馬に対して、地上で矢を射ることに由来しています。
射手が弓を鳴らす「蟇目式(ひきめしき)」で邪気を祓い、楼門の屋根を越えて鏑矢を飛ばす「屋越式(やごししき)」、大きな的を射る「大的式(おおまとしき)」、連続で矢を射る「百々手式(ももてしき)」がそれぞれ行われます。
日時:5月5日 11時~
場所:下鴨神社

5.賀茂競馬(かもくらべうま)舞楽装束を身にまとった乗尻(騎手)が馬に乗り、左右に分かれて参進。
境内の馬場でその速さを競う競駈(きょうち)は儀式の後、14時頃より始まります。
日時:5月5日 10時~
場所:上賀茂神社

6.御蔭祭(みかげまつり)葵祭りに先駆けて、比叡山山麓の御蔭山より下鴨神社に神霊を迎える神事です。
16時頃に「切芝神事」において「東遊」の舞が奉納されます。
日時:5月12日 9時30分~
場所:下鴨神社

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,インスタ映え,パレード,パワースポット,世界遺産,伝統民俗,日本のリゾート,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅出町柳駅 (約1km) Google Transit

口コミ

5.06 か月前

追記あります!
世界遺産に認定された、とても朱色が光輝く美しい神社です。
御手洗池にかかる朱色のアーチの橋も緑の中に映え、どこをとっても絵になる綺麗な神社です❗(^^)v
私が初めて此処に来たのは、御正月時期でした❗
絢爛な衣装着て蹴鞠をされるというのをニュースで知ったからです。
実際に観るとテレビ以上に感動しました。
烏帽子や水干などの平安時代の衣装を纏い、優雅で艶やかで、その光景は私もタイムスリップしたみたいな、不思議な感覚になりました(*^^*)

🎵
思わず私も足蹴りしそうになるほど、見いってしまいました❗

ここも日本を代表する神社です。緑も多く、建物も豪奢で重厚感あり,美しく、世界に認めてもらえるのが当たり前だと思わせる堂々とした神社です。
是非行ってみて下さい❗最高\(^-^)/どの時期も素敵ですよ🎵

この間こちらの近くに用があり 帰りに寄りました(^_-)
やっぱり豪奢で美しい神社です(*´∀`)
コロナで人はあまり居ませんでした(^_^;)

4.05 か月前

2020年11月
今日は車🚗を神社の駐車場に止めて参拝
以前に来た参道からの厳かな雰囲気とは違い結婚式場の雰囲気です。
本堂などの建物は煌びやか厳かなものですが馬車、おみくじなどはカップルは楽しそうですがちょっと商業的でイマイチです。
2016年12月
広くて厳かな雰囲気

5.03 か月前

下鴨神社がまつられたのは、崇神天皇の七年(BC九十)に神社の瑞垣の修造がおこなわれたという記録があり、それ以前の古い時代からまつられていたとおもわれます。先年糺の森周辺の発掘調査で縄文時代の土器や弥生時代の住居跡がたくさん発掘され、それを裏付けています。
また社伝や歴史書に、お祭、社殿、ご神宝等の奉納などが記録されています。『続日本紀』の文武天皇2年(698)には、葵祭に見物人がたくさん集まるので警備するように、という命令が出された、という記事があります。このことから、奈良時代より前から当神社が大きなお社で、盛大なお祭がおこなわれていたことがわかるとの事ですが素晴らしい神社でした。

4.06 か月前

京都最古と言われる歴史を誇る賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)、通称、下鴨神社(しもがもじんじゃ)ともいいます。
参道は「糺すの森」と呼ばれ、樹齢200∼600年の樹木が約600本もあり、木々の間を瀬見の小川(御手洗川)、泉川といった小川が流れています。糺すの森に見守られるように建つのが下鴨神社の社です。
おすすめは、南側から糺すの森を通っての参拝です。多少時間はかかりますが緑が美しく特別な雰囲気が感じられます。

5.03 週間前

広大な敷地の中に沢山の神社があります。
見どころが沢山あり時間を忘れてくつろげます。
時間に余裕をもってゆったりとした気持ちで行きたいものです。

そうそう、結婚式の前撮りをしているカップルを数組見かけました。
思い出に残るでしょうね。