2020/3/20~4/12 二条城さくらまつり(中止)

京都府のイベント情報


2020/3/20~4/12 二条城さくらまつり(中止)3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年3月20日 ~ 2020年4月12日

京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541 元離宮二条城

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※(新)4月7日から5月6日までを目途に、当面の間、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休城しています。
※コロナウイルス感染拡大に伴い、屋内のイベントなど一部が中止となりました。夜間のライトアップ(プロジェクションマッピング含む)のみ開催となります。


大政奉還発表の舞台として名高い二条城は、徳川家康が造営、家光により現在の規模に完成したものです。
世界遺産に登録されており、二の丸御殿は国宝、二の丸庭園は特別名勝に指定されています。
城内には早咲きから遅咲きまで50品種・約300本の桜があります。
また、夜間観覧では、重要文化財の唐門等の歴史的建造物や桜をライトアップし、訪れた人々を幻想的な世界へ誘います。
お花見屋台広場や京の名産品展,無声映画の特別上映など,多くのイベントを開催し,世界遺産 二条城に訪れる春を盛り上げます。

ライトアップ「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-世界遺産・二条城」の他,お花見屋台広場や京の名産品展,無声映画の特別上映など,多くのイベントを開催し,世界遺産 二条城に訪れる春を盛り上げます。

昨春35万人(日中・ライトアップ営業時間含む)が来城した二条城は、京都でも桜の名所の一つになっています。

イベント名称: 「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-世界遺産・二条城」
開催時期: 令和2年3月20日(金・祝)~4月12日(日)(24日間)
開催時間: 昼 8:45〜16:00(午後5時 閉城)、夜 18:00〜21:30(午後10時 閉場)
入城料金: 一般1,030円/中高生350円/小学生200円(二の丸御殿観覧料含む)
ライトアップ:早割販売:中学生以上1,000円/小学生500円
一般販売:中学生以上1,400円/小学生800円
※和装で御来城の方は,桜まつり期間中,通常観覧の入城料(二の丸御殿観覧料は含まれません)が無料になります。
      ※夜間観覧時は、観覧エリアが限定されます。
      ※通常観覧と夜間観覧は入替制となります。

開催場所  :元離宮二条城(京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541)
例年の人出 :約35万人(昼夜合計)
アクセス  :地下鉄東西線 二条城前駅から徒歩5分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的世界遺産,桜花見,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅二条城前駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

何度か行っていますが、2011年から二十数年計画で大改修が行われているので、改修が終わるまでは、どこかしらは工事中で見られない状態です。例えば、以前行った際は東大手門の改修中で入口が北大手門からだったりしました(東大手門の改修は終わっているので現在は東大手門から入場です)。2020年現在は本丸御殿が見られません(元々耐震問題で2007年から閉鎖していましたが)。2022年から2034年までは二の丸御殿が改修期になるので…全面閉鎖なのか部分閉鎖なのかはわかりませんが、今のようには見られないのではないでしょうか。唐門のように改修を経て美しく生まれ変わりますが、二の丸御殿は二条城の醍醐味なので…全面閉鎖だと寂しいです…安全第一ですけどね。

1.02 か月前

昔何度か行ったことがあり、特に襖絵は毎回後光が差すような圧倒的な存在感が放たれていました。今回、数十年ぶりに訪れましたが、何故か薄っぺらでのっぺりしている。すぐに説明書きが目に入りました。実物は他所に保管しており、模写が展示されているとのこと。それなりの人が模写(これは模造品のレベル)したのでしょうが、がっかりです。昔の映画看板のようにペンキか学童用水彩絵の具でなぞった印象。建仁寺のように高精細複製(高解度カメラ撮影だと思います)にした方がよっぽどマシでしょう。文化財の保護か、本物の存在感を知らしめるか、難しい問題ですがあまりにも酷すぎる。これを見て有り難がる人がいれば悲しいことです。また、模造品とは記されていますが、外国人が日本の芸術とはこの程度かと誤解されれば誠に残念です。(ちなみに障壁画展示収蔵館は休館でした。はたしてどれくらいの人が収蔵館を訪れ本物を見るのでしょうか。しかし、あるべき舞台に置いて鑑賞したいものです)

5.02 か月前

大きなキャンピングカーで行ったのでバスの駐車場に駐車出来るかと思いましたがお断り。色々探すと二条城駅前にバス専用のタイムスがあったのでそちらを利用しました。徒歩15分くらいで、車椅子の子を押して移動しましたがさほど苦では無かったです。良い散歩道でした。城内のスタッフの車椅子対応が素晴らしかった。電動アシスト付きの車椅子の貸し出しも有り、城内の砂利道も難無く押せるし、屋内は専用車椅子に乗り換えて移動出来ました。骨折した娘を連れても安心して行動出来たのでとても感謝しています。桜も咲いて綺麗な庭も良かった。

4.03 か月前

探幽の壁画を見に行きました。壁だけでなく、天井の細部に渡るまで拘って作られているのが分かります。ずっと見ていられます。2時間程1人でじっくり見て回りましたがまだ見足りないのでまた行きたいと思います。大政奉還が行われた場所だと聞きました。歴史が動いた場所に自分も立っていると思うと何だかとても心動かされます。
コインロッカーに300円で大きなトランクや手荷物を預かって貰えるのは便利で有難いです。私が行った時は丁度、修復(?)工事を行っていて募金をすると栞や缶バッジが貰えました。嬉しいです。
撮影ですが、外観はOKで建物内の撮影は残念ながら出来ません......なので公式の写真集を買いました。狩野派の事も書かれていて見応えあります。歴史好きにはおすすめしたい場所ですね。

4.01 か月前

京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある江戸時代に造営された日本の城である。正式名称は「元離宮二条城」。ユネスコの世界文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されている。

京都市街の中にある平城で、現在見られるものは徳川氏によるものであるが、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。そのため、瓦など建物の各所に徳川の葵の御紋と天皇家の菊の御紋が混じりあっているのが歴史の流れを感じさせる。

徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所