2019/7/14 那智の扇祭り(那智の火祭り)

和歌山県のイベント情報


2019/7/14 那智の扇祭り(那智の火祭り)3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月14日 ~ 2019年7月14日

熊野那智大社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日本三大火祭りの一つとされる「那智の火祭」は熊野那智大社の例大祭の御火行事。
熊野那智大社から御滝前の飛瀧神社への年に一度の里帰りの様子を表したもので、十二体の熊野の神々を、御滝の姿を表した高さ6mの十二体の扇神輿に移し、御本社より御滝へ渡御をなし、御滝の参道にて50kg~60kgの十二本の大松明でお迎えし、その炎で清める神事です。
大松明で扇神輿を清め、重さ約50kg以上もある大松明の炎が参道いっぱいに乱舞する光景は圧巻です。

当日は、那智大社境内で「大和舞」、「那智田楽」が奉納され、クライマックスとなる御滝本神事は午後2時から、滝前の参道にて行われます。

なお、平成27年「那智の扇祭り」として国の重要無形民俗文化財に指定されたことから、「那智の火祭り」から「那智の扇祭り」と記載変更しています。

開催時期:毎年7月14日
10:00 御本社大前の儀
11:00 大和舞
11:30 那智の田楽ユネスコ無形文化遺産
12:15 御田植式
13:30 伏拝扇立神事
14:00 御火行事
14:20 御瀧本大前の儀
14:50 御田刈式・那瀑舞
15:30 扇神輿還御祭

会場:熊野那智大社
行き方・アクセス:JR紀伊勝浦駅から滝前までタクシーで約20分

目的お祭り大好き,スリル満点,パレード,パワースポット,世界遺産,大自然,日本のリゾート,日本の秘境,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅紀伊勝浦駅 (約6.6km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

那智の滝は皆さん行かれますが、熊野那智大社へは、階段を登る行程が大変で足が遠退いてらっしゃる方も多いのでは!?大丈夫です。大社のすぐ横まで車で行けます。ただし、駐車料金が800円かかりますが、、(笑)でも、時間の節約とあの階段を登っていく労力を考えるとお安いですよ。今回は、大社の中にある「大樟胎内くぐり」をしました。何百年?それ以上?の大きな樟の中を事前にお札に願い事を書いて通り抜けをします(300円)。那智の滝も遠くから眺める景色も最高です♪

5.04 週間前

熊野三社の一つ那智大社は、西国三十三所の一所目の青岸渡寺と隣接してる大社様です。那智の滝(飛瀧神社)の近くに車を停めると、少しですが、熊野古道を登る感じになりますが、岩を登るような所もあるので、ヒールのない歩きやすい靴がオススメです。体力に自信のない方は上まで行くと、駐車場もありますよ。とてもとても素晴らしい神社です。私は個人的に八咫烏さんが大好きなんですが、八咫烏神社もあり、そちらもまた人気です♡

5.02 週間前

全国に4000社ほどある熊野神社の御本社。
熊野三山の一社です。

熊野の大自然に囲まれた神聖な場所。
まさに神域にお邪魔させていただいたような不思議な感覚。

他の二社より坂道や石段がかなりありますので歩きやすい靴がお薦めです。

あちこちに駐車場がありますが
上に行けば有料です。

私たちは無料の大門坂駐車場にレンタカーをとめて、そこのバス停からバスに乗り那智山まで行きました。

那智山から階段をのぼり

熊野那智大社

青岸渡寺

三重の塔

飛龍神社

那智の御滝

お土産屋さんの並ぶ道を散策

大門坂の石段を下る

大門坂駐車場へ

のコース。
(行きは大門坂をのぼり帰りは那智の滝前からバスで帰るパターンもよいかも)

残念ながら
あちこち工場中でネットがかかっていました。
それでも朱色の鮮やかな社殿は周囲の森の緑の中に映え美しくも荘厳。

巨大おみくじや
大楠の胎内くぐり
お薦めです。

胎内で浄化されて転生する気持ちになりますよ。

ご朱印いただきました。
こちらの巫女さんは三山の中でも
一番丁寧で優しい対応です。
宮司さんが素晴らしいんでしょうね。

改修が終了の折りには
また是非参拝に来たいです。

5.02 週間前

名前は、有名で知っていたのですが実際訪れて圧巻しました!
健脚な内に参拝すると良いと思いました。
私が参拝した時は、まだ改修中でした。
三重の塔と那智の滝もご一緒に!!🤭

4.01 か月前

バス停止から長い石段を延々ただひたすら登ります。何処まで続くかわからないくらい登ります。とても大変でした。登った先には朱塗りの大きな神殿!来て良かったなと思いました。苦労して登った先に極楽!そんな感じです。熊野大社は大権現で、古来から権現信仰の総元締のようです。昔の人は、険しい熊野の山か、断崖絶壁の海岸線を伝って、ここまで来たのです。その信仰心には脱帽します。