2019/4/19~6/9 いつだって猫展

宮城県のイベント情報


2019/4/19~6/9 いつだって猫展2.8

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年4月19日 ~ 2019年6月9日

宮城県仙台市青葉区川内26 仙台城三の丸跡

猫は昔から日本人が深く親しんできた動物。
江戸時代には現代と同じように「猫ブーム」があり、かわいい仕草の猫や怪談話に出てくる化け猫が浮世絵などに描かれました。
今展では、猫を題材とした歌川国芳の浮世絵を中心に、招き猫やおもちゃ絵、版本などを交え、江戸後期から明治にかけて巻き起こった「猫ブーム」の諸相を紹介!

会場:仙台市博物館
開催日時 :2019年4月19日(金)~6月9日(日) 09時00分~16時45分※入館は16:15まで
休館日:毎週月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火) 
料金:一般・大学生:1,300円(前売:1,100円)、高校生:700円(当日券のみ)、小・中学生:500円(当日券のみ)
交通:仙台市地下鉄東西線「国際センター」駅南1出口から徒歩約8分

目的シュール&クール,日本についての知識プロ向け,私は芸術が好きだ,観光名所,超マイナー
最寄り空港/駅仙台駅 (約2.3km) Google Transit

口コミ

3.01 か月前

青葉山公園にある仙台市博物館。なんどか訪れているが、この日は「戦国の伊達氏」という企画展が催されていた。政宗につながる伊達家の資料の展示だが、一番の目玉は、政宗が実際に着た甲冑の特別展示。レプリカだと思っていたら、なんと本物だという。黒を基調に橙色の縁取り、そして金の三日月型前立て、なんともオシャレで伊達者らしいかっこ良さだった。
また、常設展示に慶長遣欧使節の支倉常長のコーナーがあり、学芸員の方に説明してもらった。日本人初めての油絵の肖像と言われる国宝の「支倉常長像」や「ローマ教皇パウロ五世像」、サン・ファン・バウティスタ号のモデルシップ、渡欧した常長の動向を著した海外本なども展示されていて、その背景を知ると実に興味深い。
ただ当たり前ですが興味がある人には面白い場所ですが、特に興味のない人は特別派手な物はないので玄人好みの場所ですね。

2.02 か月前

宮城県仙台市青葉区川内にある仙台市立の博物館です。
博物館は仙台城三の丸跡にあります。
伊達家が仙台市へ寄贈した文化財を保管、研究するために開館し、主に仙台藩に関連する史料や美術工芸品などが収蔵、展示されいます。
博物館の屋外には、伊達政宗(初代騎馬像)の胸像、林子平のレリーフなど仙台市ゆかりの人物の記念碑などがあります。
今回は館内設備改修工事のため休館中でした。
〇休館期間
令和元年12月28日(土曜日)~令和2年3月31日(火曜日)

4.04 か月前

仙台の歴史を古代から現代まで追いながら知ることが出来ます。
伊達家については非常に詳しく説明されていて興味深いです。
ボランティアの方が分かりやすく解説下さったりします。
プレイミュージアムの窓口の担当者さんが塩対応というか気が利かないというか、、、子供がやりたそうに見てるのに声がけとかせずに無視って感じなのが残念でした。

4.06 か月前

特設展を見に行きました。個人的には市営の科学館や美術館より馴染みのない施設でしたが、行ってみると意外と楽しめます。常設のプレイコーナーのようなところには昔のおもちゃや本物の琴を触って良いコーナーがあり、子連れの方も楽しめそうと思いました(そのコーナーだけで1時間以上遊べそうです)。特別展示内容は時期により異なるでしょうから触れませんが、内容が変わった頃に再訪したいと感じる施設でした。

5.06 か月前

仙台城三ノ丸跡にある市立博物館。基本的には写真撮影自由です。地元のボランティアの方がいらっしゃって、約20分間程プライベートにガイドと説明をして下さいます。もちろん無料です。色々と質問したりしながら良い時間を過ごせました。ただボンヤリと見学するよりもずっと良かったです。ありがとうございました。