2019/4/19~6/9 いつだって猫展

宮城県のイベント情報


2019/4/19~6/9 いつだって猫展2.8

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年4月19日 ~ 2019年6月9日

宮城県仙台市青葉区川内26 仙台城三の丸跡

猫は昔から日本人が深く親しんできた動物。
江戸時代には現代と同じように「猫ブーム」があり、かわいい仕草の猫や怪談話に出てくる化け猫が浮世絵などに描かれました。
今展では、猫を題材とした歌川国芳の浮世絵を中心に、招き猫やおもちゃ絵、版本などを交え、江戸後期から明治にかけて巻き起こった「猫ブーム」の諸相を紹介!

会場:仙台市博物館
開催日時 :2019年4月19日(金)~6月9日(日) 09時00分~16時45分※入館は16:15まで
休館日:毎週月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火) 
料金:一般・大学生:1,300円(前売:1,100円)、高校生:700円(当日券のみ)、小・中学生:500円(当日券のみ)
交通:仙台市地下鉄東西線「国際センター」駅南1出口から徒歩約8分

目的シュール&クール,日本についての知識プロ向け,私は芸術が好きだ,観光名所,超マイナー
最寄り空港/駅仙台駅 (約2.3km) Google Transit

口コミ

4.03 週間前

「いつだって猫展」を見ました。駐車場も空いていて、良かったです。歌川国芳の猫の浮世絵が中心で、見応えがありました。時々、良い展覧会があるので行きますが、駐車場の数が少いです。青葉山の下にあるので、緑に囲まれ、自然一杯で気持ちの良い場所です。レストランは2階にあるので眺めが良くゆっくり出来そうです。食していませんので、味はわかりません。常設展もゆっくり見るといいですよ‼️一番は、宮城のお土産が揃っています。県外から来た人は喜ぶでしょう🎵

5.01 か月前

特別展「いつだって猫展」を見てきました。江戸時代の猫ブームの浮世絵や絵入り本、人形等200点余りの展示で見応えが有りました。絵入り本がスマホくらいの大きさで、文字サイズが文庫本の文字くらいだったので、現代文に直した復刻版の本があったら読んでみたいと思いました。
今回は閉館時間が迫っていたので、常設展は見ないで帰宅しました。7月12日から「戦国の伊達氏」という企画展が始まるそうなので、その時に常設展はゆっくり見たいと思います。

3.02 週間前

今日は「いっだって猫展」を見て来ましたよ〜!ユニークな色んな猫が描かれていました…昔から身近な存在でペットであり、鼠を獲ったり、女に例えられたり縁起物だったりと身近に居ながら気儘な一面であっち向いてたりと可愛くってたまりませんね〜😍😍勿論、我が家の兄弟猫が一番めんこいなぁ😺😻

5.02 週間前

特別展 いつだって猫展に行って来ました。コロコロと変わる猫の表情や擬人化された猫などたくさんの絵があり、楽しかった!色んな地域の招き猫も展示されていて、顔の違いや色の違いがあって面白かったです。
時間が無くて、常設展には行けませんでした。

5.02 週間前

色んな企画があって、いつも面白いです。
常設も良いですよ。
仙台市は学芸員さんが優秀なのか、こういった所はどこも良いです。