4/15~6/15 瑠璃光院 春の特別拝観

京都府のイベント情報


4/15~6/15 瑠璃光院 春の特別拝観3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年4月15日 ~ 2021年6月15日

京都府京都市左京区上高野東山55

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

令和3年春の特別拝観のご案内
4月15日より6月15日まで、特別拝観を行います。予約なし、直接お越しください。
ご参拝される方には、ご不便をおかけしますが、マスクの着用・ソーシャルディスタンスの確保にご協力とご理解を賜りますようお願いいたします。
**************************************************************************************************************************************************

青いもみじが美しい新緑の八瀬。
『八瀬 瑠璃光院』は本願寺歴代門跡も訪れた由緒ある寺院。
文化財保護の観点から非公開であったが、近年は春と秋の年2回のみ特別拝観できるようになりました。
1万2000坪の敷地に、240坪の数寄屋造りの建物を囲む『瑠璃の庭』や『臥龍の庭』「山露地の庭」といったそれぞれ趣の異なる三つの日本庭園を有し、特に書院2階から見る『瑠璃の庭』の紅葉は大変美しいことで知られています。
瑠璃の庭など山内に数百本カエデが植えられています。
初夏になる前に、板の間や畳に緑が映り込む「床緑」がとても美しく見応えがあります。
瑠璃光院の書院の二階にあがるとそこには目を奪われるような美しき景色が広がっています。
書院の窓全体に広がる瑠璃の庭の青もみじと室内の漆塗りの机の天板、床板に鮮やかに移り出された逆さ紅葉(鏡のもみじ)が素晴らしいです。

三条実美公命名の茶室「喜鶴亭」のほか、八瀬名物「かま風呂」等を鑑賞できます。

〇会場:京都府京都市左京区上高野東山55
〇期間:2021年4月15日(木)~6月15日(火)期間中のお休みなし
〇拝観時間:10:00~17:00
〇拝観料:一般2,000円

アクセス:「出町柳駅」から叡山電車(八瀬比叡山口行)にて「八瀬比叡山口駅」(終点)下車。徒歩5分
     地下鉄「国際会館駅」から京都バス(大原・小出石行)にて「八瀬駅前」下車。徒歩7分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://rurikoin.komyoji.com/lp/

目的インスタ映え,パワースポット,大自然,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅八瀬比叡山口駅 (約0.2km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

夏の特別拝観に伺いました。
息を飲む美しさ☆
2階では写経机に外の景色が移り、誰でも素敵な写真が撮影できます。
瑠璃の庭も臥竜の庭も素晴らしいです。

10時開門にあわせて9時40分到着で、数人並んでましたが、すぐに入れました。
混雑する秋の紅葉も見に行きたいです。

4.0過去 1 週間以内

よくSNSで見ることがあり行ってみたいと思いいざ突撃、連休明けの平日初日なのでかなり人は少ないですしとても見やすかったです、休日はとても並ぶんだろうなと思わせる入場規制の後がありました。窓から見える木々や庭は圧巻の一言でした季節が変わるたびに何度も足を運びたいと思いました。
しかし入場に1人2000円は正直高いと思いました
なので星は4つです。

4.0過去 1 週間以内

風流っていうんですかね、隠れた場所にあり平日でも割と人はいます。
写経をしたり気持ちを落ち着かせたり。
古き日本の和の心を感じる事が出来ないと手持ち無沙汰かも。
写真の風景だけを期待して来るとちょっとだけ盛られるなと思ってしまいます。
ですが、総合的に見ても良き日本文化を象徴する場所となっています。

5.01 か月前

初めて拝観させて頂きました。
コロナの影響で予約無しで入れました。

流石の美しい新緑の紅葉でした。
本当に圧倒される美しさで感動しました。

秋の紅葉もきっと美しいと思います。
御縁があります事祈り、いつか見れる事楽しみにしたいと思います。

4.01 か月前

岐阜市に本坊がある「浄土真宗無量寿山光明寺」の支院で、本尊は阿弥陀如来。京福電気鉄道の所有の高級料理旅館「喜鶴亭」として営業していましたが廃業により光明寺が買収。2005年に寺院に改められました。

大正末期に名人と称された中村外二により数寄屋造りに建て替えられた書院二階、黒机に映り込むもみじの光景で広く知られる限定公開の「インスタ映え人気スポット」として、また仁和寺の御用達庭師、佐野藤右衛門一統の作による「瑠璃の庭」「山露路の庭」「臥龍の庭」が知られています。

ちなみに料理旅館の前、当初は明治から大正期の”関西政財界の重鎮”として京都銀行の前身「亀岡銀行」「京都株式取引所」「京都電燈株式会社」「京都鉄道株式会社」といった30近くの会社、立命館大学の設立にも関わった田中源太郎が所有、維新の元老・三条実美が喜鶴亭と命名した1万2000坪の個人別荘でした。