2019/5/18~5/26 松江城山稲荷神社式年神幸祭 ホーランエンヤ 10年に1度の祭典

島根県のイベント情報


2019/5/18~5/26 松江城山稲荷神社式年神幸祭 ホーランエンヤ 10年に1度の祭典4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年5月18日 ~ 2019年5月26日

島根県松江市松江城山稲荷神社、大橋川、意宇川(東出雲町)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

10年に一度、約100隻の船が大橋川と意宇川を舞台に繰り広げる、絢爛豪華の大船行列「ホーランエンヤ」とは、370年の歴史を有す松江城山稲荷神社式年神幸祭の通称で、水の都松江が誇る全国最大級の船祭りです。
古くから宮島の管絃祭、大阪天満の天神祭と並び、日本三大船神事の一つといわれます。

ホーランエンヤは、城山稲荷神社の御神霊を阿太加夜神社まで船でお運びする渡御祭、阿太加夜神社における7日間の大祈祷とその中日の中日祭、阿太加夜神社に安置された御神霊を再び城山稲荷神社に船でお送りする還御祭で構成されます。
見所の「渡御祭」と「中日祭」と「還御祭」には、五大地と呼ばれる地域の人々が色とりどりに装飾した櫂伝馬船に乗り組み、松江市指定無形民俗文化財「櫂伝馬踊り」を勇壮に披露します。(中日祭では陸船の上櫂伝馬踊りを披露)

威勢のいいホーランエンヤの唄声に整然と揃う櫂さばき、舳先で威風堂々見得を切る歌舞伎風衣装の剣櫂、艫で艶めかしく身をくねらす女姿の采振りと、空前絶後の一大錦絵巻が繰り広げられます。
松江市のホーランエンヤは10年に1度しか開かれないお祭りで、そのため人出は10万人とも言われますが、前回の開催時の人出は36万人越えでした。
松江市の人口よりはるかに多い人数の見物客が訪れます。

渡御祭(とぎょさい) 2019年5月18日(土)
祭の幕開けです。
城山稲荷神社での祭典後、御神霊を厳かな陸行列で大橋川河畔へお運びします。
御神霊を神輿船にお移しし、静寂のなか清目船による御祓がすむと、煙火を合図に絢爛豪華な櫂伝馬一大船行列がスタートします。
護岸に溢れる人々とともに、豊かで幸多き年であるようにと願いながら勇壮かつ華麗な櫂伝馬踊りを奉納し、約100隻、約1kmにも及ぶ大船団は約10km離れた隣町の阿太加夜神社まで向かいます。
櫂伝馬の一行が、行く手を阻むすべての厄災から御神霊を守り、無事に阿太加夜神社送り届けます。

中日祭(ちゅうにちさい) 2019年5月22日(水)
7日間の大祈祷の中日に、阿太加夜神社の氏子は櫂伝馬を招き入れます。
櫂伝馬船による櫂伝馬踊りを披露した後櫂伝馬は氏子が用意した陸船に乗り換え、出雲郷橋から参道を進み、阿太加夜神社へと向かいます。
色とりどりに装飾された5隻の陸船を、ホーランエンヤの掛け声とともに櫂掻きたちが力強く曳き、船上では役者達が櫂伝馬船の船上のそれと同じように勇壮かつ華麗に踊り上げ、道中の観衆を魅了します。
境内にたどり着くと、五大地がそれぞれ順番に櫂伝馬踊りを奉納し、安置された御神霊をお慰めします。

還御祭(かんぎょさい) 2019年5月26日(日)
7日間の大祈祷を終え、阿太加夜神社に安置されていた御神霊が、初日の渡御祭とは逆の経路をたどって、もとの城山稲荷神社にお還りになります。
五大地の人々は再び櫂伝馬船を繰り出し、絢爛豪華な船行列でお供をします。
やがて松江に入ると、9日間の大祭の最後を一目見ようと詰めかけた観衆の前で、全船団威勢よく一糸乱れぬ櫂伝馬踊りを披露します。
そして、陸路城山稲荷神社境内を目指し、厳かに祭礼をすませ、櫂伝馬は全身全霊最後の力を振り絞り、櫂伝馬踊りを奉納し、最高潮のなか10年ぶりの盛儀は幕を閉じます。

アクセス:
電車:JR山陰本線「松江」駅下車、北に徒歩約5分。
車:山陰道「松江西」より国道9号線を東に約15分。

「ホーランエンヤ」の由来は、櫂伝馬船の船上で唄われる櫂かきの掛け合いの音頭といわれています。
古くは、音頭取りの「ホーラ」の掛け声に、櫂かきが「エンヤ」と声を合わせて櫂を漕いだ。
この二つの詞が一つとなり「ホーランエンヤ」となったとも言われ「豊来栄弥」「宝来遠弥」とも書かれます。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://ho-ran2009.city.matsue.shimane.jp/about.html

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,インスタ映え,パレード,伝統民俗,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅松江駅 (約2km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

松江城に来て、ここに寄らないのは凄く勿体無い

私がお参りにしたときは、誰も来ませんでした

松江藩初代藩主 松平直政公が
作らせた防災のお稲荷さま
なので、葵の御門が入っています

10年毎に開催される、日本三大船神事・ホーランエンヤは、このお稲荷さまの式年神幸祭です

いままさに、開催中なんですね

境内には、1,000体はあるのではないか?と思われる狐の置物がずらり
結構迫力在ります

怪談の小泉八雲も大好きだった、狐の石像も在ります

松江城から小泉八雲資料館に歩いて行くときは通るので、是非寄ってください

5.02 か月前

2019 5 17

本日、城山稲荷神社にて参拝させて頂きました。一昨年の秋に一度参拝させて頂きました。二度目の参拝になります。

明日は、ホーランエンヤの渡御祭ですね🎵

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

2019 5 18

今日は、10年に一度行われるホーランエンヤの渡御祭です🎵凄い人出です❗

沢山の若者が熱心な演技をしております。感動しました🎵一番目立つのは、前と後ろの踊り手ですが、歌を歌う方も船を漕ぐ方も皆一生懸命なされております❗素晴らしいものを拝見しました🎵

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

ホーランエンヤ

「ホーランエンヤ、エンヤサノサッサ・・・」
川面に力強い歌声が響きわたる。その唄に合わせ、何万人もの観衆の注目を浴びながら歌舞伎役者に扮する「剣擢」が勇壮な踊りを繰り広げる。櫓に置かれた四斗樽の上で華麗な身のこなしを披露する「采振り」が、采で大きく弧を描きながら天を仰ぐ。そろいのはっぴ姿の男たちが唄に合わせて一糸乱れず櫂をこぎ、あどけない子供たちが太鼓をたたく。水上を舞台に、百隻もの船が五色の旗を風になびかせけんらん豪華な時代絵巻さながらに行列を成すその祭礼に、橋や川岸に詰めかけた観衆から大きな拍手がわき起こる。

松江市の城山稲荷神社と東出雲町の阿太加夜神社の両社で執り行われる10年に一度の式年行事「ホーランエンヤ」である。

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

城山稲荷神社(じょうざんいなり)

 初代藩主堀尾茂助吉晴公がここ亀田山に築城の際、この山にあった他の社寺はそれぞれ移転したが、この地にあった若宮八幡宮はそのままこれを守護神として祀った。その後、松江藩の基礎を築いた松平直正公(堀江吉春公から数えて3代目で、家康の孫にあたる)が城内に勧請した神社で名工・小林如泥作の木狐を神宝とするのが城山稲荷神社。境内には1000体以上もの狐が奉納されている。かっては2000体以上もの狐があったと言う。
 松江をこよなく愛した明治の文豪・小泉八雲が通勤途中に毎日のように立ち寄った神社のよし。

3.01 か月前

創建は寛永15年(1638)、松江藩の基礎を築いた松平直正が松江城内に勧請したといいます。10年に一度、大阪天満宮の『天神祭』、厳島神社の『管絃祭』とともに日本三大船神事の一つに数えられる『ホーランエンヤ』(式年神幸祭)が斎行されています。

1.03 か月前

雰囲気はとてもいい神社ですが、お札が欲しかったので、貼り紙通りに下にある社務所に行ったら、テレビ観てる音聞こえて明らかにいるのが解るのに呼んでも無視、インターホンがある事に気付いたので押しても無視。居留守使う位接客嫌なら御守り等売るなって思いました。

1.06 か月前

御朱印の対応が悪かったです、
列に思い並んでいましたが、前の方がゴソゴソと荷造りしているうちに、担当の方はふいっと奥へ…
タイミングを見て声をかけたところ、「さっき後ろに並んでいらっしゃったでしょ?すぐに言やぁいいのに…忙しいんだから…」と小言を言われました。

社内には独特な顔のお稲荷さんが沢山おり、独特な雰囲気で面白かったですが、塩対応で気分が落ち込みました。
他の方のレビューを見たところ、よくあることのようですね。

手が回らないなら、御朱印を渡す業務自体をお辞めになればいいのに…