2019/6/6~6/10 つきじ獅子祭(2019年 陰祭)

東京都のイベント情報


2019/6/6~6/10 つきじ獅子祭(2019年 陰祭)3.8

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年6月6日 ~ 2019年6月10日

東京都 中央区 築地6丁目20−37

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

災難・厄除、商売繁盛、工事安全の祈願で知られる波除(なみよけ)稲荷神社。
波除稲荷神社の夏越し大祭は6月に『つきじ獅子祭』という名で開催されます。
江戸時代波除稲荷神社は激しい波風を鎮めたことから人々に信仰が広がり、雲を従える龍や風を従える虎、ひと声で万物を威伏させる獅子、それぞれの頭が奉納されました。
これら頭を担いで行った祭礼が築地獅子祭の起源となります。

「陰祭り」(かげまつり)では日曜に神社千貫宮神輿・天井大獅子(高さ2、4メートル・幅3,3メートル・重さ1トンの雄獅子)・弁財天お歯黒獅子(高さ2、15メートル・幅2,5メートル・重さ700キロの雌獅子)のどれか一基が、三年に一度(前回は2018年)の「本祭り」では雄雌一対の大獅子のどちらか一基が土曜の渡御祭で担がれて巡行され、宮神輿を船に乗せての「船渡御」と「水鎮祭」を行います。
雌の大獅子は女性だけの担ぎ手の区間が設けられていて、築地名物として定着しつつあります。
また子供神輿や囃子出車が波除稲荷神社や築地周辺を渡御して、下町に響き渡る太鼓やお囃子に、わっしょいと掛け声と担ぐ神輿の姿で、盛り上げてくれます。
また、8日・9日は神社から晴海通りまでの参道の両脇に露店も多く立ち並びます。
8日には重要無形民俗文化財の若山社中による江戸里神楽の奉納がございます。
大祭初日より境内に夏越し大祓いの茅の輪が立ち、大祓式まで茅の輪くぐりができます。
大祓いをお申し込みの方には神札を授与します。

開催期間:令和元年6月7日(金)~10日(月)
開催会場:波除稲荷神社
交通:都営大江戸線築地市場駅A1出口から徒歩5分
   東京メトロ日比谷線 築地駅徒歩7分
   東京メトロ日比谷線 都営浅草線 東銀座駅徒歩9分
露店:約60店
来場者数:約3万人

6月7日(金曜日) 宵宮祭
6月8日(土曜日) 御神楽祭
6月9日(日曜日) 渡御祭
           千貫宮神輿 町内全域を御巡行
6月10日(月曜日) 大祭式

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

http://www.namiyoke.or.jp/shishimaturi.html

目的お祭り大好き,アクセス良好,グルメ,パレード,伝統民俗,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅築地駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

3.01 週間前

日比谷線/築地A1築地本願寺徒歩10分弱
 大江戸線/築地市場A1徒歩5分
*由来等は下記の通り立派ですが…
御朱印ブームがよくないなのかなぁ⁉
 昨今、社の神職・巫女に手抜き❕
問題点有り、有り…とても、残念‼
神職・巫女の自覚がほしい❗
で、⭐3つ落としました。

 明暦の大火の後に4代将軍家綱公が、最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれ
 或夜、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。
早速現在の地に社殿を作りお祀りして、盛大なお祭等を模様した。波風がピタリとおさまり、工事は進み埋立も無事完成‼
 その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。
それ以来今「災難を除き、波を乗り切る」 波除稲荷様として、崇められております。

 毎月7日には"七福神祭"
拝殿にその月の七福神様が祀られます。
 5節句の月日には、特別御朱印・祭等のイベントが有ります。
*6月のつきじ獅子祭には、境内の天井獅子・お歯黒獅子も担がれ壮大です

  ** 昨今感じること**
社務所に立っ巫女さんたち、バイトなのかぁ⁉
巫女見習いかぁ⁉ 其にしても、だらしない‼
 社務所前に参拝者の方々がいなくなると、"私語"
"ペットボトルのがぶ飲み"其を、黙って見ている神職
 参拝者の方の"揚げ足をとる"言いかた
社の教育が悪すぎます。

5.03 週間前

〔波除稲荷神社 *Namiyoke Inari Shrine〕
人生の荒波を乗り越えさせてくれそう、
そんなありがたい神様です。

築地って、その名の通り地面を築いた土地です。そう、埋め立て地なのですが、どうもすごい苦労があったようです。

埋め立てを始めると、大きな波に崩されてしまう。そこに漂着したのが、ここのご神体 稲荷大神 、早速 お祀りしてみると、波が治まり、無事工事が完成したとのこと。
めでたし! めでたし!

築地はそれ以来、様々な形で繁栄を続けています。現代では、築地本願寺、築地市場、朝日新聞、国立がんセンター などひしめき合う、活気のある街になっています。2020 年のオリンピックでは、市場の跡地が交通センターとなるとのこと。

その中で、この土地の繁栄や安寧を祈願しつづけた この神社にお参りすると、とにかく元気になります。災難を取り除き、波を乗り越えるという御神徳のために、多くの方の信奉を受けています。

4.03 週間前

東京八社巡りの御朱印帳集めで訪れました。
以前は特に、仕事で来てので寄ってみました。(^ ^)

歴史は、
江戸時代まで海だった場所に土地を埋め立ててできたのが築地です。その工事の最中現れた御神体を祀ったことで創建され、その後自然災害が治まったそうです。そのため厄除けパワーが強い神社みたいです。

『人生の困難にぶつかった時』
波除稲荷神社でパワーをもらうことで乗り越えることができるとか。

本堂には雄雌対の巨大な獅子頭がありました。
荒波を起こす風と雲を追い払ってくれるとか。
万物を沈めるご利益をいただけるので、悩みを解消したいときは参拝すると良いとか。

前回来た時は、七福神様所はなかったのですが、今回はありびっくりしました。可愛いです。

神田明神と関わりがあるようなので♫
水神様は閉鎖されているようで行けませんでした。
残念。みたかったな。

4.01 か月前

大きなお歯黒獅子が飾ってあります。「つきじ獅子祭」の三年に一度の本祭りでは神社神輿と大獅子が一緒に担がれて巡行します。お歯黒獅子(雌獅子)も人気です。大祭期間中は多くの人で賑わうというとのことです。お祭りは6月の初めの金曜~日曜に行われます。

5.04 か月前

元々は築地場内への入り口にあった神社、今は場外のはじっこになった。
参拝者も外国人観光客も程よく集まり
程よく落ち着いていて居心地が良い。
鳥居の左右に巨大な獅子の頭があり面白い。
食べ物を祀った塚がある辺りがとても築地っぽい。
築地に行ったら寄ると良い場所だと思います。