8/13~8/15 鳥取しゃんしゃん祭

鳥取県のイベント情報


8/13~8/15 鳥取しゃんしゃん祭4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月13日 ~ 2019年8月15日

鳥取県鳥取市市街道

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

毎年8月13日から15日に開催される鳥取市最大のイベントです。
祭りのメインイベントである一斉傘踊りでは、約4500人もの踊り子が約50個の鈴と金銀の短冊を付けた傘を手に、一斉に市街地を舞い歩く姿は圧巻です。
「一斉踊り」の参加者は100連・4000人あまりに及び、2014年に「世界最大の傘踊り」としてギネス世界記録に認定されました。

大森神社の例祭「鳥取祭」と併せて誕生した「鳥取祭」が起源で、大衆化するために、鳥取県東部地方に伝わる「因幡の傘踊り」を簡単にアレンジし、伝統の「きなんせ節」とともに傘踊りして、誰もが参加出来る祭りとして変化したのがしゃんしゃん祭りです。
傘に取り付けられた鈴が「しゃんしゃん」と鳴ることや鳥取駅前の鳥取温泉の湯が「しゃんしゃん」と湧くことからその名があります。
鳥取県東部の伝統芸能「因幡の傘踊り」の傘を、1回り小さくして誰でも踊れるようにしたもので、竹で組まれた骨組みに和紙を張って飾られています。
外側の赤・白は「砂丘」、中心の金は「賑わい」、青は「日本海」、ひし形の銀は「魚が飛び跳ねている様子」、赤と銀は「傘踊りの華やかさが輪と一つになること」、そして頭の白和紙は「雨乞いの祈願」を意味しているそうです。

優麗な踊りと大迫力の鈴の音を体感しに、見物客の人出は20万人以上に達します。

鳥取しゃんしゃん祭を締めくくるフィナーレとして、約5000発の花火が打ち上げられます。
リズムに乗せた音楽花火など、バラエティに富んだ色とりどりの花火が夜空を染めます。

開催場所:JR鳥取駅前風紋広場、若桜街道、智頭街道 、千代河原市民スポーツ広場
アクセス:JR鳥取駅からすぐ。鳥取自動車道鳥取ICより車で15分。
開催日 2019年8月13日(火)17:00~20:35 [前夜祭] 会場:風紋広場
     2019年8月14日(水)16:00~21:00 [一斉傘踊り] 会場:若桜街道、智頭街道、バードハット他
     2019年8月15日(木)19:00~21:00 [第66回市民納涼花火大会] 会場:千代河原市民スポーツ広場
開催内容
    [前夜祭]
 ・すずっこフェスティバル
 ・すずっこ踊り
 ・前夜祭セレモニー

[一斉傘踊り]
 ・一斉傘踊り
 ・傘踊り体験コーナー
 ・鈴傘夜市「にぎわい屋台村」

[第66回市民納涼花火大会]前年の人出 約13万人 
 ・しゃんしゃん傘踊りステージ、夢キッズ絵画コンクール表彰式
 ・20:00~21:00 花火打ち上げ
 
【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

目的お祭り大好き,アクセス良好,パレード,伝統民俗,体験,日本の花火,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅鳥取駅 (約0.1km) Google Transit

近くのスポット

約2.2km
約10.4km
約14km
約37.2km
約51.1km
約55.4km
約68.6km