6/9~6/11 池田大祭(規模縮小)

福井県のイベント情報


6/9~6/11 池田大祭(規模縮小)3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年6月9日 ~ 2020年6月11日

福井県今立郡池田町稲荷13-1 須波阿須疑神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※2020年の例大祭は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、神輿や子ども相撲、出店などの催物は、一切中止とさせていただくことになりました。
----------------------------------------------------------------------
池田町の総社である須波阿須疑神社(すわあずき)、1300年以上の歴史ある神社の夏祭り。

9日は、県指定文化財「池田追分」民謡踊り大会や子供相撲奉納、10日は、例大祭、慰霊祭、神輿渡御、ショーイベント(福井出身シンガーソングライター・せりかなライブ、演歌歌手・川野夏美歌謡ショー)が予定されているほか、2日間とも浦安の舞の奉納あります。


高さ40メートル、幹の周り10メートルで須波阿須疑神社境内奥にそびえる御神木です。
この樹齢千数百年といわれる北陸一の大杉も見物です。

開催期間: 6月9日~6月11日 毎年同日
開催場所:福井県今立郡池田町稲荷13-1 須波阿須疑神社
交通 :JR武生駅から池田町行きバス「稲荷」下車徒歩約2分
クルマ:北陸自動車道「武生」ICまたは「鯖江」ICから約30分
駐車場:100台、無料

例年日程(ご参考まで)
6月9日
13時~ 子供相撲奉納
※見物の方からは、非常に本格的だと毎年好評です。
19時30分~ 懸賞付き民謡踊り大会(池田追分民謡保存会)
20時~ 宵宮祭
20時30分~ 浦安の舞奉納

6月10日
10時~ 例大祭
13時~ 慰霊祭
14時~ 浦安の舞奉納
神輿渡御(大人神輿1台、子供神輿1台)
※大人と子供は別ルートで回ります。大人神輿は非常に迫力があると評判です。
19時~
福井出身シンガーソングライター・せりかなライブ
演歌歌手・川野夏美歌謡ショー (※ともに入場は無料です)

※6月11日は特に催しはありません。

主催:池田惣社大祭奉賛会

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,伝統民俗,子供サイコ―,家族向け,神社・寺
最寄り空港/駅武生駅 (約16.1km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

高温注意情報が出るような夏の暑い日でしたが、大鳥居をくぐり参道に入ると、とても涼しく空気が変わるのが感じられます。神門を通り手水所、拝殿、本殿まで、鮮やかな緑や歴史を楽しみながら参拝できました。拝殿は自由に中を見学できました。
個人的には、平泉寺白山神社に並ばないまでも、それに近い威容だと思います。
拝殿と本殿の間の左にある三社は、中央から順に「市杵島姫神社」、「祖霊社」、「秋葉神社」。

<Wikiより>
創建は第25代武烈天皇の御代、信濃国一宮である諏訪大社の御分霊(建御名方神)を勧請したのが始まりとされている。
その後、地元神で「あづき神」、つまり小豆島の神である大野手比売命を合祀し、奈良時代の霊亀2年(716年)には倉稻魂命(稲荷神)を合祀した。
現在までに、正殿が倉稻魂命、右殿が建御名方命、左殿が大野手比売命で、太田命・大己貴命を配祀する。池田郷の48ヶ村の惣社として信仰を集め、歴代領主にも崇敬された。
中世の戦乱により一時衰退したが、延徳3年(1491年)、朝倉貞景の家臣池田時忠が再興し、社殿を造営した。これが現在の本殿である。
しかし、安土桃山時代の天正2年(1574年)、一向一揆によって本殿を残して多くの社殿、社宝、記録などを焼失。庇護者だった朝倉氏も滅亡したため、再び衰退する。
文禄4年(1595年)から再興され、慶長5年(1600年)には拝殿が再建された。その後の領主からは修理・改修のごとに白銀が寄進された。
江戸時代後期の嘉永3年(1850年)、現在に残る神門が建立された。
明治6年(1873年)、県社に列し、明治41年(1908年)には神饌幣帛料供進社に指定された。

4.03 週間前

御神木があるのは良い神社。
落ち着いた雰囲気でとても癒やされた。
登山前のご挨拶。

4.03 か月前

神仏集合の名残が残る神社でした。水分を多く含んだ境内は緑が濃くとても美しい場所でした。

5.04 か月前

当社は池田惣社と称され、本殿は国指定の重要文化財、拝殿と楼門は池田町の指定文化財です。

3.01 年前

須波阿湏疑神社(すわあづぎじんじゃ)です。大鳥居を目の前にした後ろに一里塚(町指定文化財)があります。大鳥居の前にはお枕橋、田中社があります。大鳥居をくぐると左手に八幡神社があり、神門(町指定文化財の楼門)が目の前に見えてきます。神門をくぐるとその先に手水所、拝殿(町指定文化財)が見えます。拝殿の裏には本殿があり、これは国指定重要文化財に指定されています。本殿の両脇には社が2、3建っています。
拝殿を目の前にして、左に行くと社務所があり、御朱印が頂けます。右へ行くと、おとの池という池があり、梅花藻が今咲いています。他にも水神社、稲荷八幡神社、県指定天然記念物の稲荷の大杉などがあります。