2019/6/1~9/1 東京タワー 天の川イルミネーション

東京都のイベント情報


2019/6/1~9/1 東京タワー 天の川イルミネーション3.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年6月1日 ~ 2019年9月1日

東京都港区芝公園4-2-8東京タワー

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

東京タワーのメインデッキ1Fで、恒例の夏の風物詩「天の川イルミネーション」は、天の川が架かった夏の夜空を「青色」と「白色」のLED電球で表現する夏限定の室内イルミネーションです。
メインデッキ2階フロアの北面(皇居・丸の内方面)の天井に白色の「天の川」がゆったりと流れ、北面から東面(浜松町・東京湾方面)と西面(六本木方面)の一部にかけて、夜空を埋め尽くす「無数の星」が青く輝きます。
また、天の川を挟んで赤色の織女星(織姫)と白色の牽牛星(彦星)が輝き、白く光る2つの「流れ星」が長い尾を引きながら、時折、星空を行き交います。
夕暮れが近づき周囲が暗くなってくると、メインデッキの窓ガラスに「青く輝く星屑」と「白い天の川」が映り込みます。
眼下に広がるリアルな東京の夜景の上に、まるで天の川が架かった星空が広がっているかのような、幻想的な空間が楽しめます。

さらに、今年は日本の夏を映像で演出する3Dプロジェクションマッピングイベント「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA(シティライトファンタジア)~Cool Japanese Summer~」をテーマに、巨大な入道雲や飛行機雲、ビー玉を敷き詰めた金魚鉢を泳ぎ回る金魚たち、ヒマワリの大群が咲き乱れる映像が広がります。
青い星空と白い天の川が流れる「天の川イルミネーション」の中、鮮やかな大輪の花火が次々と打ちあがる、涼しげな夏の投影が体感できます。

昨年まで、別フロア(1階と2階)で、それぞれ単独で開催していた東京タワーの“夏を代表する2大企画”を、今年は同じフロアで楽しめます。

料金:メインデッキまでの展望料金だけで楽しめます。
   大人(高校生以上)900円、子ども(小・中学生)500円、幼児(4歳以上)400円※税込
交通:【電車】都営地下鉄赤羽橋駅から徒歩5分。都営地下鉄御成門駅から徒歩6分。東京メトロ神谷町駅から徒歩7分。JR浜松町駅から徒歩15分
【車】首都高速都心環状線・芝公園出口から約7分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

目的ここは行っとけ,アクセス良好,インスタ映え,カップル向け,体験,夜景,私は芸術が好きだ,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅神谷町駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

4.02 週間前

外階段が利用出来ると聞いてチャレンジ。大人だと上り15分下り7分。風が強い日だっが金網で階段は囲われており、安全。幼児連れもいたけど無理ではない。達成感があり、一度はやってみるのは、良い思い出になると思います。

5.02 週間前

オープンエア外階段ウォークで昇りました。
600段の階段を幼稚園児でも楽々昇る事が出来ました。
高所恐怖症の方はちょっと怖いかもしれません。

暑い日でしたが、風が吹き抜けていて、とても気持ち良かったです。

ゴールすると、昇り階段認定証をいただきました。
何種類かあるようでどれも素敵な東京タワーの写真でした。

階段を昇っても大人1200円、高校生1000円、小中学生700円、4歳以上幼児500円です。

やっぱり東京タワーは素敵でした。

5.04 週間前

遠くから見ても近くから見ても東京タワーは本当に美しいです。

今回は階段で展望フロアまで上がれるように再開していたため約600段の階段を登ってきました。

チケットの購入に30分ほど並びます。
人を集まっていますが、係員の方が間隔を取って並ぶようにこまめに案内してくださるので安心です。

いざ階段を登り出すと10分ほどで到着。
小さなお子様、年配の方もどんどん登っておられました。

展望台から見える景色もいいですが登りきった達成感があります。

もちろん帰りも階段ですので降っていきます。
膝がガクガク笑ってきた頃に地上につきました。

とてもいい運動になります。
そして裏面出口から出ると目の前にフードトラックがあり、気づいたらビールを飲んでいました。

4.01 週間前

6/21(日)15:00頃行きました。コロナの影響ですいており、昇りは頑張って階段に挑戦!
小学生のこどもと一緒に600段をのぼり、バテバテになるかなと思いきや、小汗がかくぐらいで済みました。何人にも抜かれゆっくり、25分かけてのぼりゴール。最後に昇り階段認定証をもらいました。カードの柄がみんな違い、10種類あるようで、また、登って種類を増やしたいなと。

5.02 週間前

東京タワーは、見る場所によって様々な表情、印象が変わります。
違和感を感じさせない、嫌みのない建造物。
首都高から横目に見る東京タワーは迫力があって美しい。
サヨナラに二通りあって、何時もなら地下鉄の階段降りていくあなたを見届けはしない。