2019/6/7~6/30 湯の丸高原つつじ祭

群馬県のイベント情報


2019/6/7~6/30 湯の丸高原つつじ祭3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年6月7日 ~ 2019年6月30日

湯の丸スキー場

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

60万株のレンゲツツジが開花し
鮮やかな朱色の絨毯のように
湯ノ丸山一帯を覆い尽くします。リフトからツツジを眺めたり、遊歩道を散策することができます。

時期 2019年6月7日(金)~30日(日)に開催!!

会場 湯の丸スキー場

楽しみ方 イベント日には、特産品の販売やお楽しみ抽選会、ステージでのバンド演奏などが行われます。

アクセス
☆電車 万座・鹿沢口駅より無料送迎シャトルバスで45分
https://www.tsumagoi-kankou.jp/yunomaru-shuttle-bus

☆お車 東部湯の丸ICより20分 小諸ICより20分 (駐車場完備)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

目的インスタ映え,女性好み,季節の花,家族向け
最寄り空港/駅軽井沢駅 (約22km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

8月中旬に訪れました。
下界は35℃と言う中、ここは26℃・湿度38%という極楽の地です。
受付の湯の丸ホテルで済ませ、利用者は僕だけと知り、自由にサイトを選択する事が出来ました。

高峰高原林道から入ったので、絶景を楽しみながらのチェックインです。

ロケーションは抜群で、正面には地蔵岳が鎮座しています。

早速テント設営。
地面は土なのでペグ打ちは容易。
軽食を作り、午前中にもかかわらず酒をチビチビ。
酔いが回って愛犬と共にテントで昼寝をする。

昼過ぎに子供達の声で目を覚ます。
林間学校の生徒達。
ワイワイとはしゃぎながら、地蔵岳登山を目指している。
しばらくの静粛の間、愛犬と木道のある湿地帯の散策。

ニッコウキスゲが咲いていた。
ここは高原である事を思い出す。
何株か、水芭蕉も咲いていました。

夕時は信州牛のBBQ祭り。
深夜まで地元の食材を堪能しました。

繁忙期は経験していませんが、ロケーションは最高です。

5.02 か月前

「都心から一番近いパウダースノーエリア」というのがキャッチフレーズのスキー場です。

さらさらのパウダースノーです。
北海道並みの雪質が長野県で体験できます。
まるでスキーが上達したのかと勘違いしてしまうほどなのです。

コースも整備されていて滑りやすく、
広さも傾斜度も練習には最適のコンディションです。

第1ゲレンデと第2〜6までは道を挟んで反対側にあります。

晴れた日は北アルプスが見えて絶景です。

スキー場内にレストランが3つあります。
また湯の丸高原ホテルでも昼食ができます。

周辺にもロッジ等宿泊施設があり、食事もできます。

湯の丸高原ホテルでは日帰り温泉も入ることが出来、
アフタースキーも楽しめます。

毎週火曜日がメンズデー、水曜日がレディースデーでリフト券が2000円。
第一、第三日曜日はキッズデーで小学生以下無料です。

スキーやスノーボードのスクールもあります。

また、スキー場内に託児所もあります。
土・日・祝日のみ営業していますが、小さなお子様連れでも安心ですね。

5.03 か月前

冬のスキーでは、金曜日がシニアデーとして60歳以上の一日券が1000円になります。その日は男性の年配者で駐車場が埋ります。少しですが女性もいます。
こんなシニアに優しいスキー場は他に無いと思います。
若い人でも、いずれはシニアになると思われますので、皆に優しいスキー場ですね。
6月中旬のレンゲツツジは壮観です。駐車場は朝早くから車で埋まり始めます。この頃ゲレンデの一部では、春に咲く小さなリンドウの群落に出逢えるかも知れません。
春咲くリンドウは小さいので、普通の人は気が付かないかもしれません。
私のマークにしたのが、ここのリンドウです。

5.01 か月前

何より混雑度が低く、幅の広いフラットなバーンが多い。カーヴィングの練習にもってこい。パークも立派。但し、高速降りてからゲレンデ迄の登坂路は路面凍結している時は4wd車+スタッドレスでないと厳しい時有り。

5.03 か月前

東信における穴場のスキー場ではないでしょうか。どのコースも幅が広めかつコンディションも標高が高いので良い事が多く、大回りでのフォームをしっかり固めたいスキーヤー(ポール有り)・スノーボーダー(ビックトリック有り)にお勧めです。天気の良い日はコース頂上から北アルプス連邦や蓼科山、根子岳や白根山らのとても素晴らしい風景が一望でき目や心を癒してくれます。特筆すべきは各種サービスデーで特に金曜日のシニアの一日リフト券なんと1000円ポッキリです!。無料宿泊所や休憩所もあり、こじんまりですが設備はかなり整っている印象です。上級者の方は非常に斜度のきついコースはないのですが、第一ゲレンデのBコースが未圧雪コースだったり、Aコース上部にコブ斜面が存在したりと(ない場合もあるかも)レベルに応じた練習箇所は用意されています。欠点らしい欠点がないスキー場ですが、ひとつ問題があり第一ゲレンデと第二~第六ゲレンデが道路で分断されている事です。第二~第六方面から第一に行く場合は、下りで楽にいけるのですが、第一から第二~第六方面に戻る場合は登りを少し歩く感じになります。第二~第六を滑って最後に第一ゲレンデを滑って帰るといったプランニングを立てると楽になると思います。隣のアサマ2000程ではないですが、悪天候時の冷え込みに備えカイロ等は用意していきましょう。

近くのスポット

約15.3km
約18.4km
約31.6km
約32.6km
約33.7km
約39.1km
約40.8km
約42.3km
約44.8km