2020/7/18 伊勢神宮奉納全国花火大会(中止)

三重県のイベント情報


2020/7/18 伊勢神宮奉納全国花火大会(中止)3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年7月18日 ~ 2020年7月18日

三重県伊勢市中島の宮川下流畔

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

令和2年7月18日(土)に開催を予定しておりました「第68回伊勢神宮奉納全国花火大会」は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止することを決定いたしました。
-----------------------------------------------------------

伊勢神宮に花火を奉納する唯一無二の大会として、昭和28年の第59回神宮式年遷宮を記念してはじめられ、2019年度大会で第67回を迎える格調と歴史のある大会。
北は秋田県、南は鹿児島県など、全国各地から選抜された花火師たちが神宮に奉納し、日頃の研鑽の成果を神都伊勢の夜空に放揚する「競技花火大会」で、秋田県大曲、茨城県土浦と合わせて、日本三大競技大会の一つに数えられます。
競技部門は、各花火師が直径約15cmの5号玉3発、直径約30cmの10号玉1発を順に打ち上げる「打上花火の部」と、様々な花火がリズミカルに打ち上がる「スターマインの部」から構成されています。
競技はもちろん、大会提供のオープニング、中盤、ラストのスターマインも見どころです。
新元号を記念したスターマインを放揚し、新しい時代を華やかな花火でお祝いします。
派手な感じではないが、プロの技とレベルの高い花火が観賞できます。
無料席は見にくいので、有料席がおすすめです。
【有料席(桟敷席)】(2019年)
A席(右岸自由席:1名用) 2,000円
G席(左岸自由席:1名用) 2,000円
P席(右岸指定席:2名用) 8,000円
E席(左岸指定席:4名用) 10,000円
B席(右岸指定席:6名用) 15,000円
C席(左岸指定席:6名用) 15,000円

開催期間 2020年7月18日(土)
開催時間 19:15~21:00
打ち上げ数:約10,000発
去年の来場者数:230,000人
屋台:300軒ぐらい
会場:宮川河畔(度会橋上流)
交通:
・JR参宮線山田上口駅より徒歩約15分
・近鉄山田線宮町駅より徒歩約20分
車: 伊勢自動車道 伊勢西ICから外宮方面へ約5km(約15分)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的パワースポット,日本の花火,神社・寺
最寄り空港/駅山田上口駅 (約0.7km) Google Transit

口コミ

5.03 週間前

おはらい町通りにお店が多いので外宮よりもこちらは賑やかです。五十鈴川を渡って御正宮まで少し歩きますが、最後に石段を登って御正宮を見上げる構図になるところに神々しさを感じます。
1度だけ御垣内参拝をしましたが、貴重な体験でした。機会があれば正式参拝をすることをおすすめします。

3.02 週間前

観光地。だけど歴史にあぐらをかいているかもしれない。あまり若い人を容れていないのかも。
「べつに悪くはないけど」と言われていそう。

・交通…決して小さくはない街。開発にビジョンがあれば、もっと街歩きしやすい街になれたはず。

・飲食店…伊勢うどんと手こね寿司と赤福に鳥羽の魚介と松坂牛。種類が少ないとか、幅が狭いわけではないけれど…。

・ホテル…うーん。足りないわけではない。けれど。

「行くたびに何か発見がある」
「新しいことをやっている」

世界の方がどんどん新しくなっていっているので、『なんとか合格点』なだけでは、見劣りがしてしまう。

褒めようと思えば褒めるところは沢山あるのです。

でも、それは、昔からあるものや、自然の賜物なので、褒めていいのか、わからないのです。

5.03 か月前

コロナで誰もいませんでした。

5.05 か月前

日本人の心のふるさとです。神宮における早朝の空気は大変澄んでいます。神聖な気持ちで一杯になれます。外宮から内宮にお詣りします。新たな心持ちになれるように、新年には、出来るだけ、お詣りに行くようにしています。
「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。
神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神おおみおやがみとして、崇敬を集める天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする内宮ないくう(皇大神宮(こうたいじんぐう))と、衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神とようけのおおみかみをお祀りする外宮(げくう)(豊受大神宮(とようけだいじんぐう))を始め、14所の別宮(べつぐう)、43所の摂社(せっしゃ)、24所の末社(まっしゃ)、42所の所管社(しょかんしゃ)があります。これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。
大きなスケールで、主要な神社の参拝だけでも3日程度は、必要となります。

5.02 か月前

こちらも厳かな場所、とても広くてよく歩くので歩きやすい靴をお勧めします。
門前のおかげ横丁も楽しめます。
ところどころパワースポットがあるのでできれば事前に調べていかれた方が楽しめます。
五十鈴川にかかる橋の手前から3つめの橋の飾りが大切です。
神宮を護る念が込められてます。