7/11~7/12 生玉夏祭

大阪府のイベント情報


7/11~7/12 生玉夏祭3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年7月11日 ~ 2019年7月12日

大阪市天王寺区生玉町13-9

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

生玉夏祭(いくたまなつまつり)とは、毎年7月11日~12日に生國魂神社で行われます。
「陸の生玉」・「川の天神」と並び称される大阪三大夏祭りの魁。
難波大社・生國魂神社は神武東征に際し天皇みずから石山碕(現在の大阪城を含む一帯)に日本国土の御神霊、すなわち八十島神である生島大神・足島大神を祀られ、国土平安を祈請された事に始まる大阪最古にして日本総鎮守の神社です。
「いくたま夏祭」は、平安時代に始まったと伝えられ、昭和初期に最盛期を迎えました。
往時には約2000人近い渡御列が、元宮のあった大坂城の手前まで巡行しました。

祭は11日の「宵宮」、12日の「本宮」の2日間にわたって行なわれますが、両日の夕刻には境内で、「お練り」と呼ばれる「枕太鼓」「獅子舞」「金銀神輿」などの山車の引き回しがあり、大勢の参拝者が訪れます。
前後左右に太鼓台が揺さぶられる中、願人と呼ばれる男衆が激しく太鼓を打ち鳴らす枕太鼓、子どもとは思えない見事な所作で舞われる獅子舞、そして美しく飾られた神輿が境内を走り回る金銀神輿。
枕太鼓の雄壮さ、獅子舞の愛らしさ、そして金銀神輿のきらびやかさ、これらが三位一体となって祭りを盛り上げます。

12日にはメインの「陸渡御」が行われ、枕太鼓を先頭に獅子舞、御鳳輦(ごほうれん)、御神輿など総勢700人が疫病退散を願い、生國魂神社から谷町筋を通り、本来の鎮座地・大阪城まで巡行します。

陸橋を挟んだ長い参道に約1000軒もの夜店が並んでいます。
夏の大阪の街をさらに熱くなります。
 
★宵宮祭 7月11日午前9時半
枕太鼓   :(宮出)午前10時 (宮入)午後4時半
中太鼓   :(宮出)行宮より (宮入)午後5時
子供太鼓  :(宮出)行宮より (宮入)午後5時
子供みこし :(宮出)行宮より (宮入)午後5時
獅子舞   :(宮出)午後1時半(宮入)午後5時半
金・銀神輿 :(宮出)午後1時 (宮入)午後6時
子供太鼓  :(宮出)午後1時 (宮入)午後6時
獅子舞おねり  :午後7時
金・銀神輿おねり:午後7時
枕太鼓おねり  :午後7時

●本宮 
本宮祭り7月12日 
神幸祭       :午前10時斎行
渡御巡幸(おわたり) :午前10時半
元宮駐輦(大阪城内):午後3時
還 幸 祭     :午後7時
獅子舞おねり    :午後8時
金・銀神輿おねり  :午後8時
枕太鼓おねり    :午後8時

開催日時 :2019年7月11日~12日  両日とも/9:00~21:00 ※12日は大阪城まで巡行
開催場所 :大阪市 生國魂神社境内および周辺、大阪城
交通:JR「天王寺駅」から地下鉄谷町線「谷町九丁目」~徒歩4分、またはJR「天王寺駅」もしくは大阪環状線「鶴橋駅」から徒歩20分
料金 :無料

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】

目的お祭り大好き,パレード,パワースポット,伝統民俗,神社・寺
最寄り空港/駅天王寺駅 (約2.1km) Google Transit