2019/8/3~8/4 気仙沼みなとまつり

宮城県のイベント情報


2019/8/3~8/4 気仙沼みなとまつり3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年8月3日 ~ 2019年8月4日

気仙沼市田中前大通、気仙沼市内(内湾地区、港町地区)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

太平洋に面した港町気仙沼市は、宮城県の最北端に位置し、潮吹岩やリアス式海岸などの観光名所が数多くある人気のスポットです。
さらに気仙沼市には、日本でも有数の水揚げ量を誇る気仙沼港があり、漁業産業が大変栄えている町でもあります。

毎年8月の第1日曜日に開催され、航海の安全と大漁を祈願する気仙沼地方最大級の夏祭り、「気仙沼みなとまつり」。
令和元年は、8月3日(土)と4日(日)に実施します。
8月3日(土)は田中前大通りを会場に市民参加による「はまらいんや踊り」をとにかく踊り続けます。
「はまらいんや」とは、気仙沼地方の方言で「仲間に入ろうよ」という意味。
地域内外から約3000人を超える参加となります。

8月4日(日)は港町内湾、港町エリア臨港道路を進行する「みなとまつりパレード」に続き、夕方からは「打ちばやし大競演」、「海上うんづら」、湾内海上では「海上打ち上げ花火」を実施します。
街頭パレードには、陸上自衛隊第6音楽隊や気仙沼高校吹奏楽部による吹奏楽パレードはじめ、山車や虎舞に打ちばやし、御神輿など14団体(約850名)が、市内を練り歩きます。
夜に湾内には海上うんづら(ねぶた)が極彩色の灯りを連ね、フィナーレを飾る海上打ち上げ花火大会は圧巻です。

陸では、約600基の和太鼓を一斉に演奏する「打ちばやし大競演」、海では海上のねぶた祭りといわれる縁起物の装飾を施した色あでやかな船「海上うんづら」が入港し、(一社)気仙沼青年会議所による「海上うんづら」の上での太鼓演奏、そして空に約2,400発の「海上打ち上げ花火」が咲き開きます。
気仙沼の港が勇壮な太鼓の響きと花火の光で包まれます。

◆開催日:令和元年8月3日(土)・4日(日)
◆時間:3日(土)16:00~20:00、4日(日)11:00~20:30

◆具体内容:3日(土)気仙沼市田中前大通り 
16:00~17:10オープニングセレモニー 17:30~20:00はまらいんや踊り

      4日(日)気仙沼市内(内湾地区、港町地区)11:00~11:10出発式  11:15~14:00街頭パレード
      17:00~20:30打ちばやし大競演 17:00~19:00海上うんづら第1部 停船演技
      17:00~20:30さんま船集魚灯披露 (予定)
      19:15~20:30海上うんづら第2部 運航演技  20:00~20:30海上打ち上げ花火
      11:30~20:30露店コーナー

◆交通:JR大船渡線気仙沼駅から徒歩20分。
または東北自動車道・一関ICから国道284号線を気仙沼方面へ車で70分。


気仙沼みなとまつり花火
◆開催日:令和元年8月4日(日)
◆時間:午後8時00分開始予定

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください】
写真提供:宮城県経済商工観光部観光課 みやぎデジタルフォトライブラリー

目的お祭り大好き,ゲラゲラ爆笑,パレード,ビーチがある,伝統民俗,体験,夜景,日本の花火,食べ歩き
最寄り空港/駅気仙沼駅 (約1.9km) Google Transit