2020/10/3~10/4 小田原ちょうちん夏まつり

神奈川県のイベント情報


2020/10/3~10/4 小田原ちょうちん夏まつり3.8

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月3日 ~ 2020年10月4日

小田原城址公園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※例年夏開催ですが、2020年は10月3日、4日に開催予定。
なお、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、急遽開催が中止、延期、変更となる場合があります。
以下は2019年の情報です。
-------------------------------------------
小田原発祥の蛇腹式で畳んだ時に胴の部分が蓋に収まる“小田原ちょうちん”をシンボルとしたイベント。

小田原の夏の風物詩、小田原ちょうちん夏まつりは二日間で約11万人が訪れ、会場の小田原城址公園二の丸広場を中心に、様々な催しものが開催されます。
地元の小学生が作った約1,800個の手作りちょうちんアートが小田原城址公園のお堀沿いに飾られます。
水面に映し出されるちょうちんの灯りが輝く光景はとても幻想的です。

27日に二の丸広場のメインステージで、市内のダンスグループによる小田原ちょうちん踊りコンクール(17:30頃~)が開催されます。
コンクールの後には、浴衣の盆踊りもあるので、来場者も一緒になって楽しめます。
28日に二の丸広場ステージで小田原城太鼓合戦が開催されます。
「自治会みこしパレード」(16:35頃~)は、市内のみこしが一堂に集まります。
関連イベントとして氷彫刻技術コンクール小田原大会(28日・お堀端通り)も開催されます。

二の丸広場に、オリジナルのちょうちんを制作できる体験コーナーが設置されます。
体験料金はちょうちん1個、1,000円。 所要時間は90分程度。

ちなみに屋台・露店約50店、昔ながらの食べ物や、カラーボールすくいなど、お祭りの定番の屋台が例年多数並びます。

会場:神奈川県小田原市 小田原城址公園(二の丸広場、銅門広場、お堀)およびその周辺
時間 :2020年10月3日~10月4日 12:00~20:30
交通:JR東海道本線・小田急電鉄・箱根登山鉄道・伊豆箱根鉄道「小田原駅」東口から徒歩10分
料金:入場無料

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】
写真提供元:「小田原写真ギャラリー」など

目的お祭り大好き,アクセス良好,パレード,伝統民俗,体験,観光名所,食べ歩き
最寄り空港/駅小田原駅 (約0.6km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

相模原市に住んで長いのに小田原は箱根や伊豆方面などに行く時の通過点にしかなっていませんでした💦

駅から徒歩数分で行かれる小田原城🏯は、都内からロマンスカーなどでも行ける日帰り旅行にぴったりの場所です。
ツツジが咲き始め、新緑がきれいな時期ですが、桜の季節にも行ってみたくなりました🌸
天守閣からの眺めは相模湾が一望できて天気が良い時にオススメです。

園内には🐒サルがいたり、小さな遊園地(昔は観覧車も)に電車が走ったり、子連れ、大人の遠足と老若男女お散歩を楽しめる場所です。

4.04 か月前

季節を通じて見所のある城址公園です。法面にアジサイが見られるのは稀。6月上旬だと梅の実の香りも楽しめますよ🎵ぜひ天守閣もリニューアルしているので、足を運んでみてください🏯ただし、現在緊急事態宣言が発令されています。休館されている施設もあります。ご注意ください。

4.06 か月前

日本100名城。
関東トップクラスの名城です。
豊臣秀吉の関東征伐まで北条氏の居城でした。
当時は小田原の街全体を曲輪とした外周およそ10kmの総構えを誇るお城だったそうです。
現在の本丸周辺は石垣造に変わり、天守が建てられるなど大久保家による改修をされています。
以降、幾度の震災などで被害を受けたものの現在の通りに再建されました。
近年、建築物の再建が進んでいます。
本丸、二の丸が綺麗に保存されています。
報徳二宮神社も城内にあります。

4.05 か月前

難攻不落の小田原城

小高い山の上に建っています。
古いものは少ないですが
小田原を知る上では
1番最初に訪れてください。
北条さんがどれくらい
当時の
村人に
大切に思われたか
小田原がどんな街か
良くわかる場所です
まずここを訪ねて
それから街中
箱根と行かれても良いのではないでしょうか。

4.02 か月前

小田原城と、アートのような石垣と……桜があれば、CGが完敗するほど、上品でキレイ。

愛地精神というか、地元らしき人達のマナーも、東京の花見スポットとは大違い。

惜しかったのは、バリアフリーじゃないことで、今後は、高齢化・パラ対応が必須。