2020/9/19~9/20 成田伝統芸能まつり(中止可能性あり)

千葉県のイベント情報


2020/9/19~9/20 成田伝統芸能まつり(中止可能性あり)4.0

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年9月19日 ~ 2020年9月20日

成田市文化芸術センター・スカイタウンホール/成田山新勝寺総門前広場及び成田山表参道

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※コロナウイルスの影響により開催が中止・変更・延期になる可能性があります。開催状況は主催者へ直接ご確認ください。
--------------------------------------------------------------------------------------
成田山総門前広場及び成田山表参道、成田市文化芸術センター3階スカイタウンホールを会場として、「成田伝統芸能まつり」開催されます。

成田市内をはじめ、県内外から伝統芸能団体が一堂に会し、多彩な祭りや踊り、獅子舞といった伝統芸能を披露します。
その地に行かなければ観ることのできない伝統芸能を、身近に鑑賞できる機会です。

市内からは、約300年以上の伝統がある「成田祇園祭」や元禄時代から伝承される「おどり花見」などが出演します。

そのほか、観光PRコーナーや、江戸の遊び体験コーナーなども設けられ、大人もお子様も楽しめる内容となっています。

また、江戸時代に初代市川團十郎が成田山のお不動様にちなんだ歌舞伎を演じ、成田山の御利益が知れ渡ったことから流行した成田詣にあやかり「ご当地キャラ成田詣」も同時開催され、全国各地のキャラクターが集まります。

ぜひ目の前で実物を鑑賞していただき、各地の伝統芸能の迫力と素晴らしさをご堪能ください。

開催期間:2020年9月19日(土)~9月20日(日)予定
開催場所:成田市文化芸術センター・スカイタウンホール/成田山新勝寺総門前広場及び成田山表参道
     千葉県 成田市 花崎町828-11/成田1
開催詳細:下記は2019年プログラムです、ご参考まで
~伝統芸能ステージ~
日本各地域の伝統芸能に触れられ、風雅なひととき!
華やかな舞いであったり、神への奉納芸能であったり、それぞれの地域で伝承してきた芸能の競演が披露されます。
◆開催日時:9月14日(土曜日)12時から17時まで、9月15日(日曜日)11時から16時まで

~伝統芸能パレード~
◆開催日時 9月14日(土曜日)17時から(パレード終了は18時30分頃を予定しています)
◆開催場所 成田山表参道の一部区間(JAPAN AIRLINES 花崎町ステージ(旧千葉銀行成田支店跡地)から、イオンモール成田総門前ステージ(成田山新勝寺門前広場)まで)

~伝統芸能夜舞台~
初日の夜のみ、阿波おどりをはじめとする伝統芸能団体が夜舞台を行います。
◆実施日時: 9月14日(土曜日)18時30分から20時まで
◆場所: イオンモール成田総門前ステージ(成田山新勝寺門前広場)

~山車・屋台の引廻しと展示~
300年以上の歴史を持つ成田祇園祭。
成田山新勝寺の御輿と豪華絢爛な山車、屋台が賑やかなお囃子の音色や威勢のよいかけ声と共に成田山へ続く参道を中心に巡行します。
◆開催日時:9月14日(土曜日)12時から20時まで、9月15日(日曜日)11時から16時まで
◆開催場所:成田山表参道

ご当地キャラ成田詣(千葉県)~THANK YOU FOR 10th ANNIVERSARY~
「成田詣」とは、江戸から成田山までの参詣を意味し、江戸時代には成田のお不動さまの名で親しまれる成田山新勝寺に多くの庶民が徒歩でお参りしておりました。
成田市特別観光大使である「うなりくん」のおともだちやゲストアーティストの皆さんが全国から一同に会する姿はまさに「成田詣」。
お参り、パレード、ステージイベントと盛りだくさんの2日間!
◆開催日時:2019年9月14日(土)15日(日)
◆開催場所:成田山新勝寺および成田山表参道(千葉県成田市成田1番地)
◆ホストキャラクター:うなりくん

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.nrtk.jp/enjoy/shikisaisai/traditional-performing-arts.html

目的お祭り大好き,パレード,伝統民俗,家族向け,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅成田駅 (約1.1km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

成田山には何度か行きましたが ある時 息子が
急に 成田山行こう😃
私は 神社 仏閣 大好きでね ワクワクして
いました 成田山 青空で参拝日和 😃
広場の奥に 釈迦堂があり 私は 舞い上がった
御釈迦様オンリーです
天にも登る思いのまま
感謝でいっぱいです
しばらく 放心状態
また 奥の方に 歩いていくと 今度は 😃
70年ぶりだったが
不動明王 またもや
放心状態 何回 回ったか あんなに近くで
アートの世界 何時間でも砕けたい思いのまま
感動ありがとうございます この日で超ラッキー
一日早くも 感動はないね 息子に感謝したよ 帰りに 線香を焚いている場所から 西に
10メーター位 横一線 私と息子の 目の前には 5メーター以上手前に誰もいない所
白い煙が流れた まるで
生きているようだ
鯉のぼりみたい ⁉️
私らが 今日は成田山に お参りできた 本堂も 今日は入れた
釈迦堂 や 不動明王
偉大な方々に お会いできて よかったね
私は 息子と話しながら その場所に 差し掛かった なんと 不思議でした たぶん 私らが 喜んでいたので 以心伝心 最高のお参りに なりました 忘れられない ありがとうございます 我が家にも 御釈迦様 沢山飾ってあります 私の全てです😃
また 成田山に行けると いいね 思いながら 御釈迦様 話しかけています 感謝の心は忘れられない 不動明王 飾ってあります 宝物です
夢と希望 感動ありがとう です   またね

5.04 週間前

千葉県成田市成田にある真言宗智山派のお寺です。
本尊は不動明王で不動明王信仰の一大中心地です。
成田山新勝寺の縁起は、平安時代中期、東国で起こった平将門の乱に始まります。
朝廷は追討軍を差し向けると同時に将門調伏の祈願を大寺社や密教僧に命じました。
朱雀天皇の密勅を受けた寛朝は、京の高雄山(神護寺)護摩堂に安置されていた空海作の不動明王像を奉じて総国へ下ることとし、天慶3年(940年)、難波津から海路で上総国に至り尾垂浜に上陸。陸路で下総国公津ヶ原へ入り、この地にて朝敵調伏を旨とする不動護摩供を奉修しました。
ややあって将門は戦死。
これを朱雀天皇は、不動明王の霊験と歓喜しました。さらに、寛朝が帰京しようとしても不動明王像が動こうとしないとの報せを聞き、公津ヶ原にて東国鎮護の霊場を拓くべきとの考えのもと、寛朝に開山せしめ、神護新勝寺の寺号を下賜したといわれているそうです。

その後、新勝寺は戦国期の混乱の中で荒廃し、江戸時代までは寂れ寺となっていましたが江戸時代に入って世情が落ち着くと伽藍が再建・整備され、江戸に近いことから参詣者が増えるとともに、江戸で成田不動の出開帳が度々行われたそうです。

歌舞伎役者の初代市川團十郎が成田不動に帰依して「成田屋」の屋号を名乗り、不動明王が登場する芝居を打ったことなどもあいまって、成田不動は庶民の信仰をさらに集め、成田参詣が盛んとなりました。

江戸末期の建築で重要文化財に指定されている仁王門、三重塔、釈迦堂、額堂、光明堂など沢山のお堂や塔があり見ごたえがあります。

裏の成田山公園も見どころです。

4.08 か月前

早朝のお散歩をかねてお参りにきました。

3.03 週間前

(210410)
神奈川生まれの私にとって初詣と言えば川崎大師だったが、今や参拝人数で言えばこちらの方が上らしい。

そうは言ってもやはり川崎大師から離れられずにいたが、いざお参りしてみるとその違いは歴然としたものがあるように感じた。

開山は西暦940年だそうで、川崎大師よりも200年近く古い。その経緯も異なり、国の庇護も手厚く受けていたよう。

歌舞伎の市川家の菩提寺としても有名で、敷地の広さ、門前町の大きさは段違いだった。

普段お詣りするには混雑をさほど気にする必要もない。
駐車場も近くにあり、とても便利で、有料とはいえありがたい。

門から入り、本堂に行くだけでも階段を何段も登り、さらに奥の平和大塔に至るには10分以上もかかる。

そこには写経のためのスペースも用意されて待つことなく時間をかけて取り組むことができる。(今はコロナのせいで写経はできない)

終わったあとは公園を通って小道を散策するのも良い。

この広い敷地を朝早くから縦横に歩き回ればちょうど昼ころになって透かした腹をうなぎで満たせばきっといい思い出になる。

5.01 か月前

歴史や由緒についてはもはや言うまでもなし。肌で感じるこの真言の鋭さと自身を根底から揺さぶる護摩行の太鼓の音色に、綿々と紡がれる密教の深淵さを感じざるを得ません。これが仏法というものなのでしょうか。ある意味恐るべし、そして頼もしき真言密教。すごく厄祓い出来た気分になれます。