2020/10/23~10/25 和傘灯り~やさしい和のともしび、大山の大献灯~

鳥取県のイベント情報


2020/10/23~10/25 和傘灯り~やさしい和のともしび、大山の大献灯~3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月23日 ~ 2020年10月25日

鳥取県大山町大山9

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

本年の「大山の大献灯」〜和傘灯り〜のチケットに関しましては、新型コロナ対策として、事前購入制とさせていただいております。
当日券に関しましては、事前チケットが22日正午まで残っていた場合、販売する予定としております。
10月24日は、すでに事前チケットが完売となりましたので当日券の販売は行いません。23日・25日に関しましてもチケットが完売となった場合、同様に当日券の販売は行わない事となります。
-----------------------------------------------------------------------------
かつて「火の神岳」とも呼ばれ、鳥取県の霊峰として名高い大山(だいせん)。
その山麓にある大山寺で、大山の大献灯 和傘灯り(だいせんのだいけんとう わがさあかり)は紅葉週間を彩り10月23日・24日・25日に開催いたします。
山陰の風景をイメージして職人が手作業で創りあげた約120本の大山傘が、雅な明かりを放ち、大山寺から大神山神社奥宮へと続く古の参道をやさしく浮かび上がらせます。
日本の伝統が映し出す山門やお寺、石畳、森の木々が日常を忘れて幽玄の世界へといざないます。

参道店舗の夜間特別営業のほか、この日しか味わうことができない大山の限定グルメも登場し、多くの人で賑わいます。
8月・10月の期間以外では、大山寺参道沿いの各旅館の前で、小規模ではありますが和傘灯りを楽しんでもらえる共催事業も展開予定です。 
※JR米子駅から大山寺まで大山るーぷバス大献灯臨時便運行

名称:大山の大献灯〜和傘灯り〜1300年祭記念拡大開催 〜秋〜
開催時期:2020年10月23日~10月25日
大山寺:鳥取県大山町大山9
交通:JR山陰本線「米子駅」からバス約55分「大山寺」~徒歩15分

点灯時間:午後7時30分~午後9時30分(チケット購入時間により先着順、9時30分最終入場)*午後10時消灯
料金:有料区間(大山寺山門~神社参道~大山寺本堂) 
   中学生以上1000円(入場チケット制、参道グルメや土産物に使用できる400円分の券が付き)
   小学生以下無料
無料:大山寺参道・グルメブースへの入場には料金はかかりません。
三脚の使用は、有料エリアでは全区間で禁止とさせて頂きます。(一脚は可) 持込みいただいても使用できませんので、ご注意ください。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的インスタ映え,パワースポット,伝統民俗,夜景,大自然,神社・寺,紅葉,観光名所
最寄り空港/駅米子駅 (約18.3km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

石畳の参道が素敵な場所。奥の宮まで行くのなら、靴はヒールじゃない方がいいかな

5.0過去 1 週間以内

お地蔵様がいっぱい.神仏習合の時代大神山神社奥宮がもとの大山寺の本堂であったという、多くの塔頭や仏教施設がうしなわれ、大山寺が許され本堂がこの位置に建立された。
境内にある宝牛は牛馬の商いをする人々が、鼻ぐりなどの銅金具を寄せ合って鋳込んで作成されたという。

4.01 か月前

急な階段があり、のぼりがいがあります。上でお気持ち300円しはらいます。

5.01 か月前

癒されます♪

4.04 週間前

人も少なく、登山の人がおもでてらや神社には余り感心が無い人が多く感じ。?