2019/12/2~12/3 秩父夜祭

埼玉県のイベント情報


2019/12/2~12/3 秩父夜祭4.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年12月2日 ~ 2019年12月3日

埼玉県秩父市番場町1-3

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

師走名物である「秩父夜祭」(ちちぶよまつり)は、秩父盆地の中央一帯の鎮守である秩父神社の例大祭で、毎年、12月2日が宵宮、12月3日が大祭で行なわれます。
京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大美祭及び日本三大曳山祭の一つに数えられ、2016年には「秩父祭の屋台行事と神楽」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

祭礼当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。
秩父夜祭の笠鉾・屋台は、釘を一本も使わずに組み立てられ、金色の飾り具や極彩色の彫刻、後幕の金糸の刺繍で装飾された笠鉾・屋台は「動く陽明門」といわれるほど豪華絢爛で、国の重要有形民俗文化財に指定されています。

笠鉾は中近(なかちか)と下郷(したごう)の2基は彫刻や屋根もそれぞれ特徴があり、必見です。
4台の屋台は張出を付けて、芸座を組み立てて上演する独特のスタイルで全国でも珍しいものです。
年ごとに当番制で上演します。
また長唄を演奏しそれに合わせて踊る曳き踊りも楽しめます。
クライマックスは3日の夜の神幸行列総勢200人以上で、最大20tもある屋台・笠鉾をお旅所への急な団子坂(だんござか)を引き上げる様子は大迫力です。

日本では数少ない冬の花火大会として全国的に知られている花火の打上は、艶やかな山車との取り合わせは、ひときわ華やいだものとなります。
2日の宵宮は、約1時間で単発花火やスターマインが打ち上がる予定。
3日の大祭では、大玉スターマインがオープニングを飾り、煙火の技術を競う競技花火大会や、紫・緑・赤・青・金の花火が咲き乱れる虹のスターマイン大会も実施。

冬の夜空を染める花火と、ぼんぼりの灯りが揺れる笠鉾・屋台の極彩色の共演こそが秩父夜祭の醍醐味と言えるでしょう。

名称:秩父夜祭
会場:秩父神社とその周辺
   秩父神社…埼玉県秩父市番場町1-3
   御旅所…埼玉県秩父市熊木町(秩父公園内)
開催日時:宵宮…毎年12月2日午後~、本祭…毎年12月3日9:00~未明

名称:花火大会
開催場所:羊山公園(花火)
開催日程:2019/12/2(月)3(火)※雨天決行
開催時間:12/2 19:00~20:00
     12/3 19:30~22:00
交通:秩父鉄道「秩父駅」西武鉄道「西武秩父駅」下車 ※秩父夜祭当日は臨時列車の運行あり
昨年の来場者数:約38万人

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】
写真提供:秩父市観光課

http://www.chichibu-jinja.or.jp/yomatsuri/

目的お祭り大好き,パレード,世界遺産,伝統民俗,日本のリゾート,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅秩父駅 (約0.2km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

秩父神社の駐車場がいっぱい🈵だったので、飛び込みましたが、なかなか面白い所でした。まず目に飛び込んでくるのが、秩父夜祭の山車と鉾。祭時以外は分解してし舞い込んであるものが、ここでは常設展示されており、大音響と共に映写されるプロジェクションマッピングは圧巻です👍。その左の小部屋では秩父の魅力を3Dで見れますよ。2階に上がると山車と鉾を上から見れます。
秩父神社参詣後に会館入場チケットを見せてくれれば大丈夫よと駐車場の係の方から言われ、やむなしかと思いつつ入りましたが、入場料500円はかなり価値ある500円でした😍。

2.02 週間前

展示物の説明が不充分。たとえば、「亀の子石」に白い大幣が立ててあったが、なんの説明もなく意味がわからなかった。しらべると、夜祭に関わる伝説と神事が分かった。
『秩父神社の女の神様、妙見様と武甲山の男の神様龍神様が一年に一度デートする日とも言われています。 その場所がこの亀の子石と言われ、秩父夜祭の12/3夜、秩父神社から運ばれた大きな白い大幣が亀の子石にまっすぐ差し込まれ、奉安されると妙見様のお姿と言われ、ここで祭典が行われます。そんな伝説の残る亀の子石は、昨年の秩父神社ご鎮座2100年を記念して、新たなものが造られました!
これまでの亀の子石は「秩父まつり会館」へ保存され、新たな亀の子石と屋根が誕生しました!!』

5.02 か月前

埼玉に住んではいますが、秩父夜祭に行った事はありません。ここのまつり会館に立ち寄って秩父夜祭の迫力と魅力を感じいつかは訪れたい!と考えています。
よろしければ、YouTube⇒秋田馬蓮⇒都道府県別⇒本スポットを動画にしていますので尋ねてきていただければ幸いです。

5.05 か月前

1908来館。秩父の祭りに関して紹介している施設。秩父エリアには春夏秋冬、1年を通してたくさんの祭りがあることがわかります。入館するとまずホールにある秩父夜祭の山車2基が目を惹きます。秩父まつりはユネスコ世界無形遺産(日本の山・鉾・屋台による祭り)の1つでもあるので、以前から興味はありました。
でもそのホール脇のシアターに案内されます。年間を通してどの町でどんな祭りがあるのか季節ごとに3D(眼鏡着用)で紹介され、一気に秩父の魅力が伝わってきます。
シアターを出るとホールのプロジェクションマッピングで秩父夜祭の雰囲気が再現されます。プロジェクションマッピングが終わればあとは館内の見学、資料などを見て回ります。
入館料は500円(1908時点)。個人的にはここを見てからのほうが秩父への興味が高まって散策できるようになると思います。

5.03 か月前

スクリーンによる映像が!スゴイ迫力に感動しました。 山車に!飾り傘も!迫力があって良かったですよ。