2019/10/19~10/20 川越まつり(川越氷川祭)

埼玉県のイベント情報


2019/10/19~10/20 川越まつり(川越氷川祭)4.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月19日 ~ 2019年10月20日

埼玉県川越市 市街地中心部

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

埼玉県で最初に市制を施した川越市は、「大江戸」に対して「小江戸」と呼ばれ、蔵造りの街並みに粋なふうを残した古い城下町です。
360 年以上にわたって開催されている川越まつりは、この地域の江戸文化を祝う誇り高き伝統行事です。
常陸國總社宮大祭(石岡のおまつり)・佐原の大祭と並び関東三大祭りの一つと称されます。
川越の氷川神社の例大祭で、毎年 10月の第 3 週土日に開催されます。
屋根の尖った寺院や活気ある屋台、大きな通りが歴史ある魅力を放つ街の「伝統ある」エリアに、まばゆく光る大きな山車が集結します。
川越の町内で所有している29台の山車が川越市内を練り歩きます。
集合した山車を飾るのは、神話、民話、能、雅楽、徳川幕府と川越藩にちなんだ人物などから題材が選ばれていた人形や舞台です。
夜は山車に提灯をぶら下げて練り歩きます。

川越まつり最大の見どころは、道の交差点や道路で山車同士が会った時には、山車が「お囃子」という笛、鉦、太鼓の快活な音楽に合わせた踊りで、山車の舞台の向きを変えて競い合う「曳っかわせ(ひっかわせ)」です。
曳き手の提灯が乱舞し、囃子方への観衆の声援が飛び交い、まつりのムードは最高潮に達します。
手古舞や引き手の美しい衣装・町中にあふれるお囃子のリズムと喧騒・関東中の屋台が集まっているのではないかと思うほどの出店の数々、そして歴史的町並みと山車のマッチング。

この市民参加型の川越が誇る一大イベントは「川越氷川祭の山車行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されており、さらに2016年にはユネスコの無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」の1つとしてに登録されました。

例年の人出は約100万人で、屋台・露店は約1,100店もあります。

日  程:2019年10月19日(土)・10月20日(日)
     雨天決行 ※山車の運行については、中止になる可能性があります。
開催時間:10:00~22:00
開催場所:埼玉県川越市 市街地中心部、川越まつり会館(埼玉県川越市元町2-1-10)
料  金:無料
詳細内容:10月19日(土)
     ■神幸祭(じんこうさい) 場所:氷川神社・周辺 時間:13:00〜
     ■宵山の山車揃い 場所:各町の会所前 時間:18:00〜19:00頃まで
     ■鳶のはしご乗り 場所:埼玉りそな銀行前 時間:18:20頃〜
     ■曳っかわせ(ひっかわせ)場所:仲町、札の辻、連雀町、本川越駅前、松江町、通町等の交差点ほか市内各所 時間:19:00〜21:00頃

     10月20日(日)
     ■令和元年奉祝 山車巡行 場所:市役所前〜札の辻〜本川越駅前、通町の各交差点を結ぶルート 時間:13:30〜16:00
     ■曳っかわせ(ひっかわせ)場所:仲町、札の辻、連雀町、本川越駅前、松江町、通町等の交差点ほか市内各所 時間:18:30〜21:00頃

交 通:各線「川越」駅下車、徒歩すぐ

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,ここは行っとけ,アクセス良好,スリル満点,パレード,伝統民俗,夜景,神社・寺,観光名所,遊ぶ,食べ歩き
最寄り空港/駅川越駅 (約1.9km) Google Transit